仕事が覚えられない人の特徴9つ

あなたの周りに仕事が覚えられない人というのはいないでしょうか。

仕事が覚えられない人というのはよく観察してみるといくつかの共通点があるものです。

中には、仕事が覚えられないがために怒られて、怖いと感じていたり、辞めたいと感じていて、悪循環に陥ってしまっているケースも少なくありません。

そこで今回は仕事が覚えられない人の特徴をご紹介しますので、あなたの周りの人と比較しながらぜひ最後までご覧下さい。

スポンサーリンク


仕事が覚えられない人

 

覚えるノウハウを知らない

 
仕事が覚えられない人の特徴として、仕事を覚えるためのノウハウを知らないという事があります。

本人は真面目に仕事に取り組もうと考えていても、その仕事を覚える事のノウハウを知らない場合、どうしても覚えられないという事があります。

例えば仕事の段取りを教えてもらう時に、メモを取ったり分からない点をクリアになるまで質問するといった事を知っていれば、ある程度の能力の差はありますが、自然と仕事を覚えていくものです。

しかし、教えてもらっている時につい話を聞いているだけとなってしまうと、本人はまじめに聞いていて覚えたつもりでも、実際には覚えていないという事になってしまうのです。

仕事が覚えられない人には、覚えるためのノウハウを伝えてあげる事で、仕事を覚えられるようになっていくでしょう。
 

覚えるべき仕事をするチャンスが少ない

 
上司がこの仕事を覚えて欲しいと思っても、実際にその仕事をこなす回数が少ない場合はなかなか覚える事ができません。

一回やっただけの仕事の内容をバッチリ覚えられるような人は、そうそういないでしょう。

仕事が覚えられない人の特徴の一つに、その仕事に関わる機会が少ないというのがあります。

なかなか仕事が覚えられないようなら、その仕事を覚えるまで集中して同じ仕事にトライしてみる事です。

何度も同じ仕事を繰り返すうちに、その仕事の内容ややり方もしっかりと頭の中に入るでしょう。

仕事が覚えられない人は、くり返し同じ仕事をする事で、その仕事に慣れて覚える事ができるのです。

スポンサーリンク


能力が低い

 
仕事に真面目に取り組んで、周囲の人が熱心にアドバイスしてくれても、それでも仕事が覚えられない人もいるでしょう。

決して無責任な気持ちでなく、それでも仕事が覚えられないという人は、残念ながら理解する能力が低いなど、何らかの能力の低さが問題となっているのかもしれません。

そういう人は、時間がかかりますが、ともかく真摯にその仕事に取り組むしか方法がありません。

時間をかけてじっくり仕事に取り組む事で、自分のペースでその仕事を覚える事ができるのです。

周りの人より時間がかかるかもしれませんが、それは残業などで自分なりに追いつくように努力をすればいいのです。

まずはしっかりと仕事を覚えるという事が大切なのです。
 

注意をした時の返事の仕方で仕事が覚えられない人が分かる

 
注意をした時に、すぐに「大丈夫です」「わかりました。」「できます」「頑張りたいと思います」という返事をする様な人は仕事を覚えることが遅い人が多いです。

しっかりと返事を返している様に見えますが、根拠のない大丈夫。わかりました。できます。という言葉はその場をすぐに逃れたいがための空返事になってしまっているためです。

頑張りたいと思います。というのは、頑張るのではなく、思っているという、曖昧な言葉が入るために、こちらも根拠がなく、やる気の勢いが見えないためです。

しっかりと覚えようとする人は、しっかりと話を聞き、返事までも気を使って使い分けが出来ます。

スポンサーリンク


メモを取らない

 

まずは教えてもらう姿勢からともいいますが、必ず教えてもらいながらもメモを取る人はまず意欲を感じますし、

間違えない様に覚えようとしているため、見返せる環境を自分で用意するために安心ができます。

職場以外でも休憩中や家に返ってからも予習復習ができ、メモりかたによってもありますが、

物事をまとめることが上手な人が多いため、仕事量もかわってきます。

逆にメモをとらない人はところかまわずに、二度三度同じことを聞いてきます。メモを取るという習慣がないために、すぐ人に聞き、その場の対処をするため、頭に入りにくくなります。

そして、見返すツテを用意していないがために、予習復習ができず、その場ではわかったとしてもあとあと仕事量が増えて来た時に新しいことしか頭に入らず、前のことがわからなくなってしまいます。

聞いた後に改めてメモをとっていたらまだ挽回ができますが、聞いているだけ、返事をしているだけの人はまず、覚えるのが遅いです。

 

相槌を打てない

 

話を聞いている時に目を見ているか、頷きを入れながら聞いているかなどをよくチェックして見てください。

覚えるのが遅い人は相槌をうてず、どちらかというとボーっとしている人が多いです。

理解をせずに聞き流しを自然としてしまっているという現れでもあります。

しっかりと反応が見えないと仕事が覚えられない人が多いです。

スポンサーリンク


緊張感がない

 

緊張感がない人は仕事を教わってもすぐに忘れてしまったり、話を良く聞いてなかったり、上司、先輩から教わった事がなかなか覚えられません。

前にも一度教えたでしょと指摘されても「あれ?そんな事聞いたっけ」とすっかり忘れている事が多く、周りをイラつかせてしまいます。

このような事が多くある人は職場には仕事をしに来てお金を貰っていると言う自覚が他の人より薄いのではないでしょうか。

仕事を教わっている時間もお給料は発生しており、

上司や先輩も自分の仕事を後回しにして教えてくれています。

教わった仕事はなるべく一回で覚えるよう心がける事が大切です。

 

そもそも覚えようとしない

 

メモを取らずに仕事を教わっていると、

色々な仕事を教わっている間に以前教わった事を忘れてしまうと言う事態に陥りやすいです。

覚えが早いと自信のある人でも様々な仕事を覚えていく内に頭が混乱してしまって前教わった事が分からなくなってしまう事は良くあります。

メモの取り忘れで同じ事を2回、3回と聞く内に仕事を覚えるのが遅い人と思われてしまうでしょう。

折角覚えるのは早いのにこんな事で評価を下げてしまってはとても勿体ないですよね。

上司や先輩から聞いた事で後々忘れてしまいそうな事、

重要な事等は必ずメモに取っておくようにしましょう。

スポンサーリンク


分かったふりをする

 

仕事を教えて貰う時、本当は分かっていないのに分かったふりをするのが一番良くありません。

分かりましたと言いながら同じ事を何回も聞いたりすると、

上司や先輩から前に分かっていると言ったのは嘘だったのかと不信感を持たれてしまいます。

同じミスを繰り返して仕事を覚えるのが遅いと思われてしまう上に、この人の言う事には信頼がおけないと評価は下がるばかりでしょう。

上司、先輩にもう一度教えて下さいと言うのは初めは勇気のいる事だとは思いますが、教えてもらった時に完璧に理解すると言う事はとても大切です。

仕事を教わっていて分からない事はなあなあにせず、

その都度質問するようにしましょう。

 

仕事が覚えられない人がやるべきこと

 

生活リズムを整える

 

生活のリズムを整えてみましょう。

生活習慣が整っていないと、脳の働きが悪くなってしまいます。

夜更かしの上、寝坊して遅刻ギリギリに職場につくようでは、身体の働きが悪くなってしまいます。

就業時間通りに仕事に取り掛かるだけで、気持ちにも余裕が出来ます。

朝食も食べずに慌てて出社すると、脳の回転が悪くなり、記憶力も落ちてしまいます。

常に規則正しい生活を心掛けると、自然に生活リズムも整ってきます。

身体がベストの状態であれば仕事の効率も良くなって、早く覚えることも出来るようになります。

まずは、生活習慣の見直しをしてみましょう。

就寝時間を決めて、たっぷり睡眠を取ります。

脳を休ませてあげることで、頭がクリアになり記憶力もアップしてきます。

そうすれば、今よりも必ず仕事を覚えるスピードが上がるはずです。

スポンサーリンク


メモを取って見直してみる

 

聞いた事、教えてもらった事、そして見た事。

それらを必ずメモしておきましょう。

仕事を憶えるには、自分で理解することが不可欠になります。

しかし、メモしたから大丈夫という事ではありません。

よくメモして覚えたつもりの人がいますが、それは間違いです。

確かに記憶力の優れた人は、メモしただけで頭に入ってしまうかもしれませんね。

ですが一般的には、ただ書いた紙にしか過ぎないのです。

そのメモを読みかえし、自分なりに分り易く書き直すなど、復習が必要です。

繰り返しメモを見ることで、初めて頭の中に記憶されていきます。

些細な事でもメモを取る習慣を身に付けましょう。

常にポケットにメモとペンを入れておきます。

走り書きでも、メモを取ったと取らないでは、大きな差ができます。

メモがいずれ仕事をする上での財産にもなります。

 

自分だけのノートを作る

 

一度覚えた事でも、人間ですから忘れてしまう事があります。

いつしか記憶が曖昧になってくる場合もあります。

そのような時に使える、見返すことの出来るノートを作っておきましょう。

それは自分だけのマニュアルノートです。

これまで覚えて来た仕事や、実際に参加したコンペなどを、細かくまとめておきます。

確かにパソコンを見れば、コンペの資料も簡単に取り出せますね。

しかし、それでは鮮明な記憶として残りません。

自分で思い出しながら書き出す事によって、より強く印象に残るからです。

ノートであれば、詳細な出来事や事前会議の様子などもメモしておく事が可能です。

ノートは参考になったアイディアを書き記したり、自分らしいオリジナル性の高いものが作れます。

デジタル社会の現代ですが、ノートのようなアナログなものだからこそ、温かみを感じます。

迷ったり悩んだ時も、そのノートが力をくれるでしょう。

仕事が覚えられない時は、自分を振り返る事もできるノートを作ってみて下さい。

スポンサーリンク


先輩や上司のアドバイスを受け止める

 

仕事で悩んだ時は、先輩社員や上司に相談してみると、良い知恵がもらえるかもしれません。

自分より先に、同じ仕事をして来た人達の意見は貴重です。

同じ道を通って来た人達だからこそ、最良のアドバイスをしてくれます。

恥ずかしいとか、そんな事も分からないのかと叱られる事を恐れてはいけません。

素直に自分の気持ちをぶつけると、良い答えが返ってくるでしょう。

もしかしたら、先輩社員も同じように、仕事が覚えられないと悩んでいた時期があったかもしれません。

経験から言えるアドバイスは的確で、必ず相談して良かったと思えます。

なぜ覚えられないか、どうしたら覚えられるか、先輩たちの話に耳を傾けて下さい。

何らかのヒントが隠れているでしょう。

1人で悩んでいても立ち止まったまま前へ進みません。

先輩たちの声を聴いてみましょう。

 

仕事が覚えられない人には根気強く指導する

 

いかがでしょうか。

今回は、仕事が覚えられない人の特徴についてお伝えしました。

人によって仕事を覚えるペースに違いがありますが、自分なりに真摯に仕事に向き合い取り組む事で、少しでも早く仕事を覚える事につながるといえるでしょう。

また、今回ご紹介した特徴に当てはまる人がいた場合は、

すぐに対策をとらないといつまでたっても仕事を覚えることはありませんので、優先順位を高めて対処するようにしましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク