バブル世代の特徴5つ

あなたの身近にバブル世代の人はいるでしょうか?

バブル世代とは、バブル景気の売り手市場となっていた1988年-1992年に新入社員となった世代です。

この世代の生年は1965-1969年。

この時期に生まれて、バブル景気に新入社員となった世代のことをバブル世代と呼びます。

その頃の日本はバブル景気と呼ばれる好景気でした。

ではいったいこのころの時代に人たちにはどのような共通点や特徴があるのでしょうか。

そこで今回は、そんな好景気の中で社会人となって生きてきた「バブル世代」の特徴についてご紹介していきますので、あなたの身近な人に当てはめて見ながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


バブル世代の特徴

 

パワフルである

 
バブル世代は受験戦争や就職戦争などを経験してきた世代であり、目立つバブル世代はパワフルな人が多いです。

競争を勝ち抜いてきただけあって、そのエネルギーは年下の世代よりパワフルです。

受験や就職で戦い、バブルでお金が溢れていた時代を経験してきたため、行動もいい意味で大ざっぱです。

「金なんて気にするな、メニューを端から持ってこい」「こんな安いものを頼んでどうするんだ、もっと高いものを頼め」なんていうのもバブル世代ならではです。

男は男らしく、女は女らしくという価値観を残していながらも、お金を使う時はパーっと使います。

金遣いが荒いのではなく、そういう時代を生きていたからこその特徴です。

受験や就職を戦い抜いて、たくさんの金を使ってきた世代だからこそ、バブル世代はパワフルなのです。
 

コミュニケーション能力が高い

 
バブル世代は、学生~30代になるまでの多感な時期はインターネットなどは存在しませんでした。

それゆえに、常に人の中でエネルギーを発散させてきたバブル世代はコミュニケーション能力が高いです。

世代の中で「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」というイメージが出来上がっており、それをお互いにわかっているので世代同士のコミュニケーションは特にうまく進みます。

自分より下の世代に対しては価値観の違いに驚くこともあるようですが、基本的に気前がいいので慕ってくれる人には「遠慮するな」と言わんばかりに良くしてくれます。

しかし自分の頑張りを人にも求めるのもバブル世代の特徴です。

みんな俺と同じくらい頑張れ、と言ってしまうのがバブル世代のコミュニケーションの欠点です。

スポンサーリンク


金銭感覚はズレているが、お金持ちが多い

 
バブル世代はお金があふれている時代に生きてきました。

お金は気が付いたら財布に入っていて、使っても使っても使いきれない経験をしてきた人も数多くいます。

そんな時代を経験し、乗り越えてきた世代だからこそ資産をたくさん持っています。

バブル世代からすると少ない方でも、下の世代からするとびっくりするぐらい持っているのがバブル世代の特徴です。

現金で持っていても腐るだけだから株などやってみて、そこから儲けてしまったりするいい循環を持っているバブル世代もいます。

お金を持っているということがステータスになるため、身に付ける服や装飾品はいいものを着こなします。

イベントなども最高のシチュエーションを用意するなど、とにかくお金を使うことを惜しみません。

また収入もステータスになっているので、収入には妥協せず、それに対しての努力もします。

たくさん稼いでたくさん使うし、貯金もするのがバブル世代の特徴です。
 

肉食系が多い

 
バブル世代は男は男らしく、女は女らしくというイメージがある世代です。

そのため「誘うのは男のする仕事」「嫁は家で仕事するもの」などの価値観を持っています。

バブル世代が若かった時期はアプローチは男性がするものだったため、男性は女性へのアプローチ方法が上手いのがバブル世代の特徴です。

男性は女心をわかっている、女性が喜ぶものを知っているという特徴があります。

お金も持っているので身なりも良く、気を使うのも上手い。

女心もわかっているし、何より場をリードしてくれる。

まさに「肉食系」です。

その一方で自分の価値観を信じているため、価値観がずれている時は戸惑うようです。

男性だけではなく女性も誘われ方などを知っているため、バブル世代同士は「肉食系」が多いです。

「男が女を誘う」というのはバブル世代の絶対条件だったため、若い世代の草食系男子などを見ると価値観の違いに困惑したりします。

スポンサーリンク


物を選ぶ時は高いものを選ぶ

 

物を選ぶ時に種類があった時に、

値段が高いものを選ぶのもバブル世代の特徴です。

これはバブル世代が高いもの=いいもの、という価値観を持っているからです。

料理ひとつとっても、安くて美味いものにはさほど興味がなく、

高ければ美味しいという価値観を持っています。

値段が高い新商品が出たなら「高いな!でもそれだけ高いのならいいものなのだろう、買っておこう」という思考になるのがバブル世代の特徴です。

パワフルでお金があるバブル世代ならではです。

ただひとつ、なぜか「ティラミス」だけは特別な感情を持っているようで、

安くなった今でも特別な思いを持っている方もいるようです。

 

バブル世代は無能だと言われやすい

 

いかがでしたでしょうか。

バブル世代は「パワフル」「お金持ち」が基本的な特徴になります。

バブル世代と接する時は変に気を使わず、素直に接するのがいいでしょう。

身の回りにバブル世代の人がいる方もいない方も、

この記事を参考にしてバブル世代と上手く付き合ってみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク