人生のどん底から這い上がる方法6つ

人生誰しも生きていると様々な事が起きます。

お金で苦労したり、病気で苦労したり、家族のことで悩んだり様々です。

むしろ何も起こらず平和に暮らして人生を終える人の方が少ないでしょう。

時には人生のどん底に落ちてしまうことだってあります。

しかし、多くの人はそのような状態になった時に諦めてしまう傾向があり、これといった対処をせず、そのまま受け入れてしまいます。

そこで今回は、人生のどん底から這い上がる方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


人生のどん底から這い上がる

 

どん底はいつまでも続かないと捉える

 
苦労はずっと続くものではなく必ず過ぎていくものであるという事を肝に銘じていただきたいのです。

長いトンネルはいつまでも続くわけではなく必ず終わりがあります。

冬が終われば必ず春が来るものなのです。

それと同じように苦しい事は必ず終わりがあるという事です。

これは自然の法則なのです。

だから、苦しい時こそ自分はこの苦労を乗り越え、必ず幸せになるのだという思いを強く持っていただきたいのです。

そうして前向きになることによって、表情も変わり自然と良い人間関係にも恵まれよい方向へ行くのです。

また、笑う門には福来るということわざもあるように、苦労を笑い飛ばすくらいの気持ちが必要ではないでしょうか。
 

どん底こそ自分を成長させてくれると信じる

 
昔のことわざに、若いときの苦労は買ってでもせよとあります。

可愛い子には旅をさせよ、ということわざもあります。

これらの言葉は本当に的を得た言葉ではないでしょうか。

世界で大物になった人たちの多くは若い頃から苦労をしてきた人も沢山います。

何かを成し遂げようとした時、苦労はつきものです。

ですから、苦労そのものは辛い事で大変ですがそれを乗り越えた時必ず自分を大きく成長させてくれるのです。

苦労こそピンチではなくチャンスととらえ乗り越えていただきたいのです。

スポンサーリンク


人と比較しないこと

 
世の中には様々な人がいます。

貧乏で苦労したり病気で苦労したりする人もいれば、裕福で幸せそうに見える人もいます。

世の中本当に不公平だと思う事もしばしばあります。

上も見ても下を見てもきりがなく、また意味のない事なのです。

100人いれば100通りの人生があり、人を羨んでも何も生まれないのです。

また、下を見て自分がまだ恵まれている方だと思うことで気が楽になることもあるかもしれません。

しか、自分の人生はたった一つで自分が幸せだと感じることが一番大切なのです。

お金があって幸せだと感じる人もいれば、お金がなくても家族仲良くできれば幸せだという人もいるでしょう。

自分にとって何が一番幸せか今一度良く考えそれに向かって努力していくしかありません。
 

日々努力していく以外にない

 
精神的にポジティブになる事はもちろん大切ですが、やはり努力はそれ以上に大切かもしれません。

よく自分は不幸だと社会に向けて不平不満を言ったり、会社に不満を持ったり、自分の親のせいにしたりする人もいますが、そうではないのです。

全ては自分なのです。

自分の努力不足に他ならないのです。

確かに今の世の中は、生きにくいのは事実です。

特に日本の社会は一度正社員になれないともう正社員になれるチャンスは限られておりまるで社会の負け犬のように扱われてしまいます。

しかし、本当の意味での負け犬は人生が終わる時でないと分かりません。

チャンスは少ないが、どん底から努力し這い上がっている人はいくらでもいます。

どん底から這い上がるか這い上がらないかは努力するかしないかではないでしょうか。

スポンサーリンク


家族や友人を持つということ

 
どん底から這い上がると言ってもやはり見ていてくれる人や応援してくれる人がいる事は非常に大切ではないでしょうか。

それは家族であったり、友人であったりするでしょう。

または好きな人であったりすることもあるでしょう。

誰かが見てくれていると頑張れるのではないでしょうか。
 

啓発本を読むようにする

 
人生で行き詰った時、本を読むことで気持ちがぐっと楽になり自分も頑張れる気持ちになります。

自分が悩んでいる分野の本を読むことで乗り越える方法を模索することもできますし、自分の気持ちと共感できる部分があると励まされます。

本は本当に様々な知恵を教えてくれますし、自分の気持ちも整理ができます。

どん底の時こそ時間を惜しんで本を読みあさる事をお勧めしたいです。
 

人生のどん底から這い上がる過程が重要

 
いかがでしょうか。

最後に、人生は苦労があって幸せを噛みしめることができるということを思っていただきたいのです。

幸せばかりの人生はつまらないのではないでしょうか。

辛いこと苦しいことがあって初めて人は人格的に深みが出て本当に意味での優しさを持つことができるのではないでしょう。

病気をした人にしか病気の人も気持ちは分かりませんし、お金で苦労した人はお金で苦労した人の気持ちが良く分かるようになるのです。

ですから、沢山苦労した人はその分人の痛みが分かる人間なのです。

そのことに自信を持って目の前にある困難に立ち向かっていただきたいのです。

必ずや自分は幸せになるのだと強く信じて頑張っていただきたいのです。

人間は最後の最後に苦労もあったけれど自分は精一杯生きたのだと実感できることが一番の幸せだと思うからです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク