自分の顔が嫌いな心理と対処法8つ

自分の顔に自信があって大好き!という人は、それほど多くはないでしょう。

どこかしらが気に食わなかったりしますが、それでも愛着を持ってはいませんか。

しかし、中には自分の顔が大嫌い!、自分の顔が嫌いでたまらない・・・という人もいるのです。

そんな心理にはいったいどういうものが隠されているのでしょうか?

そこで今回は、自分の顔が嫌いな心理とその対処法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


自分の顔が嫌いな心理

  • 自分自身が嫌い
  • 今の流行の顔ではない
  • 生理的に嫌
  • 何かに悩んでいる
  • どこかにコンプレックスがある

 

自分自身が嫌い

 
自分の顔が嫌いな人というのは、もしかしたら本当は自分のことが嫌いなのかもしれません。

顔立ちは、他人から見てそう悪いと思えない場合でも、自分の顔が大嫌いという人も時々います。

そういう人は顔だち自体ではなく、自分のことが嫌いなのです。

どんなに美人と思える人でも、自分自身のことが嫌いだとすると、その自分の顔をきれいと思ったり、好きになるのは難しいでしょう。

いくらお化粧をしても、ヘアスタイルを整えても「嫌いな自分自身の顔」である以上、好きになることができないのです。

そんな自分が嫌いな人は、自己肯定が低いということだといえます。

自己肯定が低い人は、自分自身を認めてあげることができないので、仮に美人であっても好きだと思えないわけです。

自分自身に属するものなので、嫌悪感を感じてしまうのでしょう。

逆に、自分のことが好きという人は、顔だちがそれほどきれいでなくても、鏡を見て自分のことを可愛いと思ってあげることができるのです。

大好きな自分の顔だから好きなのです。

他人から見てそこまで見入るほどの要旨ではないのではという場合でも、ナルシストなどはとってもきれいと真剣に思えるのは、自分自身が好きだからです。

自己肯定をする気持ちがあまり高くても問題ですが、低すぎるのも生きていくのが辛くなってしまいます。

「たいした顔ではない」と思っても、一つでも自分のいいところを見つけてあげるようにして、自分のことを好きになってあげましょう。
本人が気が付いていないだけで、結構いいところもあるはずなのです。

スポンサーリンク


今の流行の顔ではない

 
自分の顔が嫌いという人の中には、そんなに顔立ちが悪くない人もいます。

しかし、言われてみれば、そういう風に言う人のかおは、いわゆる今風の顔ではないということもあるでしょう。

決して悪い顔立ちではないのですが、なんとなく古いような、昔のアイドルみたいな顔という人もいます。

「可愛くないわけではないのだけれど・・・」と、どうしても気に入らないのです。

そんな自分の顔立ちを好きになるには、メイクなどをフル活用してみましょう。

整形という方法もありますが、高額ですし、また流行が変わるかもしれません。

それよりもお手軽にできるメイクで、今風に演出することができるのです。

また、ファッションやヘアスタイルをうまく組み合わせてみることで、女性だけでなく男性もかなり印象を変えることができます。

自分自身では気に入らない顔立ちでも、トータル的に見たら十分に素敵な人になることはできるのです。

それを目指して、自分にどういうものが似合うかということを、よく考えて取り入れるようにしてみましょう。

 

生理的に嫌

 

自分の顔面は生理的に受け付けないので、単に自分の外見に自信がないのとは違うと思っています。

例えこの顔が自分の顔でなかったとしても、好きな顔だとは決して思えなかっただろうと思います。

それは自分の好みであり価値観の問題ですから、これから自分磨きをして自信をつければどうにかなるものではないと思っています。

かわいいと思うのは相手の価値観で、気持ち悪いと思うのは私の価値観です。

褒められたときはその価値観の差に不自然さと違和感と不快感を感じ、「ありがとう」とは言いづらいのです。

出典 自分の顔が嫌いです

生理的に自分の顔が嫌だという場合は、もしかしたら病気の可能性も否定できません。

醜形恐怖症なのではないですか?

実物が本当にブスであったとしても、そこまでコンプレックスに感じていて悩まれているのなら醜形恐怖症です。

カウンセリングを受けてみてはいかがですか?

出典 自分の顔が嫌いで辛いです。

スポンサーリンク


何かに悩んでいる

 
自分の顔が嫌いという場合、もしかしたら心の中に何か悩みがあったりするかもしれません。

それが心理的に影響して、自分の顔が嫌いという気持ちになっているのかもしれないのです。

たとえば失恋したばかりなら、それこそ自分に自信がなくて顔を見たくないと思ってしまいますよね。

仕事で失敗した時なども、情けない自分の顔を嫌いと思ってしまうでしょう。

そんな気持ちが心に作用して、自分の顔を嫌いになってしまうのです。

そういう時は、まず休息をとって自分の気持ちが穏やかになるようにしましょう。

落ち着いて気持ちがリラックスするようにして、つらい気持ちを癒すようにしてみましょう。

そうすることで、きっと気持ちを立て直すことができるのです。

そうすれば、自分の顔を見ても嫌いという感情は湧いてこなくなるでしょう。
 

どこかにコンプレックスがある

 
自分の顔が嫌いと思う時、顔のどこかにコンプレックスがあるのかもしれませんね。

たとえば歯並びが悪いことを気にしているなら、自分の顔について自信が持てず、嫌いになってしまうかもしれません。

顔にシミができたり、最近しわが気になるようなら、やっぱり嫌で顔を見たくなくなることでしょう。

どこかにコンプレックスがあると、どうしても自分の顔に向き合うのが嫌になってしまいます。

それを気にして、気分もブルーになってしまうのです。

そういう時に自分の顔を好きになるためには、コンプレックスを解消するしかありません。

シミがあるならシミをなくすような、ホワイトニングの化粧品を使ってみたり、しわが気になるなわ、保湿に力を入れてみましょう。

逆にお手入れが行き届いているお肌なら、きっと顔立ちに変わりがなくても、自分の顔のことを好きになるでしょう。

鏡を見るのも楽しくなって「最近調子がいいんじゃない?」なんて気分も上がったりするのです。

自分の顔を好きになるためにも、お手入れはおろそかにせず、自分の顔としっかり向き合うことを心がけましょう。

スポンサーリンク


自分の顔が嫌なときは、自分だけの事実を作る

「自分の顔が嫌い」と感じる時、誰かが言った価値観で物事を考えている可能性がとても大きいのです。

けれど、誰かが言った事が本当にそうであることは少ないのです。

そういう人から時として「事実を述べたまで」と言われるかもしれません。

けれどそれはその人の主観であって、客観的事実ではありません。

誰かの意見を事実として受け止める必要は全くないのです!

一般的に顔が嫌いだと思われる芸人さんもいて、今まで散々言われて来た事でしょう。

しかし、彼ら彼女らの個性は実際に人を惹き付け、魅力を感じます。

出典 自分の顔が嫌いでも上手く行く、たった3つのルール

 

自分の顔が嫌いなときの対処法

 

他に自信のある部分を見つける

 

自分の顔がキライだからといって、くよくよ悩んでいてばかりいたって仕方がありません。

そんな答えの出ないことで悩むくらいなら、少しでも自信が持てるように自分を磨いたほうが得です。

たとえば人の魅力というのは顔だけで決まるものではありません。

スタイルやファッション、趣味嗜好や顔の表情など、あらゆる要素が積み重なってその人の魅力となるものです。

ですから顔に自信がないというのなら、他の部分で自信をつければ良いという風に考えてみてください。

顔のパーツそのものは決してキレイではないのに、表情が魅力的な人というのはいるものです。

特に笑顔を絶やさない人というのは、何にも増して魅力的に見えるものなのです。

だからこそ自分の顔がキライだからといって諦める必要はありません。

常に笑顔を心がけるだけでも魅力はアップしますし、ファッションやメイクなどを工夫するだけでも印象は随分変わってきます。

またその人の持つ雰囲気というのも大切ですから、たとえば背筋を伸ばす、清潔感を心がけるなどの方法でもだんだん自分に自信がついてくることだと思います。

スポンサーリンク


顔のコンプレックスを笑いに変える

 

自分の容姿が気に入らないからとくよくよ悩んでいたって仕方がありません。

悩んで容姿が改善できるわけではないのですからね。

ならばどうすれば良いのかというと、そのコンプレックスを笑って吹き飛ばしてしまうのも一つの手です。

たとえばテレビで活躍する芸人さんを思い描いてみてください。

顔がブスであってもみなさんいきいきとしていますよね。

おまけに顔のコンプレックスを武器にしている芸人さんだってたくさんいます。

そうした芸人さんを見て、おもしろいと笑うことはあっても顔がブサイクだと見下す人はいません。

ですから今、顔がキライだと悩んでいる人はそのコンプレックスを笑いに変えることで、その悩みから解放されましょう。

たとえば自分の容姿で気に入らない部分をあえて口に出して笑いを取ってみるのです。

相手は友達でも家族でも誰でもいいので、思い切ってコンプレックスを口に出してみましょう。

そうして相手が笑ってくれたとします。

最初は抵抗があるかもしれません。

しかし周りが笑顔になっている姿を見ているとだんだんこんな些細なことで悩むなんて馬鹿馬鹿しいと感じるようになってくるはずです。

スポンサーリンク


ゆっくり成長すればいいと考える

 

自分の顔が嫌いな場合、それを根本的にそしてすばやく解決するには整形でもするしかありません。

しかしそもそも自分を嫌いな人というのは、仮に整形をしたところでまた不満が出てくることでしょう。

ですからまずは心のあり方を変えていくしかありません。

そこで理想の自分と現実の自分を比べるのをまず止めましょう。

いくら理想の自分を思い描いたところで、すぐにその理想に追いつけるわけではないのですから、理想と現実にはギャップがあって当然、決して落ち込む必要はないという風にポジティブに考えることが大切なのです。

そして今すぐ自分を変える必要はない、ゆっくりと時間をかけて成長をしていけば良いという風にのんびりと構えましょう。

どれだけ完璧に近い人でも理想とする自分とのギャップはあるものです。

もちろんどんな人間になりたいかという目標は大切ですが、どちらにせよ人は決してすぐに変わることはできないのです。

そういったことで現実の自分を受け入れ、少しずつ外見も内面も磨いていこう、成長していこうと考えてみてください。

いくら時間がかかっても良いのです。

まずは顔を嫌いな自分を受け入れることこそが重要なのですから。

 

自分の顔が嫌いな原因を見つけよう

 

いかがでしょうか。

自分の顔が嫌いという心理には、いろいろな気持ちが隠れています。

そのことを知って、少しでも好きになってみませんか。

自分の顔を好きな時、きっと精神的にも明るくポジティブな気持ちになっていることでしょう。

また、もしあなたになかなか彼氏ができないのであれば「彼氏ができない女性の特徴とすぐに彼氏ができる方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク