我が強いのを直す方法6つ

我が強い性格を直したい・・・とあなたは考えていないでしょうか。

自己中心的だ、傲慢だ、調子に乗っているなど周りからはあれこれ言われがちなのが、この性格の損なところでしょう。

そういった声が聞こえてくるとやはり性格を改善したいと思うのは当然の流れですよね。

そこで今回は我が強い性格を直す方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


我が強い性格を直すには

 

自分の意見などを相手に押し付けない

 

我が強い人というのは、ついつい自分の意見や考え方を人に押し付けがちになります。

会議やミーティング等のシーンにおいては、瞬発力が高く議論が活発なのは良いことですが、自分のやり方を知らず知らずのうちに強要していることがあります。

強要される側も、そういった方法では反発を覚えるばかりです。

何か思うところがあり、言いたいことがあるのはよくわかります。

しかし、まずは相手の強要されている感を減らすために、一息ついてから冷静に話しましょう。

また、この時の言い方も重要になってきます。

自分を押し通すのではなく、協力を仰ぐような伝え方を考えてから発言するようにしましょう。

 

我が強いのを直すにはイライラした時のご褒美を設定する

 

普段から我が強い人は、あえてその正確を直そうと努力すると、思うようにならない苛立ちを感じます。

そうしたイライラが溜まってくると、正しい判断ができなくなります。

そのような状態で物を言えば、言い方がきつくなってしまい、余計に我の強さが目立ってしまい逆効果です。

「少しイラついているかな」と感じたら、乗り切った後のご褒美をあげるように考えましょう。

少しずつ周りに合わせていくという努力を積み重ねることが大切です。最初のうちはイライラするのだと割り切って、解消方法を決めておきましょう。

スポンサーリンク


人の話を聞いてから発言するようにする

 

我の強い人は、同時にプライドが高い人も多く見られます。

最初に勢いで自分の意見を言ってから問題点を指摘されたり、ダメ出しをされても、素直に認められずに押し問答になってしまうシーンを良く見かけます。

それを回避するために、まずは我のゴリ押しにならないように、しっかりと周りの意見を聞いて、汲み取るように心がけしましょう。

それでも、なお自分の意見があるのであれば、自分の意見を通そうとするのではなく、提案するように伝えましょう。

ひとりよがりにならないためには、誰かからの賛同や共感を得て進めていく必要があることを頭に入れておきましょう。

自ずと選ぶ言葉も変わってくるはずです。

 

我が強いのを直すには主張する前に、ひと呼吸置く癖をつける

 

我が強い人は、どうしても「自分が、自分が」と、自分の考えを強引に主張しがちです。

しかし、調子に乗ってこれをやり続けていると、自分の周りからどんどん人が離れていくので、少し控えるように意識する必要があります。

これを直す方法としてはまず、自分の意見を主張する前に、ひと呼吸置く癖をつけることです。

「自分にはこういう意見があるけれど、このひと言を主張したら他人はどう思うだろうか」と、ひと呼吸の間に、冷静に考えましょう。

その結果、それでも意見することが必要であれば、そこで初めて主張すればよいのです。

又、ひと呼吸置くことで、感情を抑えることができるので、喧嘩腰の言い方になることを防ぐこともできます。

スポンサーリンク


「相手にも立場や考えがある」ということを噛み締める癖をつける

 
我が強い人は、自分の主張を通そうとすることにいっぱいいっぱいで、相手のことを無視してしまう傾向があります。

しかし、相手も人間ですから、立場も考え方もあります。頭ごなしに言い負かそうとすれば、必然的に喧嘩になります。

なので、「自分以外の相手にも、立場や考えがあるのだ」ということを、日常的に意識してみましょう。

たとえ、相手が間違っていたとしても、その人なりの立場や考えがあるのですから、上から目線で批判するべきではないのです。

まずは「これは正しい・これは間違い」という思い込みを捨てましょう。

それができて初めて、他の人に対しての配慮が生まれるようになります。
 

感情が暴走しそうになったら、まずは1人で冷静になる時間を作る

 
我が強い人は、自己主張ができないストレスになることが多いようです。

しかし、その気持ちの赴くままに自己主張していたら、いずれ必ずトラブルになります。

そのため、自分の感情を上手にコントロールする必要があるのです。

「どうしても自己主張したい!」という感情が抑えられなくなったら、まず1人になりましょう。

そして、それが落ち着くまで、静かな時間を過ごしましょう。

感情が高ぶると、どうしても自分と反対意見の人を攻撃したくなります。

なので、感情を上手にコントロールするための時間が必要なのです。
 

我が強い性格は長所でもある

 
いかがでしょうか。

今回は我が強い性格を直すにはどうすればいいのか、その対処法をご紹介しました。

我が強いというと、たいてい嫌なやつのイメージを持ったり、扱いにくい人を想像したりしまいがちです。

実際にそういう人もたくさんいることでしょう。

しかし短所ばかりではなく、長所もたくさんあることをしっかりと覚えておきましょう。

我が強い人というのは自分を中心に物事を考える傾向があるので、意見や考え方が一致すれば多くの人が集まってきたり、人望を得たりすることができます。

そしてその人を中心に物事が進行していくので、ブレにくいという長所もあります。

今は消極的な人だったり、受け身な人が増えてきているので、我が強い人が一人いるだけでその場がまとまることも多いでしょう。

このように決して短所ばかりではないことをおさえておくと、付き合い方や行動なども大きく変わってくるものです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク