いじける人の心理6つ

あなたの周りにはすぐにいじける人がいるでしょうか。

そして、いじける人というのは、内心どういう風に物事を考えているのでしょうか。

そのいじける人について、どういう心理が働いているか、気になることもありますよね。

そこで今回はいじける人の心理とその対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


いじける人の心理

 

いじける人は自分の事をかまってもらいたい心理がある

 
いじける人の心理というのに、本心では自分の事をかまってもらいたいというものがあります。

例えば何か失敗したり、嫌な事があった時、普通ならせいぜい人に話して終わってしまいます。

しかし、いじける人は「どうせ私なんて・・・」という風に、いじけて見せながら、誰かが「そんな事ないですよ」「大丈夫ですよ、よくやっていますよ」というような事を言ってくれるのをどこかで待っているのです。

いじけて見せて、誰かが「大丈夫?」なんて聞いてみたりすれば、即座に相手に対して自分の大変さなどをアピールしたりするのです。

いじける人は、どこかで自分の大変さを周囲の人に理解してもらってかまってもらいたい、いたわりの言葉や手助けをしてもらいたい、そういう心理が働いているのです。
 

自分に自信がないのがいじける人

 
いじける人の心理に、本当は自分に対して自信がないという事があります。

例えば仕事のミスした場合、自分に対して自信のある人なら失敗の反省はしますが、「精一杯やった、自分に力がなかった」と正面からその仕事の失敗を受け止める事ができるでしょう。

しかし、自分に自信のない人というのは、そういう失敗をしっかりと受け止める事ができません。

「どうせ私が悪かったんだし」などと口先では言いながら、その仕事の失敗の責任をいじける事で受け止めようとしていないのです。

誰でもミスや失敗はありますが、自分に自信がない人は失敗を受け止める事ができず、いじけるといった態度に出てしまうのです。

スポンサーリンク


いじける人は自分のプライドが大切という心理が働いている

 

いじける人は、何か失敗した時などについいじけてしまいますが、そこには何よりも自分のプライドが大切という心理が働いています。

失敗したら、まずはそれを何とかしなければならないので、普通はいじけている暇などがありません。

しかし、いじける人というのは自分が失敗した事を受け止める事が苦手で、それを認めてしまうと自分のプライドが傷ついてしまうのです。

そのためどうせ私なんてといじけてみせて、周りに慰めてもらおう・あなたのせいではない、そういう風に扱ってもらいたいのです。

失敗した事を何とかするよりも自分のプライドを守る事を優先している、そんな心理がいじける人には働いているのです。

 

いじける人の心理として同情してほしい

 

何か自分に都合の悪いことが起きると、すぐにいじける人というのは、「何かが起きて、こんな大変な状態にある自分に同情してほしい」という心理があります。

言ってみれば、他人に対する甘えです。

他人から見たら、別に何ということもないようなことでも大騒ぎし、「自分はこんなにかわいそうなのだ」ということを、いじけた態度でアピールし、何とか同情してもらいたいのです。

そしてもし、自分の狙い通りに同情が集まらなかった場合は、更にいじけた態度でアピールし、自分に同情が集まるまで、その態度を頑なに貫きます。

いじける人は、「人から優しくされたい」という思いが人一倍強く、1人で困難に立ち向かうことができない人であるということも言えます。

スポンサーリンク


いじけた態度をアピールして、他人を試したい

 
よくいじける人の中には、本気でいじけているわけではない人もいます。

わざといじけた態度をして見せて、他人がどういう反応をしてくるかを試しているのです。

もしいじけて見せた時に自分をかまってくれそうな人は、自分の味方に引き入れ、いじけている自分を無視するような人とは仲良くしないように、線引きしているのです。

行動と本音が裏腹なので、考えていることが非常に読みにくく、ある意味、1番厄介なタイプであるとも言えるでしょう。

中途半端に関わると、トラブルに巻き込まれることが増える可能性が高いです。
 

感情を制御することができない

 
大人ともなれば、多少気に入らないことがあっても、人前では自分のワガママを抑えるべき、という理性は誰もが持っています。

それにも関わらず、気に入らないことがあるとすぐにいじけるような人は、自分で自分の感情を制御することができない人なのです。

「気に入らない」「嫌い」と思ったらその感情のとことん先まで一直線になり、自分でもこの感情をどうして良いかわからなくなってしまうのです。

言い換えれば、我慢するということができない人であるとも言えます。

スポンサーリンク


いじける人への対処法

 

あえて突き放すことも重要

 
すぐにいじける人は、人にかまってもらいたいという気持ちを強く持っている傾向にあるので、突き放すことも有効です。

いわゆるかまってちゃんの傾向がある人は、ちょっとしたことでもいじけることで人の興味を引こうと無意識に考えていますが、あえて冷たい反応を行うことにより、効果がないことをわからせることができるのです。

いじけてしまったときに反応してしまう人も、あえて反応をせずいつもと同じように会話を続けてみましょう。

また、いじけることが面倒に感じてしまったときには、我慢することなく叱ることも効果的になってきます。

いじけられることで、どれだけ嫌な思いをしているのか伝えることで、本人の意識を改革できるようになるのです。

いじけられて困っている時には、そのままにするのではなくあえて厳しく対応してみましょう。
 

いろいろな人と会せてみよう

 
いじける人と一対一で会っている人は、友人をたくさん紹介することで、人間的な成長を促せるようになってきます。

人前でいじける人は、性格的に未熟な部分を持っているため感情をすぐに表してしまいますが、この傾向を改善するためには、たくさんの人たちと交流させることが一番になってくるのです。

たくさんの人たちと会せたり会話を行うことで、今までの自分のことを改めて考えるきっかけを作ることができるようになってきます。

住む世界が狭かった人も、いろいろな人たちと会ったり話すことにより視野を広く持てるようになり、いじけやすい性格を改善しやすくなってくるのです。

もし、いじけやすい人と今後も関係を続けていきたいと願うならば、積極的にいろいろな人と会せてみると性格を変えていくことができるでしょう。

スポンサーリンク


ストレス解消に協力してあげる

 
大きなストレスを抱えている人は、自分に自信を持てなくなっているため、ついついいじけやすくなっています。

特に、昔はそれほどでもなかったのに、急にいじけやすくなってきた時には、ストレスが大きく関係している可能性が高いため一緒に楽しむ方法を考えてあげましょう。

いじける人の楽しみを知っている人は、趣味に付き合ってあげるだけでもストレスを和らげていくことができます。

好きな歌手がいる場合には、一緒にコンサートに行ったり、運動が好きな人に対しては、一緒に運動に関するイベントに参加してみるだけでも効果的になってきます。

一緒に趣味を楽しんであげることにより、ストレスを解消しやすくなってきますし、趣味に夢中になることで自信を取り戻せるようになり、いじける性格を解消しやすくなるのです。
 

劣等感が強い時にはほめる

 
いじける人には、冷たい対応も効果的ですが、逆にほめることでも効果を感じることができます。

いじける人の中には、人に対しての劣等感を強く持っている人も存在していて、人と自分を比べることでいじけやすくなっているのです。

この性格的特徴を持っている人に対しては、ほめることにより劣等感を解消しやすくなり、いじけやすい性格を改善しやすくなってきます。

いじけはじまった時には、その人が持っている良い点を精一杯ほめてあげることで、劣等感を感じにくくなり付き合いやすい性格に変化させることもできるのです。

ほめるときには、わざとらしいほめ方ではなく、自然なほめ方ができるように注意してみるとより一層効果的になってきます。

自然なほめ方を徹底することで、いじける人の心にも届きやすくなり劣等感を解消しやすくなるのです。
 

いじける人の対処法を覚えておこう

 
いかがでしょうか。

今回はいじける人の心理についてお伝えしました。

いじける人は、ハッキリいって扱いが面倒な人とも言えます。

相手にしてられない、いつまでウジウジしているんだよ!とイライラしてしまいがちな人は上手に距離を取るのが一番かもしれませんね。

ただし、あまりにも露骨に態度に出してしまうと、周りからの評判にも関わってくるのでさりげなくを基本にしておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク