仕事の人間関係を良好に保つ方法

あなたは仕事の人間関係が上手くいっていると言えるでしょうか。

仕事の人間関係を良好に保つことは、仕事をする上で非常に大切なことです。

仕事をする精神衛生上、人間関係が良好か否かでは違いがあることは周知の事実といえましょう。

できるだけ仕事で携わる人々と、人間関係は良好でいたいものです。

それでは、具体的にはどのようにしてゆけばよいでしょうか。

そこで今回は仕事の人間関係を良好に保つ方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事の人間関係を良好に保つには

 

仕事の人間関係のストレスで仕事を辞めたいと感じたら、嫌われてもいいという気持ちを持つ

職場の人間関係ストレスで仕事を辞めたいと思ったら、まずは

「嫌われたくない」という気持ちが強くないか?
人の目を気にし過ぎて、時に「しつこい態度」をとっていないか?
などを客観的に確認してみてください。

もし当てはまるようなら、それは『あなた次第で職場環境が今よりもずっと快適になる可能性がある』ということでもあります。

そのためにも、今すぐに「好かれたい」という気持ちに転換させて、それに見合った言動を心がけましょう。

出典 「職場の人間関係ストレスで仕事を辞めたい?」なら、解消法あるよ!

本当の自分を出せない状況ほど辛いものはありません。

みんなと仲良くしていたいと思えば思うほど、思い通りにはいかないものです。

むしろ嫌われてもいい!という気持ちを持っていると、不思議と仕事の人間関係はよくなるものです。

 

仕事の人間関係が原因のストレス解消法は他人に期待しないこと

具体的な方法 ~人間関係のストレス解消方法~
■では、【人間関係のストレス解消方法】の具体的な指針を見ていきましょう。

①他人のコントロールを試みることは辞める
②自分の‘心のあり方’をコントロールする
③環境を変えてみる

出典 人間関係のストレス解消方法

他人をコントロールすることは不可能です。

しかし、ストレスを感じてしまうということは、少なくとも自分の思い通りになっていないことに対する感情ではないでしょうか。

相手はあなたではありませんので、その気持ちをコントロールすることはできません。

逆に考えれば、自分の気持ちだったらコントロールすることができるということです。

意識を他人ではなく、自分に焦点をあてて、物事をみたり、人と接するようにすると、人間関係に対するストレスは激減するはずです。

スポンサーリンク


仕事の人間関係が上手くいっていない原因を突き止める

 

仕事の人間関係がうまくいっていない場合、例えばその人と同僚に作業をしなくてはならない時がおっくうになりますね。

上司との人間関係がうまくいっていない場合は、個別に相談ができないために、実績もうまく出せず、上司から責められてしまったりして、酷い場合にはうつ状態に陥ってしまうこともあります。

仕事の人間関係がうまくいっていない時、その状況は、自分の健康面に出てしまったり、実績に出てしまったりと、自分の中で悩みが増えてしまうことが多いでしょう。

うまくいっていない場合は、ガマンしすぎてはいけませんが、その解決方法も難しいと感じるでしょう。

まずは人間関係のうまくいっていない原因を、自分でしっかりと認識することが大切です。

しっかりと向き合うことが大切なのです。
 

仕事の人間関係でつらいと感じる時は、視野を広く持つことが大切

 
仕事場には毎日通いますし、それが苦痛と感じしてしまうと、逃避行動に出てしまうことも少なくありません。

会社を休んで、乗り切れるならばまだ良いのですが、仕事の人間がそんなにしょっちゅう入れ替わることもなく、苦手な人がすぐに異動になるとも限りません。

だからといって、その苦手な人間がいなくなるまで、ガマンをしなくてはいけないのか…と考えると、はまってしまいます。

それは視野がどんどん狭くなってしまっている事なのです。

でも、考えてみてください。

仕事は自分の大きな一面ですが、それが自分のすべてではないのです。

たまたま自分が身を置いた一場面の一時期に、一緒になった同僚や上司とうまくいかないということにすぎません。

解決や、その時期が抜ける時は必ずやってくるのです。

ですから、視野を広く持ち、視野が狭くならないように、心に銘じましょう。

気持ちを軽く持ち、解決策は必ずあると認識しましょう。

スポンサーリンク


仕事の人間関係に疲れたときは関わり方を変える

あなたが自分だけその相手に苦しんでいると思われる人間関係の共通項はありますか?たとえば、「私はいつも、周りから嫌われている人に好かれる。最初はいいのだけど、すごくつきまとわれるので苦しい」というのがあるなら、それはあなたの関わり方に問題があるかもしれません。

出典 恋愛も仕事もうまくいかない…人間関係に疲れた人の新・解決策

仕事や職場の人間関係に疲れたのなら、その疲れる人たちとのかかわり方を変えるしかありません。

相手が態度を急に変えることはまずありませんので、あなたからさっさと変えてしまいましょう。

それでも、改善されないようであれば、物理的に距離をあけたり、異動したり、会社を辞めるなりした方が良いかもしれませんね。
 

仕事の人間関係の相談は信用のおける人にだけして、悪化しないように、未然に防ぐこと

 
言葉で言うのは簡単ですが、人間関係は悪化すると大変です。

それは自分の意志だけでなく、相手がやっかいだから悪化するのです。

もしも、やっかいな人がいたら、未然に防いだ方が楽だと思うのです。

もし、やっかいだったり、イジワルだったりする人がいたら、つかず離れず、上っ面な人間関係がおすすめです。

その同僚に会うと、意識してしまうとは思いますが、嫌な気持ちは前に出さずに、でもおべっかはけして使わないのです。

そして、いつもニコニコと、挨拶だけを強調して爽やかに声をかけ、仕事に入ったら、自分の世界に没頭する…という人に成りきるのです。

イジワルだったり、やっかいな人は、やたらちょっかいを出してくる人が多いでしょう。

でも、自分は没頭する人だ、わが道を行く人だ、という一面を見せるのです。

余計な時間はかかわらないのです。

でもそれだけでは、付き合いが悪いと思われてしまい標的になり、陰口をたたかれたりするので、あくまでも仲良い人という強い印象を残すために、仕事に入る前と後の挨拶だけは、きっちりとするのです。

コツは眼をみて、にっこりです。

スポンサーリンク


仕事の人間関係で合わないときは隠さず素直になることも重要

 
仕事の人間関係は、人間としての性格的な面と、仕事の能力面とで影響し合いますね。

仕事という側面があるために、やっかみがあったり、能力的に拒絶されたりと、仕事と感情が入り混じってしまうことがあるのが職場の特徴です。

自分はどのようなスタンスでいるか、というアピールも、仕事の人間関係を良好に保つためには大切でしょう。

ライバル心バリバリならそれでも良いでしょうし、仕事と人間関係を感情で混ぜずに、おおらかにやりたいと考える人は、行動の随所にそのような面を出すことも、人間関係を良好に保つためには大切。

ようするに、素直でいることは、仕事場でも大切なのです。

やはり職場は人間が作るものですから、そして、自分とは考えの違う人もたくさんいるわけですから、自分からおおらかになって、自分から素直に、気持ちを表したり、言葉にすることも大切です。
 

仕事の人間関係で孤立しないためにも派閥に入らない

 
男性社会、女性社会とも、仕事場の派閥を経験したことがある人は多いでしょう。

これは本当に、やっかいなものですが、もし自分の考えが派閥には入りたくないと思うなら、貫いてほしいですね。

そのようなことに翻弄されるのは時間の無駄で、そのかわりに仕事に没頭するべきです。

事情はいろいろあり、ケースバイケースなのかもしれませんが、自分をしっかり持つ事が大切です。

仕事の人間関係を良好にするには、みんなそれぞれの考えがあるから尊重しようという気風が流れていることが大切です。

自分からそのような風を流すことができると尚良いです。

スポンサーリンク


仕事の人間関係が面倒な理由

女性が多い職場はどこも人間関係が面倒だと言っても過言ではありません。たとえば古くからいるベテランの女性が役職に関係なくそこのボスのような立場となっており、周囲がやたらに気を遣わなければならない状況になっているとか、派閥がいくつもあり、どこかに入らなければうまく職場にとけこめない、どこにも入らず中立の立場をとろうとすれば全員から目の敵にされてしまうなど、何らかの面倒なことがあるものと思われます。

出典 女性が多い職場はどこも人間関係が面倒だと認識すべし

業種や職種にもよりますが、社内での付き合いが男性メインになる人は立場の上下というのも考慮して付き合わないといけないので大変そうですね。

見栄を張り合ったり、自慢話をしたりというのは、男性同士でなくても一緒にいて面倒な相手。男性同士の人間関係ってもっとサバサバしているかと思いきや、意外と大変な面もあるんですね。男性には、体育会系のノリと女性のような細やかさの両方がないときびしいのかも。

出典 意外!? 男同士の人間関係が面倒なのは35.3%!
 

悪口を言ってる人に対してはとにかく避ける

 
自分は悪口や陰口はたたかないと徹底していけることが、一番良いでしょう。

それは、群れを成して、くだらない人間関係にはまらないという表明となります。

そして、悪口を聞かされたら、そうなんですね、とフラットな答えだけをして、けして一緒に言わないようにしましょう。

やっかいな人は、悪口に賛同しないという理由で、自分を責めてくるかもしれませんが、それでも、自分の考えをしっかりと持つことが大切ですから、同調してはいけません。

スポンサーリンク


仕事の人間関係でうつにならないためにやること

■良い人間関係を作るための体質改善をする
人間関係の築き方には、人によって特徴があります。
人間関係のストレスでうつ病になってしまうタイプの人は、
自分自身で人間関係をストレスフルにしてしまっている部分も大きいのです。

例えば、相手といつも“Win-Lose”の関係になっていませんか?

相手の立場を尊重することは大切ですが、
自分の意思を主張することだって同じくらい大切です。

出典 会社の人間関係でうつ病になる人が増加中!

■人間関係が悪くても気にしない
会社の人間関係でいちいち深刻に悩んでいては、
身体がいくつあっても足りません。
多少のことがあっても気にしないくらいの精神的な図太さを身につけましょう。
嫌なことがあっても
「右から左へ受け流す♪」くらいの余裕が持てると良いですね。

どうしても分かり会えない人とは、
いっそ人間関係をあきらめるくらいの潔さを身につけましょう。

出典 会社の人間関係でうつ病になる人が増加中!

仕事の人間関係が怖いと感じるエピソード

そんなある日、一般職の女性の中でも、皆の中心的存在の人の仕事が大変そうだったので、少し手伝おうと思い、手伝いを申し出ました。

その次の日から、なぜか、配布物が彼女の机の上にだけ置かれていないことがあったり、彼女あてに届いた荷物が放置されているということが起こるようになりました。

出典 貴方は大丈夫!?職場の人間関係での怖い話3選

仲の良いほかの人から聞いたところによると、陰であの人は私の仕事を奪ってやめさせようとしていると周りに言いふらしているとのことでした。彼女は手伝おうとしただけなのに…

出典 貴方は大丈夫!?職場の人間関係での怖い話3選
 

仕事の人間関係を上手に保つには、自分自身をしっかり持つこと

 
いかがでしょうか。

仕事場の人々を尊敬する気持ちを持つことも大切ですし、自分の意思を固めることも必要不可欠です。

究極はやはり職場の人たちを尊敬する気持ちを持つことです。

そのような気持ちを持てる事に感謝をしながらです。

そうゆう気持ちでいると、人間関係がうまくいく、いかないよりも、数段上に自分を置くことができるのです。

そうすると、小さなことは気にせずに、視野を広く持つことができ、良好な人間関係が有難く感じられるものです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク