個性的な人の特徴9つ

社会生活を送っていると、職場や学校などで「個性的な人」に出会うことがあります。

また、人によっては個性的な人と交友関係を持つこともあるでしょう。

さらには、人から「あなたは個性的だ」と指摘されるケースもあります。

では、個性的な人とはどういう人を指すのか。

そこで今回は個性的な人の特徴やその性格、心理などについて、代表的なものをご紹介しますので、ぜひあなたやあなたの周りと比べながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


個性的な人

 

人や情報に左右されない

 

個性的な人の最大の特徴は、

人や情報に左右されないということです。

わかりやすい例として、ファッションセンスを取り上げてみましょう。

個性的なファッションをする人は、

自分の趣味がしっかりしています。

「これは好き、これは嫌い」あるいは「これは自分に似合う、似合わない」ということが、

自分の中で明確になっていて、常にその基準に合わせた服選びをするのです。

個性的でない多くの人は、自分の好みや「似合う、似合わない」という判断基準は持っていても、

それが絶対ではありません。

ですから、人からアドバイスされると「そうしてみようかな」と思い、

雑誌のコーディネートを見ると「真似してみよう」と考えるのです。

そのように、人のアドバイスや雑誌の情報などに左右されることなく、

常に「自分」を基準にするのが、個性的な人だといっていいでしょう。

もちろん、ファッション以外でも同様です。

人生観や余暇の楽しみかた、あるいは人とのつきあいかたなどなど、

人生や生活に関して「自分はこうだ」という考えがしっかりあるからこそ、

個性的な生き方ができるのです。

スポンサーリンク


自分の個性が好きで、ナルシストの傾向が強い

 
個性的な人のほとんどは、自分が個性的であることを自覚しています。

それは、人からたびたび「あなたは個性的だ」と指摘されるためです。

そう指摘され、ほかの人を観察してみると、「たしかに自分は人とは違う趣味や生き方、人生観、嗜好などを持っている」と気づきます。

それが何度となく繰り返されるうちに、自然と「自分は個性的だ」という自覚を持つのがふつうなのです。

そして、人と違った個性を持つ自分について「好き」という感情を抱きます。

人間には2種類の感情があります。それは「他の人と同じでありたい」という感情と「人と同じなのはいや」という感情です。

まったく正反対の感情ですが、ほとんどの人は常にこの2種類の感情を心の中に持っていて、その時々で2つのあり方を使い分けているのです。

ところが、個性的な人は「人と同じでありたい」という感情は希薄で、「人と同じなのはいや」という感情が強いという特徴があります。

そして、「人と違う自分が好き」と感じる。つまり、ナルシストの傾向が強いのが、個性的な人の共通点の1つなのです。
 

自分の個性を人からほめられるのが好き

 
前項の捕捉になりますが、ナルシストの傾向が強い個性的な人は、人から「あなたは個性的だ」と指摘され、その個性をほめられるのが大好きです。

「人からほめられたい」という欲求をかなり強く持っていますから、自分の個性を指摘してくれない人、指摘してもそれをほめない人に対しては、良い感情を持ちません。

ですから、あなたがもし身近にいる個性的な人と親しくなりたい、個性的な異性をつきあいたいと思うなら、相手の個性を大いにほめてあげましょう。相手はあなたに好感を持つはずです。

スポンサーリンク


人の個性も認める

 

ここまで紹介してきた特徴は、

どれもかなり自分本位な傾向の強いものでした。

ですから「個性的な人というのは、鼻持ちならないところがあるんだな」と思った人も少なくないでしょう。

しかし、実際にはそんなことはありません。

たしかに個性的な人は強い「個」を持っていますから、

誰からも好かれる性格というわけにはいかないでしょう。

けれど、けっして「嫌な性格」というわけではないのです。

その象徴的な特徴を1つ紹介しましょう。

それは、「自分以外の人の個性を尊重し、

多様な個性を認める」ということです。

ここが、個性的な人の大きな魅力です。

つまり「自分の個性は大好き。だけど、人にはさまざまな個性がある。それぞれちがう個性を持っているのが人間なのであり、

また、自分のような強い個性を持っている人が多いほうが、社会は楽しくなる」という考えを持っています。

個性的でない人の中には、目立つ人、個性的な人を嫌い、敬遠する人が少なくありません。

自分がそうであるように、ほかの人も「みんなといっしょ」であるべきだと考えるからです。

しかし、個性的な人にはそういう偏見はありません。自分のような個性的な人だけでなく、没個性の人についても「そういう人もいていい」と思っているのです。

スポンサーリンク


自分と同じタイプの個性的な人は敬遠する

 

ただし、1つだけ例外があります。

それは、自分と同じタイプの個性を持った人です。

没個性の人も含めてさまざまな個性を尊重するとはいっても、

それはあくまでも「自分とちがう個性」という限定つきです。

これは、2つ目の項目、すなわち「個性的な自分が好き」という特徴に由来しています。

自分と同じタイプの人が身近にいたのでは、自分の個性がそのぶん際立たなくなり、

ナルシシズムを満足させられなくなってしまうからです。

 

個性的な人は天才肌が多いのが特徴

 

個性的な人は、普通の人とは考え方が違います。

昔から天才と言われる人ほど個性的な性格をしている事が多くあるのです。

そもそも周囲の人よりも優れた頭脳をしているからこそ周囲とは違う考え方をするのです。

その周囲との差が、一般的に見て個性的と見えるのです。

芸術家の強いこだわりも、学者の頭の固さも普通の人から見れば個性的な事です。

普通の人には理解出来ない視点や考えがあるからこそ、自分の価値観や意見を曲げないのです。

また、天才肌の人は周囲に理解や同調を求めたりする事はほぼありません。

なので説明もせずに、ただ自分の考えだけを押し通してしまう事があるのです。

自分さえ理解していれば良いと思っているから周囲に理解を求めないのです。

それが更に周りの人に個性的と思われてしまう原因になります。

スポンサーリンク


着眼点が人とは違うから個性的な価値観や考えを持てる

 

個性的な人の特徴の一つとして、人とは着眼点が違うという事があります。

普通の人は大体が見る部分が同じなのです。

アクション映画を見れば、大体の人は派手な演出やアクションの凄さに注目します。

映画のキャッチコピーを気にしてその部分に注目しようと意識するのです。

しかし着眼点が違う個性的な人は、他の部分に注目します。

アクションが売りの映画なのに、ストーリーや主人公以外の人物の心理を考察したりします。

意識して見せたい部分に逆らうわけではありません。

ただ自分が気になるからと、誰も気にしない部分に注目するのです。

その大勢の人とは違う着眼点が個性的な価値観や考えを生み出すのです。

個性的な人は様々な角度から物事を見る事が出来るから個性的な考え方をする事が出来ます。

それも着眼点の違いからなせる事なのです。

 

魅力を見つけるのが上手

 

個性的な人は、一般的に見れば変な物が好きだと言う人が多くいます。

普通だったら気にしない様なマイナーな物や別に魅力を感じない物が気になるのです。

食べ物も普通の人だったらウケが悪い物を好む事も良くある事です。

それは、個性的な人は物事の魅力を見つけるのが上手だからなのです。

一見変な物でも個性的な人から見れば、良い所が多くあるのです。

例えば変な形のマグカップがあるとしますと、一般の価値観では受け入れられません。

洗いにくいとか、変な物を持っていると変な人に思われそうと嫌厭します。

悪い部分ばかり目がいってしまうのです。

しかし個性的な人には良い部分が見えるのです。

会社で使う場合、人のマグカップと間違えられる事が無さそう。

愛嬌のある色や形をしている、そう見えてくるのです。

個性的な人は、魅力を見つけるのが上手な人が多いのです。

スポンサーリンク


集団行動が苦手で周囲と同調しようと思わない

 

人間は多くいますが、個性的な人は数が少ない存在です。

特に日本では出る杭は打たれると言う言葉がある位に個性的な人に対する目は良い印象がありません。

一般的に見て個性的だと思われる人は、集団行動が苦手な人が多いのです。

集団で決まった事をしないといけない場面でも自分のやりたい事を我慢出来なかったりします。

皆が同じ意見を持った時でも、空気を読まずに違う意見や希望を言う場合もあります。

個性的な人は、集団に溶け込み、周囲に合わせる事を苦手とする人が多いのです。

それは一般的な意見や周りと一緒である事こそが一番だという価値観を持たないせいでもあります。

個性的な人は、個人個人の考えを重視し、自分の意見をハッキリと主張出来る事を悪い事と思っていません。

良くも悪くも周囲と同調しようと思わないのです。

 

個性的な人が好きな人は多い

 

いかがでしょうか。

以上、個性的な人の性格や心理を5つ紹介しました。

これを参考に、身の回りの個性的な人と上手につきあうことをおすすめします。

また、こんな個性的な人を好きだという人もかなり多いので、

「あなたは個性的だね」なんて言われて落ち込む必要ありません。

むしろ喜ばしいことだと考えていいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク