不安感を取り除く6つの方法とは?

あなたは不安感が強いタイプの人でしょうか。

不安感が強いと、他の人にとっては些細な事でもあれこれ悩んでしまったりして、精神的に大きな負担を強いられてしまいます。

多くのことに対しても楽しむ余裕すらなくなってしまうでしょう。

楽観的になれと言われても、そう簡単になれるものではありませんよね。

やはり不安感を取り除くためには、些細なことでもしっかりと実践して行動していくことがとても重要なのです。

そこで今回は不安感を取り除く方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


不安感を取り除く方法

 

不安なことを紙に書いてみる

 

不安感を取り除く方法として、自分が不安に思っていることを紙に書き出してみるやり方が挙げられます。

不安な気持ちというものは頭の中でモヤモヤして拭い去ることがなかなかできないものですが、紙に不安なことを書き出すと、そのモヤモヤ感を払拭することに役立ちます。

不安を紙に書くと、案外自分が思っているほど深刻な不安は無いことに気が付くことができ、ひとまずの安心感を得ることができるのです。

自分の不安がそれほど深刻ではないと気が付いた後は、書き出した不安を無くしていくための道筋を考えていくと良いでしょう。

不安を無くしていくためにとるべき行動は何かを冷静に考えれば良く、後は実際に行動に移せば良いのです。

紙に不安を書き出し、不安を消すための行動をすれば、一気に不安感は無くなっていくでしょう。

なお、不安を記す紙については、どのような形式のものでも構いませんが、なるべく日記のような記録を残せるものに記すのが良いでしょう。

自分の不安を記録していれば、同じような不安を感じた際、不安を払拭するための方法を知ることができるからです。

スポンサーリンク


不安なことを考えないようにする

 

不安感を拭い去るために有効な方法として、不安に思うことを思考から排除するやり方が挙げられます。

人間は自分が不安に思うことをいつまでも頭の中に置いてしまうため、どれだけ時間が経過しても不安感は払拭できないものなのです。

不安なことを考えてしまうのは人間に危機察知能力が備わっているからだと思われますが、そもそも自分の頭の中は誰にも支配されない自由な空間です。

自分の思考は自分で自由に考えることができ、不安な気持ちがあったとしても、自分の思考の中に必ずしも不安を持っておくことは無いのです。

不安なことを考えるよりは、自分の好きな事や関心がある事で頭を埋め尽くす方が良いでしょう。

自分の好きな事や関心がある事を考えている間は、不安な気持ちではなく、自分の思考を楽しさで満たすことができます。

不安なことを考えているといつまでもネガティブな気持ちが続きますが、楽しいことを考えていればいつまでもポジティブな気持ちが続きます。

不安感を無くすために、自分の好きな事や関心のある事を思い出し、自分の思考を楽しさで埋め尽くしましょう。

 

運動してリフレッシュしてみる

 

不安感を払拭するために有効な手段は、思い切ってトレーニングウェアに着替え、運動をしてみることです。

不安感は不安なことを考えてしまうから浮かんでくるものであり、ある意味、暇な状態を継続しているため生じてしまうのです。

暇な状態を無くすことができれば、不安を考える隙間を無くすことができ、不安感を払拭できるのです。

運動を行うと自分の思考は運動に集中していくため、自分の思考は運動のことで一杯になります。

運動は何でも構いませんが、なるべく有酸素系の運動が良いでしょう。

ランニングや水泳等の有酸素系の運動であれば、体を動かすことと呼吸することに集中せざるを得ません。

他の誰かの迷惑にならないように気を付けなければならないため、より不安感を遠ざけることができるのです。

汗を流して運動をすると、運動後に大きな達成感を味わうことができるのです。

達成感を味わえると、何か不安を考えようと思う思考を排除しやすいのです。

運動をして得た達成感は自己肯定感を高めてくれます。

自己肯定感が高まれば、不安を考えてしまう自分の癖を無くしてくれます。

運動を行い、不安感を無くしていきましょう。

スポンサーリンク


安心できる環境や人の元へ行く

 

一人でいる時間に不安感が強くなってしまうと、悪い方向にばかり考えてしまい、その不安感はさらに強くなる一方です。

自分が安心できる場所、環境、そして落ち着ける人の元へ行ってみると良いでしょう。

例えば、あなたが一人暮らしをしていて、すぐに移動できる距離に実家があり、親と会話することで落ち着く、育った場所に行くと安心するという場合は、不安感が強くなる前に実家に移動するのです。

「ここだと安心する」「この人といると落ち着く」という場所へ自ら移動し、不安感を今以上強くしないことが取り除く方法にも繋がります。

そこで「こんなことがあって」「不安が強くて」と口にしなくても、その場の安心感や居心地の良さを感じれば、自ずと不安感は取り除かれます。

「迷惑かけてしまうかもしれない」「変に思われるかもしれない」という気持ちは一度置いておき、助けを求めるつもりで安心できる環境・人の元へ出向いてみると良いでしょう。

その人が遠いところにいるという場合は、電話をして声を聞くだけでも安心材料となります。

不安に感じること以上に、安心を得ることで、不安感を取り除くことができるのです。

 

対策や対処法を細かく決める

 

不安感に襲われている時は、「どうしよう」「何をすればいいのか分からない」と軽くパニックに陥ってしまうことがあります。

確かに不安感が強くなればなるほど、追い詰められた状況となり、頭が回らなくなることもあるでしょう。

しかし「何に不安を感じているか」を把握しているのなら、それに対しての対策や対処法を具体的に考えることで、不安感を取り除くこともできるのです。

不安感が強くなっているのは、解決策が分からない、どう向き合えば分からないといった曖昧な状況にあるために起こっているのかもしれません。

問題やトラブルに対して明確な対処法を把握できていないから、「どうしよう」という不安が強くなってしまっているのです。

だとしたら、その不安感をもたらしている問題を細かく見ていき、それに合った対処法を一つずつ見つけていく方法がベストです。

漠然と細かなことを一括りにして考えていると、何に不安で何が問題なのかすら分からなくなる。

不安を抱いている問題を分散化して、それぞれ細かく対処法を決めていくことで、自然と不安が取り除かれるのです。

出口が分からない真っ暗な状態でいるよりも、光が見えてくる方を目指して歩いた方が不安感は感じないのです。

スポンサーリンク


結果や答えを一つに絞らない

 

不安を感じている時、「こうしなければならない」という一つの答えに囚われていると、失敗した時や思うように行かなかった時に、焦りや不安が余計に強くなってしまいます。

不安感を取り除くためには、答えを複数用意しておくことが良い方法です。

「こうならなかったら諦める方向に進もう」「これが無理だったらこっちにしよう」と、あえて結果や答えを一つに絞らないことです。

結果や答えを一つにしてしまうと、それがダメだった時の心配や不安すらも今の時点で考えてしまう。

さらに「こうじゃなきゃいけない」というプレッシャーが加わり、逃げたくなるほどの強い不安を感じることもあります。

結果や答えには、保険をかけておくという方法をとると、自分の心にも余裕が出て、不安感も取り除くことができます。

常に問題や悩みに対しての結末を、3つ4つ設けておくことで、「じゃ、このパターンで行こう」と迷うことなく進むことができるのです。

先が見えない、答えが一つと思っているとそれは自分にとって負担となり、不安を大きく強いものにしてしまう。

先が見える状況にするためにも、結果や答えを複数用意し保険をかけることで、気持ちに余裕が出て、不安を取り除くことができるのです。

 

不安感が強い人は時間を埋めてみる

 

いかがでしょうか。

時間に余裕があると、人はあれこれ考えてしまうものです。

もちろんそれ自体は悪いことではありませんが、人によっては未来をネガティブに考えてしまい、どんどん不安感が強くなってしまう人も少なくありません。

そんな場合はやはり暇な時間をとことん無くすというのが最も効果的です。

人と会う、ゲームに興じるなど好きなことを毎日どんどん積み重ねていけば、今の不安感はなくなっていくでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク