転職に失敗する人の特徴9つ

転職に失敗する人とは、一体どういう人でしょうか。何が原因で失敗してしまうのでしょうか。

何回も面接を受けているのにまったく内定をもらえない・・・なんて日々が続くとどんどん自分に自信がなくなっていってしまうものですよね。

しかし転職に失敗するのには必ず理由があることをまずは理解しましょう。

そこで今回は転職に失敗する人の特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


転職に失敗する人

 

転職に失敗する人は単純に能力が足りない

 
転職で失敗してしまうという人は、新しく勤めようと思った業界や会社で、通用するほどのキャリアや技術を持っていないというのが理由の一つです。

つまり、能力が足りていないという事なのです。

今まではひとつの企業で働いていたので、外部の人間と比べられるという事がなかったのですが、転職という機会は、何かと他の転職希望者と比較されます。

そうした時に、他の人の採用をしないようにしてまで雇いたいと思わせるような能力やキャリアまたは人間性というものを、企業側が感じる事がなかったので転職する事ができずに失敗と終わるのでしょう。

他社でも通用するような、キャリアや能力を相手に感じる事ができれば、転職する際に失敗しなくてもすむのです。

転職する際に失敗したくないのであれば、自分の能力を客観的に把握して、どういう部分が足りないのかという事を理解し、少しでも転職に有利な能力やキャリアを積んでおく事が大切なのです。
 

今までのキャリアが通用しない業界に転職しようとする場合

 
今まで働いてきてキャリアを積んできた業界と全く異なる仕事を使用とする場合の転職は、失敗する可能性が高いです。

せっかく今まで働いてきた分野でそれなりに結果を出して、仕事に対するキャリアもあるのに、それば全く通用しないような別の業界への転職を希望する人は、どうしても失敗してしまうという事が多いのです。

転職で失敗しないためには、今までの仕事の内容が活かせて新しい会社でも即戦力になるという事が大切なのです。

もし、今までとは全く違う分野に転職を希望する場合は、ある程度の人脈やその業界で通用するような資格などを取得しておくという事が、転職において失敗しないための手段と言えるでしょう。

スポンサーリンク


転職に失敗する人は前向きなアピールができない

 

転職で失敗する人というのは、転職をするという事を新しいチャレンジであるという前向きなアピールができないという事があります。

転職をするからには、前の職場に何らかの不満があるからなわけですが、

それに対して面接を受ける会社側が不安を抱いてしまうような場合、転職が失敗という事にもなりかねません。

給料面だけならまだしも、人間関係や仕事上の事で問題があったのではないかという事を相手の会社の人間に想像させてしまい、前向きに仕事に取り組んでいきたいという事を伝えられないのです。

転職で失敗しないためには、転職が前向きに仕事に取り組んでいくための一歩だという事を、相手にアピールするという事がとても大切といえるでしょう。

 

有能さをアピールしすぎる

 

これは1つの仕事を長く経験し、昇格してそれなりの成果をあげてきた有能な人に多く見受けられる特徴です。

有能だという自覚と転職したい必死さで、面接時に相手に「これだけの成果を上げてきた、これだけ昇格した」と過剰にアピールをしすぎる事があります。

自分を売り込むのはいいのですが、大事なのは過去の栄光よりも新しい職場でどれだけ即戦力になれるかです。

過去の成果を新しい職場でどう生かせるかをアピールする方がまだ転職の成功率は高いでしょう。

なお大多数の企業は、意外にも協調性を重んじる傾向があるので、あまりにアピールが過剰だと周りに溶け込めなさそうな印象を与え、敬遠される事があります。

スポンサーリンク


転職に失敗する人は憧れだけで転職しようとしている

 

TVドラマでも漫画でも業界物のドラマは多く存在します。

有名なのは刑事ものですが、その他にもアパレル、料理人、出版業界と様々なジャンルのドラマがあります。

最近では銀行を題材にしたドラマが人気を集めました。

そのドラマのイメージと、華やかさへの憧れだけで転職しようとすると失敗します。

どの仕事も最初は下積みや雑用からのスタートになるからです。

その部分を分かっていないと「この仕事を何も分かっていない」と思われ、転職に失敗しがちです。

たとえ上手く転職できたとしても、理想と現実との乖離が大きすぎて「こんなはずじゃなかった」と嘆く羽目になるので、その仕事の見えない部分を知ろうとする事が大事です。

 

転職に失敗する人は事前に対策を練らない

 

学生の就職活動は真剣そのものです。

面接攻略法や履歴書の書き方などの本を買って対策を練ったり、入りたい会社の情報や、そこに就職している先輩から意見を聞いたり…。

社会人の転職はそれが疎かになりがちです。長い間の経験や人脈があるので、面接や履歴書でそんなに真剣にならなくても…と考えてしまうのです。

ですがその会社が今どういう人材を欲しているのか、どういう試験や面接をするのかは事前に調べないと分かりません。

社会人としての経験だけで乗り切ろうとすると、面接などで深く突っ込まれた質問に対処できず、失敗する羽目になります。

スポンサーリンク


待遇の不満を理由に転職する

 
例えば、休みや寝る時間も取れず人間的な生活ができないようなブラック企業を呼ばれる会社や、旧態依然とした正当な人事評価制度が機能していない会社からの転職であれば除外するべきですが、給与などの待遇の不満を転職理由のもっとも大きなウェイトを置く人は、往々にして転職先でもうまくいきません。

給与とは自分が会社に提供する労働力の対価であることはなんとなくイメージが掴めるかと思います。

しかし完全成果主義でない限り、どれだけ売上に貢献しても、すぐに反映されることはありません。ですが、普通の会社であれば、その実績をひとつずつ積み重ねて昇給することができます。

従って、何も成果を出していないのに、待遇に不満を言うのは勘違い以外のなにものでもありません。

日本企業の多くはこういった給与体系を採用しているところが多く、だからこそ私たちは安定した給与を得られるという安心感を持つことができます。

なので、このようなパターンでの転職は、結局どの会社にいっても不満を抱き続けることになるでしょう。
 

転職に失敗する人は自分の能力を把握できていない

 
「やりたいことがある!」。でも、いまの会社ではそれができないので転職する…常に上昇志向を抱いて仕事することは、本当に素晴らしいことです。

転職社を採用する企業は、少しでも良い人材を確保しようと複数の希望者をふるいにかけます。

そこで採用を勝ち取るためには、他の人から抜きん出たアピールポイントが必要になってきます。

担当者との面接などで言葉を整えて説明することもありますが、誇張が行き過ぎてしまうと入社後に自分を苦しめることになります。自分のいままでの実績や能力を見誤ってはいけません。

また、転職後すぐに責任あるポジションや希望の仕事ができることはほとんどありません。大きな希望に固執しすぎることは非常に危険です。

どうしてもやりたいことがあるなら、転職よりも起業に方針転換すべきでしょう。

スポンサーリンク


会社員であることを誤認している

 
被雇用者は会社に対して労働力を提供し、その対価として給与を受け取る。言葉にすると当たり前のことです。

しかしこの給与の算定基準のなかには、勤務時間や勤続年数とは別に、どれだけ利益に貢献できているかという係数が掛かることを忘れてはいけません。

「業務に集中しておらず残業が多い」「生産性を求めず、更なる成長に貢献していない」…勤続年数が長くなるほど陥りがちなトラップですが、これでは給与が上がらなくて当然です。

また利益に貢献するのは営業だけではありません。総務や総務なども、社内業務の効率化や営業の営業以外の負担を減らすようなサポートをすることで、間接的に会社の利益に貢献しているのです。

こうした会社員としての本分をはき違えている人の転職は、転職以前に自己認識の改革から手を付けなければなりません。違う会社で同じ仕事をしていたら、結局は自分のキャリアを傷つけてしまうだけであることを肝に銘じましょう。
 

転職に失敗する人には理由がある

 
いかがでしょうか。

今回は、転職で失敗する人というのはどんな人か、それについてお伝えしました。

転職する際には、自分のポイントであろうキャリアや仕事の経歴を上手に相手に伝え、即戦力になるという事、仕事上前向きに取り組んでいくという事を、上手に相手に伝えるようにしましょう。

そしてなぜ上手くいかないのかをしっかりと突き詰めて考えることが、成功につながるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク