彼氏にかける癒しの言葉9選

彼氏にかける癒しの言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。

好きな人が落ち込んでいたり、元気がなかったりしたらやっぱり癒してあげたいと思うものですよね。

しかし、その方法がなかなか難しかったりするのが現実ではないでしょうか。

また、癒しの言葉といっても、1つだけではどうしても効果がなくなってしまいます。

そこで今回は彼氏への癒しの言葉をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏への癒しの言葉

  • 体に気をつけてね
  • 一緒にいるとホッとするなぁ
  • いつでも味方だからね
  • おつかれさま
  • 最近どう?
  • ありがとう
  • そうだよね
  • またすぐ来るよ
  • 一緒に。。

 

「体に気をつけてね」

 

彼氏が何かに打ち込んでいたりすると、どうしても「頑張って」と励ましたくなってしまいます。

しかし、「頑張って」という励ましの言葉は、彼氏にとってはプレッシャー以外の何ものでもなく、かえって逆効果である場合がほとんどです。

でも、彼氏を気に掛けていることは伝えたい、と思うのなら、「体に気をつけてね」が良いでしょう。

「頑張る」ということにはあえて触れずに、彼氏のことを気遣うことができるセリフです。

自分の体調を気に掛けてもらえると、男性は内心、ほっとした気持ちになります。

そして、安心して自分のやるべきことに打ち込めるようになります。

この安心感を与えることこそが、最大の癒し効果になるのです。

スポンサーリンク


「一緒にいるとホッとするなぁ」

 

男性はいつも、口には出さずとも、「自分は彼女を本当に喜ばせているのだろうか」という不安を持っています。

一見、堂々として見える男性であっても、内心はそんな不安がいっぱいです。

なので、女性側から「一緒にいるとホッとするなぁ」と何気なく言ってあげると、彼氏はとても癒されるのです。

頑張って彼女を喜ばせてきたことが報われたような気持ちになり、彼氏を幸せな気分にさせるのです。

何より「一緒にいるとホッとする」という言葉には、「私は、彼氏の存在そのものに癒されている」というニュアンスがあるので、彼氏を癒すには最適のセリフです。

 

「いつでも味方だからね」

 

男性は女性に比べて、責任や、決断すべきことも多いため、緊張感と共に生きています。

そして、自分が下した判断が、時には間違っているということもあるでしょう。

そんな時に男性は、自分を責め、孤独を感じてしまいます。

しかし、そこで彼女から、「私はどんなことがあっても、いつでも味方だからね」と言ってあげると、彼氏の最高の癒しになります。

「たとえ失敗したとしても、自分を理解してくれる人がいる」という安心感に繋がるのです。

傍で見守ってくれる人がいるという安心感には、男性も女性も同じように癒されるものなのです。

スポンサーリンク


「おつかれさま」

 

メールの場合は漢字表記で業務連絡を連想させるよりも、

ひらがな表記で絵文字も使って柔らかく表すのがいいでしょう。

男性の社会では、礼に始まり礼に終わる環境ばかりです。

プライベートだとしても、定着した挨拶として日常的に使うことは彼の環境を尊重している気持ちを込めることができます。

男性は、自分の世界観に理解がある女性が好きですから、彼の職場が礼儀正しいほど第一に挨拶を大切にしてみてください。

男性が自分の彼女と会いたくなったりメールしたくなったりするタイミングは、自分の仕事や用事を一段落させた後が多いでしょう。

おつかれさまという一言は、疲れた彼の心を癒す最初の魔法です。

 

「最近どう?」

 

あくまで軽く相手を気遣う程度がベストです。

あまりにも質問が多い会話は、彼を癒すことには繋がりません。

会話をして彼が重いと感じる瞬間は、女性同士では普段何気なく問いかける内容であることもあります。

自分の話を聴いてほしい欲求と相手に質問したい欲求が強いのは女性の特徴ではありますが、男性には当てはまらない場合が多いです。

男友達同士のノリを少し取り入れてみる感じで、何気なく最近の調子を伺ってみることが彼が気分良く会話を始める丁度良いきっかけかもしれません。

スポンサーリンク


「ありがとう」

 
挨拶同様、これまた形式的で当たり前の言葉かもしれませんが、彼氏に対して意外と使っていない女性は多いのではないでしょうか?

慣れ合った仲ではなかなか口から出てこない言葉の代表と言っても過言ではないですよね。

彼から貰う言葉や態度に対して嬉しい時や喜んだ時に笑顔は自然に出てくるかもしれませんが、嬉しさのあまり感謝の気持ちを言葉で伝え忘れることってありますよね。

もしくは素直に喜ぶのが恥ずかしくて言葉が出てこないこともあるはずです。

しかしながら、態度と言葉の両方から感謝していることを伝えられた彼は、愛している彼女を喜ばせることができたと自信を持つことができます。

ありがとうが活躍する状況は他にもあります。

デートの後や久しぶりにメールや電話した時など日常のやりとりの中です。

自分のために時間を割いてくれたことに対する感謝の気持ちを言葉で伝えることで彼は自然に癒されるのです。
 

「そうだよね」

 
彼からの話の内容次第では、「ちょっと共感できないかも」ということも多いはず。

でも、ここで「でも。。」と口を挟んでも逆効果。

きっと彼はどこかでも自分の行動や意見に反論されたかもしれません。

そんな彼に「そうだよね、それわかるよ。」と一言。

強くなりすぎず、静かにつぶやくように。

彼は「自分と同じ考えの人間がすぐそこにいる」ことを実感して安心するでしょう。

スポンサーリンク


「またすぐ来るよ」

 
何か、チャンスを逃してしまった彼に、「頑張れ」は禁物。

彼のキャラや能力なら、また同じチャンスは来るよ、と励ましの言葉。

「またすぐ同じ機会は来るよ。もうちょっと待ってみよう。」という言葉で、彼の焦りや挫折感は緩和されます。

男性は一度のチャンスが人生を変えると思いがち。

「時間をかけてじっくり取り組もう」と女性が促せば、彼は、きっと「また今度もある」と奮起できるでしょう。
 

「一緒に。。。」

 
日々いろいろな出来事に遭遇して、1人で対処している彼。

仕事や学校で仲間はいても、時には「孤独」を感じてしまうもの。

日々の忙しさから、彼女はいても孤高に慣れてしまっている日常では、寄りかかる場所を探しあぐねている男性は多いものです。

そんな時、彼女からの「一緒に頑張ろうね」の一言。

彼は、「一人じゃないんだ」と感じることでしょう。

この言葉の裏側には、実は彼女自身の日々の苦労や悩みも含まれているのです。

仕事の内容は違っても、悩みやストレスの状況が違っても、「彼女も毎日大変なんだろうな」と思わせる言葉は、彼の共感を煽り、彼女との同胞感を実感させます。

癒しを求める彼にとっての「一緒に頑張ろうね。」「一緒に考えてみようよ。」。これらが彼を変える「魔法」に変わるのは、彼女から発せられた言葉だからでもあるのです。
 

彼氏の話の合間の「頷き」は1番の癒しの言葉

 
いかがでしょうか。

男性が女性に癒しを求める時や安心したいなと思う時は自分の話を聞いて欲しいもの。

癒しの言葉をかける前に、ちゃんと彼の話を聞くことが肝心。

何か彼の役に立ちたい、と思うと焦ってしまうことが多いですよね。

ゆっくり話を聞いて、彼に共感出来るところを探しながら、「うん、うん」と頷きましょう。

ゆっくりした頷きも「ちゃんと話を聞いているよ」という1番の癒し効果です。

また、もしあなたになかなか彼氏ができないのであれば「彼氏ができない女性の特徴とすぐに彼氏ができる方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク