彼氏との連絡頻度で理想的なパターン7つ

あなたは彼氏との連絡頻度をどうすればいいのか、悩んでいないでしょうか。

たくさん連絡をとりたいけれど、ウザイと思われたらいやだし、でもそのまま連絡しないでいたら彼の気持ちが離れていってしまいそうだし・・・。

こんな悩みを抱えているのは、あなただけではなく、多くの人が実は思っています。

だからこそ、理想的な連絡頻度を誰もが知りたいと感じているのです。

そこで今回は、彼氏との連絡頻度について理想的なものをそれぞれの環境別にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏との連絡頻度で理想的なパターン

 

  • 彼氏との連絡ツールはメールかLINE(ライン)
  • 連絡頻度は毎日でもOK!という人が多数
  • 遠距離恋愛中の連絡頻度はこまめが基本
  • 付き合いたてのカップルは連絡頻度を決めておく
  • 大学生の彼氏との連絡頻度はタイプを見極めることから
  • 社会人はこまめに連絡しよう
  • 30代だからといって連絡頻度を落とす必要はない
  • 彼氏からの連絡が減った、連絡が少ない理由と対処法

 

彼氏との連絡ツールはメールかLINE(ライン)

“交際前の異性との連絡方法で主に使用したいもの”と、“交際中に使用したいもの”とを男性に尋ねたところ、相手との関係に関わらず、「携帯電話のメールを連絡手段として使いたい!」という男性が圧倒的に多いという結果になりました。

メールに次ぐ人気の連絡手段は『LINE』で、これも交際開始前後を問わずに2位という結果です。

つまり、男性はメールやLINEを理想的な連絡ツールと考えているようです。

確かに、仕事が忙しいときなどは電話よりもメールやLINEなどのテキストのほうが気軽にやり取りできますよね。

出典 ウザがられてない!? 男性が感じる「彼女との理想的な連絡頻度」が判明

連絡頻度を考える前に、連絡ツールに目を配ってみることも大切です。

彼氏の声を聴きたい気持ちは分かりますが、それではますます彼氏との連絡頻度が下がってしまうかもしれません。

やはり、メールやLINE(ライン)での連絡がベストだと言えるでしょう。

スポンサーリンク


連絡頻度は毎日でもOK!という人が多数

恋人への連絡頻度の理想は男性・女性問わず「毎日」という回答が多いようです。

一日一回は好きな人とのつながりを持ちたい、安心感を得たいという理由から毎日を理想とする人が多いのですが、実際にはお互いの環境が異なるケースが多いので、毎日連絡できる状態になっている人はあまり多くありません。

もちろん相手がどのようなタイプかで連絡頻度を調整する必要があります。

あなたが毎日連絡したいとしても、相手が重く感じたりするようであれば、関係が冷えていくキッカケにしかならないので、お互いの連絡頻度に関する気持ちを確かめる必要があります。

 
意外に思われるかもしれませんが、実際にはそう感じてる人がとても多いようです。

だからといってあなたの彼氏がそうとは限りません。

相手の反応などをみて、心地よい頻度を見つけるのも1つのコミュニケーションです。

 

遠距離恋愛中の連絡頻度はこまめが基本

『おはよう。今日も頑張ろうね。』というような一言、二言でもあるだけで一緒に頑張るんだ!!彼(彼女)も頑張ってるんだと身近に感じられると思います。
どんなに忙しくてもこのくらいは通勤途中に打てるでしょう。

出典 遠距離恋愛において最も重要なことは連絡の頻度だった!

授業中や仕事中に携帯を触ることは出来ないので、次のチャンスはお昼休みになります。
お昼休みになれば、電話も可能ですよね。
でも、もし電話をする場合は相手が少しでも疲れを取れるように相手のことも考えて、5分以内に切ることが重要です。
長電話になると、最初は良いですが次第に電話をすることが苦痛になってしまう可能性があります。
メールの場合も1~2通がベストだと思います。

出典 遠距離恋愛において最も重要なことは連絡の頻度だった!

1日の終わりに彼(彼女)の声が聞きたくなるのが普通ではないでしょうか?
夜は学校や仕事の時間によるのですが、時間があれば少し長電話になっても良いでしょうし、時間がなければ1分でも2分でもあるなら声を聞きたいと思う限り電話は必要だと思います。
もしどうしても相手が忙しく、電話ができない場合は『おやすみなさい。』という一言があるだけでもだいぶ違うと思います。

出典 遠距離恋愛において最も重要なことは連絡の頻度だった!

遠距離恋愛中は、連絡頻度を上げたほうが継続しやすいと言われています。

朝の挨拶から、夜のおやすみまで、ちょこっとした連絡をとるのがいいでしょう。

男性からの連絡が途切れてしまう主な理由として、やり取りが続いたらめんどくさい!というものがあります。

しかし、毎回の挨拶をお互いの習慣にすれば、それまで負担にはなりません。

もっとやりとりを続けたいと思っても我慢することがコツです。

スポンサーリンク


付き合いたてのカップルは連絡頻度を決めておく

お互い「毎日連絡をする」ことは同じでも、回数や頻度が違えば不満がどんどん重なっていき、ケンカの原因にもなってしまう!
女性の方が『たくさん連絡したい!』と思っていても、男性は『そんなにしょっちゅう連絡することなんてない』と考え方が違う場合がほとんどです。

出典 付き合いたての不安を解消!今すぐ彼に聞きたい5つの大切なコト

女性の多くは彼からの連絡の頻度で愛情をはかることも珍しくありません。
片思いの時は遠慮して連絡の回数を少なくしていた彼女も、付き合うと連絡が少ないことに不満を持つことが
あるということです。
ここは、彼の方から連絡の取り方や頻度などをどうするか話し合いを提案し、あまりマメでない男性であればそれもちゃんと伝えましょう。
ここから2人で話し合う習慣を作ることは、今後の2人にとっても良いことです。

出典 付き合いたての彼氏に対して彼女が抱える7つのストレス
 

大学生の彼氏との連絡頻度はタイプを見極めることから

時間は豊富ですが、自分の趣味やアルバイトに時間を使いたいと思う学生も多くなります。

こういった相手はデートの頻度は少なめにする。

メールや電話を控えてた大人の関係に終止する。そのかわり相手と実際に

会って会話をする時間を大切にして、相手を知ることや相手のことを考えることを重視しましょう。

相手がデートの時間を重視するのか、質や刺激を大切にするのかも重要になります。

相手にどんな交際が理想か聞いてみるもの良いと思います。

出典 大学生のデートの頻度はどのくらいが理想?

相手が頻繁にメールや電話をしてくるような場合は、基本的に一緒にいる時間を長く持ったり、

お互いの共通体験を重視するタイプかもしれません。大学が終わった後に週2~3程デートをしたり

しても問題ないでしょう。

出典 大学生のデートの頻度はどのくらいが理想?

大学生は、とても忙しくてまとも時間を作れない人もいれば、時間を持てあましている人もいるので、まずはどちらのタイプか、確認することから始めましょう。

もちろん、忙しければ頻度は少なめに、そして暇そうであれば頻度を多くして、会う回数を増やしていくのがスタンダードです。

スポンサーリンク


社会人はこまめに連絡しよう

心理学では、「接触時間の長さ」よりも「頻度」がずっと重要である、ということが言われています。例えるならば、「月に1度、半日(12時間)一緒にいる」よりも、「3時間ずつでも、週に1度会う」ほうが親密になりやすい、ということ。「週に1度、長文メールを出す」よりも、「たった1行でも、毎日メールをする」ほうがいい、ということです。

出典 「社会人恋愛」、長続きのコツは? ○○が大切!

「会う頻度、連絡をする頻度は多めに、ただし“簡潔”に」を心がけるとベター。「短時間のデートをめいっぱい楽しむこと」、「“短いやりとり”でも満足すること」を、お互いの共通認識にしておくと良いかもしれません。

出典 「社会人恋愛」、長続きのコツは? ○○が大切!

社会人だからこそ連絡頻度を高めないと、距離はどんどんひらいていってしまいます。

時間を少なく、でも頻度は高めに、というのは最初は難しいかもしれませんが、慣れてくるとお互いに負担がなく、かつ良好な関係を継続することができるので、おすすめです。
 

30代だからといって連絡頻度を落とす必要はない

会うのは週に一度です。お互い平日は仕事で忙しいので休みの日に必ずと言っていいぐらい会ってます。
メールはほぼ毎日、電話は付き合い始めてしない日が3~4日あったぐらい。ほんとに毎日話しています。
実は私はこんなにマメな彼氏は初めてです。
今まで結構、ほったらかしにされがちな人ばかりと付き合ってました。
会うのは月に2回会えば多いほうで、電話もメールも気が向いた時(どうしてるかな~と思った時?)とか。

出典 なるべく30代の方へ「恋人との連絡(会う)頻度」

今、以前の自分を思い返してみるとなんであんなに我慢できたんだろう・・・と思ってしまいます。
毎日電話して週イチで会う今の状態に慣れてしまったんですね。
人それぞれなんだなぁとは思います

出典 なるべく30代の方へ「恋人との連絡(会う)頻度」

この年代は、悩みが深くなりがちなので、恋人に相談を積極的にしても良い。

お互いの考え方を確認できるし、支え合うことができれば将来をイメージしやすくなる。

コアな話題に気を使うよりは、色々な意見交換をしていこう。

お互いが前向きな話しの中でフォローし合う関係は、きっと実生活のプラスになる。

メールやLINEは、会う回数次第で柔軟に考えたいが、ある程度の頻度を求めても良いだろう。

お互い忙しくて会えない時は、カップルとして不安を覚えるのは当たり前だし、コミュニケーションが薄れれば、上手くいかない原因になる。

出典 30代カップルの付き合い方~結婚やデートや連絡頻度について

30代だからといって、連絡頻度を落とさなければいけない!なんてことは一切ありません。

何となく人は年齢にふさわしい行動を取ろうとしがちですが、それではますます老け込んでいくだけです。

むしろ、30代だからこそ、毎日連絡を取ったほうがお互いに楽しめるはずです。

ただし、相手の都合ももちろん考えてあげる必要があることは言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク


彼氏からの連絡が減った、連絡が少ない理由と対処法

男性は仕事時間以外でも先輩や上司との付き合いが多いというのもよくあることです。
異動してきた先輩や上司が飲み会好き、ゴルフ好きといった理由で、仕事のあとも付き合わされたり、休日にゴルフに一緒にまわるということもあります。

先輩や上司と一緒のときは、お酒を作ったり注文したりと気を遣うものですし、目の前で携帯をいじったりすることは失礼だと連絡できない時間も多いでしょう。
日ごろから、職場の人間関係について話を聞いておくと良いでしょう。

出典 彼氏からの連絡頻度が減った時の理由や心理

彼といつも深くつながっていたい、と考えるのは、女の子にはよくある心情の一つです。そして、不安になりやすいのも、また女の子の方なのです。

彼氏から連絡の頻度が減れば減るほど、「私に飽きてしまったのかな・・・?」「ほかの女の子と浮気しているんじゃ・・・・?」など、ネガティブな考えに陥りがちになってしまします。

でも、実際は男の子は、女の子より連絡の頻度を重視していない傾向にあるので、彼の方は全然そんなこと思っていない場合が多いです。

要するに、女の子が勝手に思っている、ただの被害妄想に近いのです。

出典 どうしよう?彼氏との連絡の頻度が減ったときの対処法3選!

男性の環境にもよりますが、仕事の内容で急に忙しくなったりすることはよくあります。

しかし、女性はそれを理解することができず、どうしても悶々としてしまう日々が続いてしまうことでしょう。

これが喧嘩の原因になったりするのです。

こんなときは、まず理由をしっかりと聞きましょう。

そして、その理由が納得できるものであれば、受け入れることがとても重要です。

起こってもないことに対して不安を感じて、何も手につかない状態になるのは、スマートとは言えません。
 

彼氏との連絡頻度は毎日でいい

 
いかがでしょうか。

彼氏との連絡頻度というのは、人の数だけのパターンがありますが、お互いが心地よい頻度は限られてくるものです。

そしてベストな頻度は、こまめに、でも時間は少なく、です。

なによりも負担をかけないこと、そしてプラスアルファの効果として、もっとやり取りを続けたいと思わせることができるので、ますます彼氏から好かれることになります。

どうしても自分から連絡をしてしまい、無視されたりすることが多くなってきた人は、率先してトライしてみましょう。

また、もしあなたになかなかカレシ・カノジョができないのであれば「出会いがない人の原因と解決方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク