転職失敗を防ぐ会社の選び方

転職失敗
by Leonid Mamchenkov

 

「思っていた会社と違った・・・」

と感じてしまうような転職失敗エピソードは枚挙にいとまがありません。

会社を辞める前に転職活動していた人は比較的余裕を持って会社を選ぶことができますが、
無職の状態で会社を探すと焦ってしまい冷静な判断ができなくなります。

その状態での転職は失敗率をあげてしまうでしょう。

そこで本日は転職に失敗しないための会社選びのポイントをご紹介します。

この基準を持って探せば
「こんなはずじゃなかった・・・」
「前の会社の方が良かった・・・」
なんて事態は防げるはずです。

スポンサーリンク


転職失敗しない会社選び

出典

 

転職失敗しないためには「何をやるか」より「誰とやるか」

 

あなたは今まで会社を選ぶ際に

「誰とやるか」を基準したことはありますか?

面接では「御社の理念に共感し・・・」とは口で言っていても、その理念を持って会社を支えてきた人の事は何も知らなかったりするのではないでしょうか。

それでは結局いざ入社しても同じ事の繰り返しになってしまいます。

転職に失敗しないための会社選びのポイントは、

ロールモデルを作り、同じ環境で働くことです。

30歳、40歳になったときにこんな人のようになっていたい、

この人と一緒に働きたいというモデルを探すことが、結果的に得るものも多く、活き活きと働くことができると伝えて言います。

ロールモデルになる人との出会いがないという方は、

社交場にいったり、セミナーで話を聞いたり、様々な本を読んでみたりしましょう。

きっとあなたのモデルが見つかるはずです。

スポンサーリンク


転職失敗したくなければ自己表現できる会社を選ぶ

 

会社の規模が大きくなればなるほど、
あなたが関与する仕事は小さくなっていきます。

最終的にはルーチンワークなどの「作業的な仕事」のみになり、仕事に対して充実感を得たり、自分を表現することは難しくなるでしょう。

大企業だからとった理由で転職先を選んでしまうと、仕事にやりがいを感じることができずに苦しむことになるかもしれません。

そこで筆者は組織が小さいところを選択しようと伝えています。

組織が小さいと仕事の流れ全てに関与し、自分を表現しながら仕事をすすめることで成果や結果がダイレクトに返ってきます。

またそれが勉強や経験になるのでルーチンワークだけしかしてこなかった同世代とは比較にならないぐらいスキルアップしているでしょう。

それが後の財産となります。

 

転職失敗しないために

 

いかがでしょうか。

新しい転職先を探すときは仕事内容だけ、給与体系だけのように一つの側面だけを重視してしまいがちです。

しかし次の会社に入社した際に「失敗したな・・・」と思わないためにはご紹介した2つのポイントを抑える必要がでてくるのではないでしょうか。

また、
「すぐに転職するわけではないけれど、いつかはするかもしれない」
と考えている人は、

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

を今のうちから読んでみるときっと役に立つはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク