器が小さい人の特徴9つ

器が小さい人の特徴とは、いったいどのようなものがあるでしょうか。そしてどういう言動が、器が小さいという事になるのでしょうか。

ふとした行動などで「この人は小さいなぁ」なんて感じる場面は多々あるものですよね、

そこで今回は器が小さい人の特徴をご紹介しますので、あなたやあなたの周りの人にあてはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


器が小さい人の特徴

 

他人の成功を喜べない

 
器が小さい人の特徴の中に、他人の成功を喜べないというものがあります。

例えば同僚が仕事で成果を出した時や、職場で上司に褒められているのを聞いても、おめでとうという言葉をかける事ができないのです。

自分に自信がないので、自分より優秀な事や能力が高いという事を目の当たりにすると、自分が追い抜かれるというような気になって、嫉妬心が出てきてしまい、とても他人の成功を喜んであげる事ができないのです。

器が小さい人というのは、いつも他人の成功に対して嫉妬心をもっているのです。
 

器が小さい人は人を褒める事ができない

 
器が小さい人というのは、自分自身に対して自信がなくいつも内心では不安感を持っています。そのため、他人を褒めるという事ができないのです。

他人を褒めてしまうと、自分より良いところがあると認めるという事になりますが、自分に自信がない人は、ますます差が広がるように感じてしまい、褒める事ができなくなってしまうのです。

すごい人はすごい、優秀な人は優秀、そのようにはっきり人を褒める事が出来るという人は、器が決して小さいとはいえないでしょう。
 

自分にメリットがないと動けない

 
器が小さい人は、物事を大きな目で見る事ができず、自分の利益にばかり固執しがちです。

自分に何のメリットもないのに、他人に対して協力をしたりするという事ができません。

自分が多少忙しくなるとしても、協力してあげればその仕事の成果をあげる事が出来るという事もあります。そうなれば、それは会社全体のメリットとなるわけです。

しかし、器が小さい人というのは、そういうふうには考える事ができず、どうしても自分だけの利益にしがみついてしまうのです。

自分にメリットがないと人のためには動けない、器の小さい人というのは、そういう特徴を持っているといえるでしょう。

スポンサーリンク


器が小さい人の特徴としてすぐ怒る

 
器が小さい人は、感情を溜めておく器も小さいため、すぐに気持ちが外に出てしまいます。特に怒りや卑屈な気持ちなどのマイナス感情が出やすい傾向があります。

本人としては我慢しているつもりでも、「怒ってる?」と周りからは丸分かり。そんな時は心配するとかえって「怒ってないって言ってるじゃん!」と火に油を注ぐだけなので、そっとしておくのが一番ですが、心配されていないと感じるとそれに対してまた怒ったりすねたりすることもあるので注意が必要です。
 

人のせいにする

 
何か問題が起きたり、誰かが責任を取らなければいけない時に、人のせいにして逃げようとするのが器の小さい人の特徴です。

自分のミスであっても、自分がミスすることになった原因を他に見つけ出し、自分の否を認めようとはしません。

自分を守ろうとする意識が強く、「でも」「だって」が口癖。何か言われたら、その内容を理解しようとする前にまず反論しようとします。

明らかな自分のミスの場合にはその言い訳に終始し、失敗から学べないタイプです。人に対してだけでなく、自分に対しても言い訳することに慣れてしまい、次につながる改善策が見えてこないのです。
 

器が小さい人は人からの評価を気にする

 
自分を守り、人に重荷を押し付ける割りに、人からの評価を気にするのがこのタイプ。

相手に自分が悪く思われていないか、陰で悪口を言われていないか、心配で仕方がありません。

また、自分が評価されていないことを不当に思うことも多く、「こんなに頑張っているのに」と不満を持ちます。

人の努力や実績は目に入らず、自分がやったことを認められたいという気持ちが先行してしまいます。

また、他の人が評価されていると「いつもあの人ばかり誉められる」「自分は認められていない」と卑屈になるのも特徴的です。

自分のことを誉めてくれる人に好意を持ち、耳の痛い意見を言う人には苦手意識や敵対心を持つため、人間関係の中での成長を得にくくなってしまいます。

スポンサーリンク


自分が気に入らない人は無視をするのが器の小さい人

 
相手から無視をされたり意地悪をされたわけではないのに、ただ単に自分が気に入らない・好きなタイプではないからと挨拶を絶対にしない、挨拶されても無視をする、そういう人はとても器が小さいです。

常に自分が一番じゃなきゃ嫌だというプライドの高さ、むかつくから無視をする、そういう子供のような価値観や態度は必ず自分の評価を下げます。

その時は無視をして自分が優位にたったつもりで楽しいかもしれませんが、実際はとてもみじめな行為です。好き嫌い関係なく挨拶はとても大切な事で、嫌いという態度を全面に出さずに生活をする方が自分の身の為でもあります。

あからさまに相手によって態度を変えていると、最終的に自分がそのような立場になる時がくるでしょう。
 

客観的に見れず、家族・自分の事しか考えられない

 
例えば、自分の子供が人の車に傷をつけた、人をいじめた、井戸端会議で大声で話に夢中になり近所に迷惑をかけた事で注意をされて逆ギレをする、そういう人は少なくありませんがこれはとても器が小さい行為です。

他人への迷惑を考える事ができない人は迷惑をかけた分、必ず自分に返ってきます。自分が人にして嫌な事は自分もしないが鉄則です。
 

批判が多い

 
人を批判して自分が優越感に浸る人は器が小さいです。

人の批判が多い人は自分に自信がなくプライドも高いので、自分が批判をされると変貌します。そして短気な人だと暴力で威圧する人もいます。そういう人は要注意人物となります。

人を批判する事は自分はスッキリして気持ちが良いかもしれませんが、批判される立場からすると不快な事です。下手すると相手から恨まれる事だってあります。

批判にも言い方があります。肯定する言葉でサンドして相手に伝えたり、相手が気分が悪くならない言葉で伝えるのがとても大切です。

”言葉は心”です。言葉には魂があり、優しい言葉を使っていると自分の人生も豊かになります。
 

器が小さい人の原因を探るのは難しい

 
いかがでしょうか。

以上、器が小さい人の特徴について、お伝えしました。器の小さい人の特徴とは、自分以外の人の成功や性格上のメリットなどを、決して認められないという事だといえるでしょう。

そしてその原因を探るのはとても難しいと言えます。なぜならその理由や原因は人によって様々ですし、その環境で生き続けてきた場合は改善するがほぼ不可能だからです。

なので、器の小さい人がいたとしてもイライラせずに、あまり相手にしないスキルを身につけるのが得策だと言えるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク