警戒心が強い人の特徴6つ

警戒心が強い人は、内面に何かを抱えているが故に、他人に対して心を開くことができません。

そのため、全て1人で抱え込んでしまう傾向があり、どんどん苦しみも大きくなってしまうことがあります。

では、警戒心が強い人には、どのような特徴があるのでしょうか。

そこで今回は警戒心が強い人の特徴や共通点をご紹介しますので、彼らの特徴を知り、接する際に役立ててみてください。

スポンサーリンク


警戒心が強い人

 

初対面の相手に対する恐怖心がある

 
警戒心が強い人は、とても人見知りです。

初対面の相手に対しては特にその傾向があります。

初めて会う相手がどんな人か・自分に対してどんな反応を示すのかなど、色々といらぬ想像を巡らせてしまう癖があるため、その不安が恐怖に変わっていってしまうのです。

そうすると、初対面の人を目の前にして心が固まってしまい、スムーズなコミュニケーションが取れなくなってしまうのです。

初対面でなかなか打ち解けられない人・初対面の相手を目の前にしておどおどした態度を取っている人は、警戒心が強い人であると考えて間違いありません。
 

仲良くなれるまでに時間がかかる

 
警戒心が強い人は、何度か接触を重ねたとしても、なかなか親密な関係を築くことができません。

何度か会ったり話をしたりしただけでは、相手に対する恐怖や警戒を、完全に拭い去ることができないのです。

何度も何度も接触を重ね、自分自身が「もう大丈夫」と100%安心するまでは、警戒を緩めるということがありません。

従って、警戒心が強い人とは、仲良くなるまでにどうしても時間がかかってしまいます。

そのため、気長に接触を重ねて、信用してもらうしか方法がありません。

逆に、焦って仲良くなろうとして、無理矢理心を開かせようとすると、途端に心を閉ざし、更に警戒されてしまうようになります。

スポンサーリンク


自分から連絡をしたり、遊びに誘って来たりすることは少ない

 

警戒心が強い人は、決して1人でいることが好きというわけではありません。

むしろ、寂しがり屋の人も結構多かったりもします。

しかし、それでも、自分から誰かに連絡をしたり、人を遊びに誘ったりするようなことはほとんどありません。

誰かが自分に声をかけてくれるのを待っているのです。

従って、警戒心が強い人は、基本的に「待ちの姿勢」であると言えます。

そして、誰かが遊びに誘ってくれたりした時は、内心は喜びつつも、遠慮がちについて行くのです。

 

新しい出会い・新しい場所を積極的に開拓しようとしない

 

警戒心が強い人は、友達でも行きつけの場所でも、「自分が心から安心できるもの」を大切にします。

そのためどうしても、付き合う人・よく行く場所などが必然的に限られてきてしまいます。

警戒心が強い人は、基本的に「狭く・深く」という交友関係・行動範囲なので、新しいものを積極的に開拓しようとはしない傾向があります。

周りの人は、「世間にはまだまだ面白いものがたくさんあるのに、もったいない」思ってしまいますが、本人は全く気にしていません。

むしろ、自分を安心させてくれる身近な存在を、大切に大切にすることを美徳としているのです。

スポンサーリンク


身近な存在に対しては、とことん甘えたがる

 
警戒心が強い人は、付き合いの浅い人に対しては警戒するため、なかなか深い付き合いができないのですが、自分の身近な存在に対しては全く違います。

未知のものに対しての恐怖心を抱きながら生きている分、本人たちは心のどこかにストレスを溜めています。

そのストレスを、身近な人たちにだけはわかってほしいと考えているため、本当に心を許した人たちに対しては、どうしても甘えたがる傾向があります。

警戒心が強い人は、「自分のテリトリーに入れても大丈夫な人」「自分のテリトリーにはまだ踏み込ませたくない人」をきっちり分けて考えており、「自分のテリトリーに入れても大丈夫な人」に対しては、とことん深い付き合いを望みます。

そのため、「人によって態度を変える人」と思われてしまうこともあります。
 

わざと表情をコロコロ変えたり、オーバーアクションをしながら話したりする

 
警戒心が強い人は、素の自分をそのまま出すということに抵抗を感じます。

そのため、素の状態のまま会話をするということはしません。

わざと表情をコロコロ変えたり、身振り手振りでオーバーアクションをしながら話す傾向があります。

素の自分というものを、作った表情やオーバーアクションで隠すことにより、本心を見せないようにしているのです。

もし会話中に、やたらとテンションが高かったり、身振り手振りがいちいちオーバーな人がいたら、その人は警戒心が強い人なのかもしれません。
 

警戒心が強い人の心理は誰でも理解できる

 
いかがでしょうか。

警戒心が強い人は、とかく自分の内面を隠そうとする傾向があります。

その「隠れた内面」を無理矢理知ろうとすると、更に心を閉ざし、なかなか仲良くなれなくなってしまうので、慎重に接した方が良いでしょう。

その代わり、一旦心を許すと、どこまでも親密な付き合いに発展するということも、大きな特徴の1つです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク