自分を信じる方法7つ

あなたは自分を信じることができているでしょうか。

自分を信じると、迷いが絶たれポジティブな人生を歩めます。

不安、心配、などは自分が信じられないために起こってしまうもの。

あまりにも自分が信じられなかった人は、

チャレンジをしないままにうじうじとした保守的な一生を終えたり、

他人の言いなりになり他人に利用されてしまったり、

怪しい占いに頼ってお金を費やしたり、

怪しい宗教にはまって人生を台無しにしたり、

自分が信じられないがために何度も確認してしまう病気である強迫性障害に陥ったり、

とよい結果に終わりません。

自分を信じる方法を実践し、自分のための人生を築きましょう。

自分を信じている人は他人を妬まず、明るく元気なので、人からも好意を持ってもらえますよ。

スポンサーリンク


自分を信じるには

 

過去に上手くいったことを思い出して自分を信じる

 

自分を信じるための方法はたくさんあります。

たとえば「結果」です。

テストや試合で、実際の結果を出していくと、本人の自信につながります。

「自分はここまでできるんだ」と結果を出したことで、実力に自信を持つことができるようになります。

たとえうまくいかなくても、うまくいったところまで考えましょう。

できなかったところより、できたところまで見ます。

自分のできる実力が見えてきます。

出典 「自信をつける」ということは「自分を信じる」ということ。

 

思い出してみると、今までに上手くいった事もあれば、上手くいかなかった事もあるでしょう。

あの時は上手くいった、あの時は頑張る事ができた、と過去の自分の実績を振り返ってみましょう。

どうして上手くいったのか、と考えてみると自分を信じて努力をしていたから、勇気があったためにチャレンジができたから、不安や後悔を怖れなかったから、となにかしらに気付くはずです。

あの時は上手くいったのだから、自分はできる人間なのだ、と自信を取り戻しましょう。

努力をして上手くいかなかった事であっても、目標に向かって努力をしていた自分は輝いていたはずです。

何かに向かって頑張っている自分は恰好よい、と輝く自分をイメージしてみましょう。

スポンサーリンク


自分を信じる力とは潜在能力に気付く力

 

潜在能力とはあなたの中に眠る、まだ見ぬ力のことです。

実はこの「潜在能力」は誰にでも、そう。

あなたにももちろんあなたの子供さんにもあるのです。

ご自分のまだ見ぬ能力の存在を知った人は、どんどんその能力を開花させていきます。

だって、何でもできる気がするからです。

新しい自分の力を知ることはとっても楽しいのです。

出典 自分を信じる力・・・それが自信なんです。

 

自分を信じるには自分を理解することが必要不可欠

 

自分を信じるためには、自分についてよく理解しよう。

自分の性格や過去の経験についてきちんと考えよう。

その際に大事なのは、自分の良いところ、うまくできたことをしっかりと評価することです。

減点法でなく加点法の考え方をしよう。

悪いことは反省し、今後のために活かそう。

無力感や罪悪感を持つことや後悔することは何の役にも立ちません。

自分を責めて、自ら不幸になることはありません。

完全な自分でなければ信じられないと思っている人がいます。

完全な人などこの世にはいません。

自分にいくつかの欠点や失敗や過ちがあるからといって、自分を蔑すんではいけません。

自分の短所も含めて、現在の自分を受け入れよう。

現在の自分の存在は貴重なものです。

人は誰でも、自分の思っているようにできないことや、思いがけなく悪いことをしてしまうこともあります。

そのたびに不幸になって自信を失ってはいけません。

出典 自分を信じる

スポンサーリンク


実績を作り自分に自信をつける

 

自分を信じられない人は、自分に自信が無いからです。

では、その自信はどうやって築くのかといいますとまずは実績を作ることです。

いきなり大層な目標を作っては、自信の無い人でしたら、どうせ目標が叶えられない、とさじを投げてしまいがちですので、小さな実績をコツコツと作り、大きな自信に変えましょう。

三キロ体重を減らしてみる、毎日筋力トレーニングをしてみる、外国語を勉強してみる、など毎日コツコツと重ねる事のできる目標を作ってみましょう。

目標が達成できた時、あなたに自信が芽生えているはずです。

一つの目標を達成できたら次の目標を作り達成を、と自信をつけて行きましょう。

目標を達成できた自分はすごい、と自分を褒める事ができ、それが自信となります。

小さな目標の達成を繰り返し、次第に大きな目標にも挑戦できるようになります。

 

自分を信じることは思い込みで何とでもなる

 

「自信とは、その人の、その人自身に対する肯定的な「解釈」や「思い込み」である」。

そう、自信なんて「思い込み」なのだ。

ここで大切なのと、「自分自身で「自分はできる」と決めている」ことを理解すること。

つまり、自信を持つかどうかは、自分自身で選択していることなのだ。

そしてもう一つ大切なことがある。

自信がない」というのは、自信というモノが欠落しているのではない。

逆だ。

自分で自分に対して否定的な解釈や思い込みをしているのが「自信がない」状態だ。

出典 一生折れない自信 ー「自分を信じるちから」を育む10の法則

 

「自信がある人」とは、「自己信頼」という思い込みをしている人。

「自信がない人」とは、「自己否定」という思い込みをしている人。

出典 一生折れない自信 ー「自分を信じるちから」を育む10の法則

スポンサーリンク


自分に自信をつけると人生は理想に向かう

 

自分はどうせこのまま冴えない人生を送るんだ、と思っている人は本当にそのまま思い描いた通りの人生で終わります。

自分は大成功して夢を叶えられるんだ、と自信を持ち自分を信じて目標に邁進している人は、本当に大成功します。

自分を信じているために、失敗した時の事を考えずに着々と目標に向かって努力をしているからです。

失敗するかもしれない、と臆病になっていると、行動する事ができませんし失敗を恐れるために努力も疎かになってしまいます。

こんな自分になりたい、けれどもどうせなれないよね、と思っている人はどうせなれない、という自分の考えを信じているのです。

こうなりたい、ああなりたい、という理想の自分を描き、自分を信じて迷わず努力をしてみましょう。

完璧な理想の自分は得られないかもしれませんが、努力をした分だけ、完璧に近い自分は得られるはずです。

 

保守を好む自分から脱却することが自分を信じることにつながる

 

自分を信じられない、と自分の事を好きになれない人は、自分の殻に閉じこもりチャレンジを怖れる傾向にあります。

失敗を避けたいがために保守に走るのですが、リスクを怖れず何かにチャレンジしなければずっと自分の事を嫌ったままですし、何の成果も得られない人生で終わってしまいます。

行動せず、こもっていると何も失いませんし、無駄な労力もかけずに済みますし、失敗のリスクを完全回避できます。

しかし、こもっている代償として、何事にも挑戦しないために自信がつかず、努力をしないために何も得られないので、何かを持っている他人を羨むようになったり、あなたの心は不安定になるばかり。

暗い気持ちだから、と寝込んでしまうと余計に暗い気持ちになってしまいます。

まずはアクションを起こしてみましょう。

守りに徹している自分から脱却し、掴み取る自分にチェンジするのです。

いきなり起業、いきなり弁護士に挑戦、といった大きな目標でなくていいのです。

単に、以前から欲しかったあれを買ってみる、話してみたかった人に話し掛けてみる、行ってみたかった場所に赴いてみる、と小さな事からでいいのであなたの夢を叶えてみましょう。

スポンサーリンク


自分を信じるための名言や言葉に触れよう

 

今やっていることがどこかに繋がると信じてください。

その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。

by スティーブジョブズ

常識?あぁ、凡人が仲良く生きるためのルールのことか。

by スティーブジョブズ

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。

ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。

そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

by スティーブジョブズ

 

いかがでしょうか。

自分を信じるためには、まずは自分を好きになりましょう。

そのためには実績を積んで自信をつける事。

何かに努力をしていると、自分で褒めたくなるだけでなく、他人からも評価されるようになり、自信がつけられます。

どうせ行動をしても駄目だから、どうせ何もいい事なんてない、と悲観的になってしまうのはNG。

目標を持ち、コツコツと努力する事であなたは自分を信じられるようになっているはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク