転勤族の子供の特徴5つ

転勤族の子供の特徴にはいったいどういったものがあるといえるでしょうか。

親の転勤に伴ってあちこち移動するような子供は、それに合わせて環境に順応するようにいろいろな特徴を持つようになるものです。

今回はそんな転勤族の子供が持つ特徴について、ご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


転勤族の子供

 

順応力が高くなる

 

転勤族の子供というのは、

親が転勤するたびに学校を転校するという事になります。

これは子供にとっても決して楽な事ではありません。

仲良くなった友達との別れもさびしいし、

また新たな学校で新しい友達ができるかという事に頭を悩ますという事もあるでしょう。

そんな中で転勤族の子供というのは、いつの間にか順応する力が高くなるという特徴があります。

新しい学校に行っても、初めて転校してきた子供と比べて比較的早く慣れる事ができるでしょう。

学校によっては独自のシステムや習慣などもありますが、

転勤族の子供というのは何回も転校を繰り返している分そういったものに抵抗感が薄く、受け入れるのが早いという特徴があるのです。

また、友達作りにおいてもそれなりにそつなくこなすといった子供が多いのも特徴の一つです。

ただし中には転校しすぎで疲れてしまって、なじむ努力をしなくなるという場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク


友達づきあいがそこそこになりがち

 
転勤族の子供の特徴に、友達づきあいがそこそこになりがちというものがあります。

転勤族の子供は何回も転校を繰り返していて、そのたびに新しい友達を作る努力をしなければなりません。

そしてせっかく仲良くなった友達も、親の転勤が決まったらまたお別れです。

そういう中で、だんだんと友達づきあいがそこそこになりがちになってしまうのです。

新しい学校でそれなりに仲のよい友達ができても、また親の転勤が決まればお別れだろうという事が分かっているので、あまり深入りしないようにしているようなところがあります。

何回も転校を繰り返しているうちに、どこかの学校で親友ができるといった事ももちろんありますが、大部分の友人は転校したらそれっきりになってしまうのです。

とりあえずその学校に在籍している間は皆と仲良く楽しく過ごして、また転校となったら新たな地でまた新たな友人関係を築けばいいという事を、うすうす考えているのです。
 

表面的には社交的である

 
転勤族の子供の特徴の一つには、表面的には社交的であるという事があります。

新しい学校に転校したら、その学校でうまく馴染まなければやってはいけません。

ですから、少しでも早く馴染めるようなコツというのを、無意識の中にも学習しているのです。

新しい学校に転校したら、最初のうちはそれほど自分というものを出さずに様子を見て、愛想翌ニコニコするようにして感じの良い子だと思ってもらえるようにするのです。

社交的にクラスの子供と接する事で、その後の学校生活が過ごしやすいかそうでないかというのが変わってきますから、処世術として社交的であるというのは覚えてしまうのでしょう。

社交的であるというのは性格的には良い部分といえますが、それでも子供にはその分負担がかかっているという事があるのです。

スポンサーリンク


家族のつながりが強い

 
転勤族というのは、家族単位で新しい土地に何度も移動しています。

そのたびに引っ越しの準備や新しい土地でのプレッシャーなどがかかってくるわけです。

そして友達は仲が良くなっても引っ越したらお別れです。

また、引っ越しが多いので土地に対する愛着というのも一般的には薄くなってしまいます。

結局ずっと一緒にいて頼りになるのは家族だけ、という事になるのです。

そのため転勤族の子供というのは家族に対してのつながりや思い入れが強いというのが特徴です。

普通同じ土地で暮らしているなら、自然と幼馴染や古くからの友人などがいて思い出も共有する事ができますが、それができるのが家族だけなのです。

大人である親たちは学生時代の友人や親族などがいますが、子供にとっては家族がすべてとまではいかないにしても、かなり大きな割合を占める事になってしまうのです。

友人とは転勤のたびにお別れを余儀なくされますが、家族は小さい頃からずっと一緒でありこれからも一緒であろうという事で、家族に対してのつながりや思い入れが強いという特徴があるのが転勤族の子供の特徴なのです。
 

荷物をまとめるのが上手

 
転勤族の子供の特徴に、自分の荷物をまとめるのが上手というものもあります。

転勤族のためたびたび引越しをする事になりますが、そのたびに自分の荷物をまとめなくてはいけないので、否が応でも慣れてしまいます。

引っ越しは何回やっても面倒ですが、親は他の荷物をまとめるのに忙しく、子供の荷物は「自分で何とかしなさい!ちゃんとまとめなさい!」と怒られつつ、ある程度一人でまとめる事になります。

手際よくまとめる事ができないと「まだこれだけしかまとまっていないの!?」とお小言が飛んでくるかもしれません。

そういった事を繰り返しているうちに、荷物をまとめるのが上手になってしまうのです。

また、不要な品をため込まないようになるといった特徴もあります。

引っ越しするたびに「それ本当に持っていくの?」「もういらないんじゃない?」と聞かれたりする事もあるでしょう。

そういう中で、必要なもの不要なものの区別がつくようになるのです。

荷物をまとめるのが上手といった特徴が、転勤族の子供にはあるといえるでしょう。
 

転勤族の子供は自立しやすい?

 
いかがでしょうか。

以上、転勤族の子供が持つ特徴について5つお伝えいたしました。

転勤族の子供は大変ですが、その分家族との関係が強くなったりいろいろな地方を見る事ができますから、そういった素晴らしい一面にも目を向けてみましょう。

将来はそれこそどんな場所でも働けて生活できる、そんな大人に成長するかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク