給料のいい仕事6つ

給料のいい仕事とはどのような仕事なのでしょうか。

ふと周りを見渡してみると給料のいい仕事というのは確かにあります。

できればそういう仕事に就きたいものですね。

そこで今回は給料のいい仕事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


給料のいい仕事

 

給料のいい仕事1 医療系の仕事

 
医療系の仕事は、全体的に給料がいいという特徴があります。

医師や看護師はもちろんですが、薬剤師なども例えば時給換算にするととても良いのが特徴です。

医療関係の仕事はその仕事をするための資格が必要なものが多く、その資格は簡単に取れないという場合がほとんどです。

また、資格を取るために金銭的に負担があるという事もありますが、その分資格を取って働き始めると、給料面が優遇されているという事が多いのです。

医療系の仕事は、全体的に給料がいいという特徴があり、資格を取るのは大変ですが、その分の見返りがある仕事といえます。
 

給料のいい仕事2 外資系の仕事

 
外資系の仕事も給料面がいいという特徴があります。

外資系の仕事は実力がものをいうところがあり、結果を出せないとその企業で勤め続ける事ができないという事もあります。

その代り仕事ができて成果を上げる事ができれば、給料面では国内の企業と比べると破格の扱いを受ける事も可能となります。

仕事で成果を上げる事が条件ですが、もしそれを成し遂げる事が出来たなら、年齢や男女の差がなくよい給料を得る事ができるでしょう。

そういう意味では、トライしてみる価値のある、給料のいい仕事といえるでしょう。

スポンサーリンク


給料のいい仕事3 金融系の仕事

 

金融系の仕事は、いろいろな業界の中でも給料面が安定していて比較的いいという特徴があります。

さらに、銀行などでは福利厚生が手厚いという事もあり、給料以外にもメリットはいろいろあるでしょう。

金融系は、いろいろな縛りがあるという事も多いですが、その企業に勤めている限りは安泰というようなところがあります。

年功序列も適用されている会社もまだまだ多いので、年齢によって給料が上がっていくでしょうし、ボーナスも年によっては多いのが特徴です。

 

給料のいい仕事4 医師

 

これは誰でもお分かりだとは思いますが、ダントツに高時給です。

今はどこの病院でも医師は不足しているだけでなく、日中は外来にも出なければならず、入院患者への対応など医師の仕事は多岐にわたるため、パートでも医師を確保しておきたい病院は多いです。

出産後に外来だけのパートで勤務している女性医師も多く、外来だと病棟に比べれば時間外も少なく、高時給なため、心にもゆとりのある生活が送れます。

また何件か病院を掛け持ちしてパートとして働く女性医師もいます。

生活状況や家庭状況、子供の行事に合わせて、健康診断など一時期だけの派遣で働く方もいます。

時給がいいだけに扶養内での勤務は困難ですが、時間の拘束は少なくて済みます。

ただそういう病院が多くなってきたとはいえ、まだまだ医師は多忙で時間のゆとりのある仕事は少ないです。

スポンサーリンク


給料のいい仕事5 薬剤師

 
病院での薬局だけでなく、ドラックストアや処方箋薬局など様々です。

病院の薬局でもパートはほとんど夜勤はなく、救急の総合病院でなければ時間外もほとんどなく働けます。

ただ患者数が多いクリニックの処方箋薬局では多少の時間外はありますが正社員ほどは多くないようです。

時給がいいのは、処方箋薬局、病院、ドラックストアの順です。

これは地域によっても違うとは思いますが、ドラックストアではお客様の症状に合わせて薬を勧めることはあっても直接薬を取り扱わないだけ時給が病院などよりも安いようです。
 

給料のいい仕事6 看護師

 
この中で一番時給が安いとはいえ、他のパートに比べると高時給です。

働く場所も病院、クリニック、介護施設、スポーツジム、派遣と自分のライフスタイルに合わせて様々選べます。

また、職場によっては子育て中は子供の行事や病気に合わせて休めるよう、臨機応変に対応してくれるところもあります。

クリニックなどの外来は午前中や午後だけの勤務もあり扶養内で無理せず働くことができます。

保育園に預けるにも医療関係者は優先順位が上なので他の職業に比べると預けやすいです。

また、病院によっては看護師も常備している院内保育園があり子育て中の方も安心して働くことができます。

パートはあれど、これだけの高条件で女性がパートで働けるのは医療従事者だけではないでしょうか。
 

給料のいい仕事や会社を見つけよう

 
いかがでしょうか。

今回は、給料のいい仕事とはいったいどういう仕事かという事をお伝えしました。

給料のいい仕事とは、それなりに大変なところも多くあります。

仕事をこなして成果を上げて、初めていい給料を得る事ができるのです。

普段から仕事で成果を上げる事ができるように、精いっぱい努力する事が大切といえるでしょう。

また、給料のいい仕事を見つけるコツとしては、需要が大きく、仕事をしている人が少ない業界です。

外資系などは少数精鋭で仕事をする傾向が高く、その分一人当たりの給料が跳ね上がるのが当たり前の世界です。

しかし、その分求められるスキルが高く、誰もができるわけではありません。

つまり給料のいい仕事とは、誰もができるわけではなく、スキルが高いなど選ばれた人ができる仕事だということになるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク