女性が働きやすい会社9つ

女性が働きやすい会社とはいったいどのような会社を指すのでしょうか。

現在は女性も男性と同じように、一生を通して働くといった人が増えつつあります。そういう女性にとって、いったいどういう会社が働きやすいと言えるのでしょうか。

そこで今回は女性が働きやすい会社についてご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


女性が働きやすい会社とは

 

制度が整っている会社

 
女性が働き続ける上で欠かせないのが、職場環境がしっかりとしていて制度が整っているという事です。

制度とは、例えば女性ならではの生理休暇の取得ができるという事や、育児をしている女性が、ワークライフバランスを取る為に必要な、時短勤務などの取得が可能という事です。

実際に職場によってはそういう制度を利用しやすいしにくいといった事もありますが、まずはそういった制度自体が整っているという事が重要です。

制度がないような会社では、制度を整えるという事に時間がかかりますから、実際に自分が働いていてその制度を使いたい時期には間に合わないかもしれません。

そういう事を考えると、制度があるなしでは、たいへん大きな違いとなるのです。女性が働きやすい会社とは、女性が働きづ付けるための制度が整っているという事が重要なのです。
 

女性が働きやすい会社とはその制度の利用者が多い会社

 
女性が働き続けるための制度が整っている会社でも、実際その制度はきちんと利用されているのでしょうか。

制度だけあっても利用者がいないようでは、絵に描いた餅と代わりがありません。

育休はもちろん介護のための休暇など、そういう制度を誰もが申請すれば普通に使えるような状態となって、初めて女性が働きやすい会社と言えるのです。

制度を利用する際に、許可を与えないような上司が居るようでは、まだまだ女性は働きやすさを感じる事はできないでしょう。

女性が働き続けるために必要な制度を、実際きちんと利用されているのかという事が、女性が働きやすい会社かどうかを見極める材料となるでしょう。

スポンサーリンク


女性が働きやすい会社とは男尊女卑がない会社

 
女性の社会進出が著しいといっても、まだまだ男性優位の会社が多いのが現状です。

現在の状況ではある程度の男性優位は仕方がありませんが、それがあまりに強くて男尊女卑があるような会社は、女性が働きやすい会社とは言えないでしょう。

会社において、お茶汲みやコピー取りなどは女性の仕事という考えで、そういう仕事ばかりが回ってくるようだったり、重要なミーティングは女性の参加は不可であったりするようでは、女性が働きやすいとはいえないでしょう。

制度等は整っていても、そこで働く人の意識が変わらない限り、女性が働きやすい会社というのはなかなか実現しません。

女性が働きやすい会社というのは、ひとりひとりの意識改革によって実現するのです。
 

業務以外の「気配り」を求められない

 
中小の会社では社内の掃除やお茶汲み、来客の対応や案内など、本楽の業務ではないものが女性に回る風習が残っています。

このような業務は外注や専門のスタッフを雇い、本来の業務に集中できる環境を作るのた大切です。

「気配り」を暗黙の了解で求められない中で業務に集中し成果をあげる事ができます。これは人事システムと評価に直結する課題です。
 

女性管理職が男性とおなじ働き方を求めない

 
入社したての独身女性、既婚者、子育て中、その他にも家族に病人を抱えていたり自分自身に持病があったり、女性特有の更年期障害でつらい時期など、女性は自分自身では管理できない事柄を含め、仕事以外に時間を費やさなくてはならない人生の時期があります。

一番の理解者であってほしい女性管理職が「男性と同様の働き方」を求めないのは長く勤務する中で心の支えとなります。

こちらも評価に直結する課題です。長い勤務人生の中で業務をセーブしなければならない時期とその理由の理解が得られ、また評価システムにも組み込まれると心置きなく「次に仕事に集中できる時期」までのこころの支えとなります。

スポンサーリンク


社員用の女性トイレが充実している

 
一日の約三分の一を仕事に費やす日本人の平均的働き方を考えると、トイレとはとても大切なものです。

大手百貨店の女性トイレの充実をみてみると分かるように、女性にとってトイレ(女性だけのエリア)を充実するのはとても大切な福利厚生と考えられます。

トイレエリアの個数や個室の個数は、女性社員の人数と合っているのでしょうか。トイレ内の鏡や洗面の個数、または化粧直し用のスペース、そしてその先をいく企業にはトイレ内に個人ボックスが設置されており、化粧直し用のポーチや生理用品を置く事ができます。

社内の福利厚生、ファシリティーの問題です。女性が活躍する業種や会社ではすでに実践されて、女性社員より高い評価を得ています。
 

女性が働きやすい会社は女性が多い

 
女性には女性にしか分からない体調面の不安も多いものです。

男性には分かりづらい月経痛など、女性特有の体調不良は、女性が多く働く職場でしかなかなか言い出せません。

男性優位の会社ですと、「さぼりたいだけではないのか」「本当に辛いのか」など分かってもらえず、肩身の狭い思いをするもの。

女性が多い職場ですと、誰しもがその辛さを理解しているので、生理休暇なども取りやすくなります。

また、女性が多い職場ですと、分煙である、化粧室がきれい、社食のメニューがヘルシーであるなど、女性目線の改善がされることが多いので、会社での時間を快適に過ごすことができます。
 

育児休業制度が整っている

 
女性にとって、結婚、出産は大きな転機となります。

それまで培ってきた経験や技術も、退職してしまっては水の泡。しかし結婚もしくは妊娠=退職という社風の中で、暗に退職するように迫られる会社がまだ存在しています。

また、子供ができても生まれて1、2年は手がかかる時期。出産育児と両立できる制度が整っていない限り、やはり退職せざるを得ない事態になってしまいます。

育児休暇が数年あり、その間の給与も保証してくれるような会社であれば、キャリアと育児の両方を捨てることなく、女性の活躍の場が広がります。

スポンサーリンク


復職しやすい

 

いざ育児休暇をとったとしても、自分の後釜に誰かが入ってしまい、復職しにくくなった。

また、休暇中のフォローが全くなかったので、今現在の職務に自分の技術がついていけるか自信がなくなってしまった、

など折角の育児休暇を取ったとしても、復職できる環境が整っていなければ意味をなしません。

待機児童が多い地域では保育園の確保が出来ず、復職をあきらめるケースも増えてきています。

育児休暇中も仕事状況をチェックできるシステムが構築されてある、会社併設の保育園がある、幼稚園の時間に合わせたフレキシブルな勤務時間に対応可能である、など、女性一人一人の生き方にあわせて対応してくれる会社は働きやすいでしょう。

 

女性が働きやすい会社をチェックしておく

 

いかがでしょうか。

今回は、女性が働きやすい会社とは一体何かという事について、お伝えしました。

これからますます働く女性が増えていくので、

少しでも制度と意識の改革をするようにして、女性の働きやすい会社が増えていくようにする事が大切なのです。

そして実際に女性が働きやすいと感じている会社をあらかじめチェックしておくと、

いざというときには役に立つはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク