存在感がある人の特徴6つ

あなたの周りには「この人は存在感があるなぁ」と感じるような人はいるでしょうか。

また、もし、そう感じるような人がいれば、その人はどういった特徴があるから、そう思うのか考えたことはあるでしょうか。

存在感のある人は、意見を言っても注目されますし、その言葉は重みをもつことでしょう。

もしかしたら、あなたもそのような人に憧れていたりするのかもしれませんね。

そこで今回は、存在感のある人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


存在感がある人の特徴

  • 話は言い切りで終わらせる
  • 頼りになる
  • 自分の意見をはっきりと言える
  • 堂々としている
  • 声が大きく積極性がある
  • 外見にインパクトがある

 

話は言い切りで終わらせる

存在感のある人は、また聞きの話はできるだけ避けます。

その代わり、自分が体験したエピソードを話します。

自分の体験は「~らしい」で終わることはありません。

必ず最後が「~だった。~でした」となります。

話をしっかり言い切ることができるのです。

言い切った話こそ、人を引き付ける力があります。

出典 また聞きでは、説得力が出てこない。説得力は、自分の体験から生まれてくる。

できるだけ「~らしい」という表現は、避けて話しましょう。
実際に自分が体験したことなら「~らしい」がつくことはありません。
学校での人気者も「~らしい」という話し方ではありません。
「俺は~だった」と、言い切っているから話が面白いのです。
だから人気が出るのです。

出典 また聞きでは、説得力が出てこない。説得力は、自分の体験から生まれてくる。

スポンサーリンク


頼りになる

 
存在感のある人の特徴には、いろいろな面で頼りになるという点があります。

たとえば職場において、仕事ができたり職務の内容に精通していたりということで、いざというときに頼りになるのです。

「この業務はどうやったら処理することができるのか」とか「あの取引先のことは○○さんに聞けばいい」というような感じで、とても頼りになるのです。

困ったら、あの人に聞けばいいと思われるような人は、その業務を思い出したときにすぐにその人の名前が思い浮かぶことでしょう。

そういう頼りになる人は、存在感があるといえるのです。

何かあったらその人に聞けば、何かしらよいアドバイスがもらえるような、そんな安心感があるのです。

いざというときに便りになるその人は、非常に大きな存在感があるのです。
 

自分の意見をはっきりと言える

自分の考えを持っていて人に媚びない人。 他人の意見に左右されない人だと思います。
考えにブレがない人。そしていい意味でわが道を行く人。

あまりおしゃべりでなく、ここぞと言う時に自分の意見をはっきり言える人でしょうか。

こういう人は尊敬されますね。

逆にベラベラとおしゃべりで、話の内容も薄っぺらで面白みに欠ける人は存在感がないですね。

出典 存在感のある人はどこが違う?

自分の意見をはっきりといえる人は、とても存在感があります。

人は敵を作るのを恐れて、場合によってははっきりと意見を言うことができなかったりすることがあります。

本当は違うことを思っているのに、波風を立てたくないばかりに適当に調子を合わせる・・・そんなことは、だれでも経験があるでしょう。

しかし、存在感のある人というのは、はっきりと自分の意見を主張することができるのです。

さらに意見を言うことに対して消極的ではなく、必要に応じて積極的に発言することができる人でもあるのです。

そのため非常に目立ちますし、存在感があるのです。

たとえば会社の会議などで、上の立場の人がいる前でも、堂々と自分の意見を主張できる人は、そのブレない態度が尊敬や人の目を集めます。

その人の意見に賛同するしないは別としても、強く印象に残ることでしょう。

そんな人は、誰だって軽んじることはしませんし、常に忘れられるということもありません。

しっかりと記憶に留められて、いざというときに強い存在感を放つのです。

そんな存在感のある人は、いつだって人の注目を集めることになります。

しかし、自分というものをしっかりと持っているので、そういう風に注目を集めていても、気にせずに堂々としていることができるのです。

存在感のある人というのは、自分をしっかりと持っていて、そして意見をはっきり言える人という特徴を持っているのです。

スポンサーリンク


堂々としている

「存在感がある人」というのは「他人から見て、認識されている人」だと思います。

出典 存在感があるのは、目立つという意味ですか?

「存在感がある人」というのは、良かれ悪かれ「他人からの認識度が大きい人」と私は解釈しています。

「存在感がない人」というのは「他人からの認識度が小さい人」ではないでしょうか。

出典 存在感があるのは、目立つという意味ですか?

存在感のある人というのは、堂々としているという特徴があります。

逆に存在感のない人は、どことなくおどおどしたような、人の顔色を窺っているような印象があることでしょう。

存在感がある人は、自分というものをしっかりと持っているので、

どういったシーンでも委縮することがなく胸を張っていることができるのです。

そのため、どっしりとした存在感を表すことができます。

常に自分で物事に向き合うことができるので、そういう態度はとても強くて尊敬できる態度として人の目に映ることでしょう。

また、存在感のある人は、姿勢が良いという特徴もあります。

すっと姿勢が伸びているので、ますます存在感が増すのです。

姿勢がよくて常に堂々としている、そんな特徴が存在感がある人には共通しているのです。

スポンサーリンク


声が大きく積極性がある

 
存在感がある人の特徴には、声が大きいというものがあります。

大きな声ではっきりと話すので、相手から見ても実際のその人以上に大きい人に感じられるのです。

また、周りで聞いている人も、大きな声ではっきりと受け答えをしているその人に対して、どうしても注目してしまいます。

そこにいるだけでその人に対して視線が向いてしまうのです。

また、声が大きいというだけでなく、積極的に人にかかわっていこうとする姿勢を見せます。

たとえば朝の出勤時に元気よく挨拶してくれたり、会社の受付でも大きな声で声をかけたりすることでしょう。

そのために「あ、○○さんがいる」と、すぐに目につくことでしょう。

存在感のある人は、声が大きいという特徴があるといえるでしょう。

そしてどんどん人にかかわっていく積極性もあるのです。
 

外見にインパクトがある

 
存在感のある人の特徴には、インパクトのある外見をしているという人もいるでしょう。

ちょっと変わった髪型やファッションだったり、少し目立つ色の服を着ていたりするのです。

そんな風な外見だから、つい人目を引いてしまうのです。

また、ファッションだけでなく、目ぢからが強いという人もいるでしょう。

どこかしら、人の目を引き付けるものがあるのです。

存在感のある人は、外見的にもインパクトがあるという特徴があるといえるでしょう。
 

存在感のある人の特徴のまとめ

存在感のある人 10の特徴
 1.他人の意見に左右されない
 2.博識
 3.場の空気にすぐ溶け込める
 4.気配り上手
 5.姿勢がいい
 6.自分の価値観をしっかりと持っている
 7.いつも笑顔
 8.「No」をはっきりと言う
 9.表情が豊か
10.行動量が多い

出典 影の薄い人&存在感のある人 10の特徴

いかがでしょうか。

以上、存在感のある人の特徴についてお伝えいたしました。

存在感を強めようと思ったら、まずはその人自身の内面を強くすることが大切なのです。

そんなしっかりした自分を持っている人は、その存在感があふれ出してくるといえるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク