人と関わらない仕事9つ

人と関わらない仕事をしたい・・・とあなたは考えていないでしょうか。

仕事をしていくうえではどうしても人と関わらないければいけない瞬間というのはやっていきます。

しかし、仕事の内容や環境次第では、その瞬間をとことん削減することは可能です。

そこで今回は人と関わらない仕事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


人と関わらない仕事とは

 

在宅ワーク

 

人と関わる仕事が嫌だという人にお勧めなのは在宅ワークです。

ある程度の収入を見込むのであれば、それなりの慣れが必要となりますが、自分で時間のコントロールなどもできるのでお勧めです。

主な内容には、データを入力する作業あるいはブログライター、口コミライターなど様々です。

在宅ワークは作業した分だけ成果がありますので、一番堅実な方法です。

この中で一番人気があるのは「データ入力」です。タイピングの早さや正確さが問われますが、馴れてくれば、努力次第では月に20万円程度稼ぐ人もいます。

 

芸術家人

 

人と関わらない仕事を希望する人はたくさんいますが、それを実現したければ芸術家を目指すという方法があります。

芸術家といってもさまざまですが、主な仕事内容は、美術系の絵画・彫刻や、音楽系の演奏・歌唱などです。

芸術家になるために特別な資格はありませんが、まず、美術・音楽・身体表現などそれぞれの芸術に関する大学・短大・専門学校に進み、基礎的な知識を身につける必要があります。

専門的な知識をつけるためには、高名な芸術家の工房やアトリエに入る、弟子になるという方法もあります。

スポンサーリンク


施設警備員

 

警備員の仕事にはいくつかの種類がありますが、仕事で人と関わりあいたくない場合には、「施設警備員」がお勧めです。

施設の中に、不審者がいないかと見回ったり、鍵をかけたりするのが主な仕事ですので、ほとんど関わることはないのです。

あくまでも縁の下の力持ちの仕事が多いので、人が寝ている時に働くことになります。

そのため、多くの人は体調を崩すのも事実です。そして場合によっては、自分自身に危険が伴うこともありうることは覚悟する必要があります。

いずれの仕事も決して楽ではありませんし、簡単に稼げるなら誰もがやっているはずです。

人との関わりを持つことも仕事のうちです。もちろん紹介し仕事はほとんど人と関わりはないはずですが、多少のリスクと覚悟は必要です。

 

内職

 

一人で出来る仕事の代表格と言えば内職ではないでしょうか。

手作業のものからパソコンを使ったアフィリエイト、アンケートモニター等、様々な種類の内職があります。

一人で自由気ままに仕事が出来るのは良いのですが、普通に内職をしたのではお小遣い程度の収入しか得られない所が問題です。

外で働きたくないから、外で働くのが難しい状況だからと内職に手を出したものの、あまりの単価の安さにビックリした人も少なからずいるはずです。

パソコン等の専門的な知識がある等、単価の高い仕事にありつけそうな人はまた違ってくるのでしょうが、普通に内職をやっていたのではそこまでの収入は得られないでしょう。

わずらわしい人間関係のストレスがない分、お金の面で悩まされそうですね。

スポンサーリンク


ポスティング

 

ポスティングは広告や宣伝の為にチラシやビラをを郵便受けに投函すると言う仕事です。

空いた時間に一人で手軽に出来る仕事ではありますが、他人の住居にチラシを配るので住人からクレームを言われる事が多いようです。

うちはチラシはいらないから郵便受けに入れないで下さい。と言うクレームに耐えられるかが鍵となってくるでしょう。

一人で出来る仕事ではありますが、いざクレームを受ける時も一人。

人によっては、他人と一緒に仕事をするよりもストレスのたまる仕事と言えるかもしれません。

仕事仲間との人間関係は煩わしいけれど、たまに知らない人に文句を言われるくらいならへっちゃらと言う人には向いている仕事でしょう。

 

工場バイト

 

社員ではなく短期のバイトなどで工場で働く分にはほとんど人間関係を築く必要はない仕事です。

ひたすらベルトコンベアに向かって作業をするので、一人で黙々と出来る仕事と言えるでしょう。

深夜の工場バイトはお給料も良いし、それなりに稼げる仕事です。

しかし上で挙げた内職とポスティングの仕事と違う所は収入が良い代わりに拘束時間が決まっていると言う所。

内職やポスティングは自分で決めた時間に自由気ままに出来る仕事ですが、工場のアルバイトはそうも行きません。

時間に拘束される事が苦にならず、立ち仕事で黙々と作業する事が出来る人には良い仕事ではないでしょうか。

スポンサーリンク


夜中の清掃業者

 
清掃業者は担当した場所をひたすら掃除するだけなのであまり人と関わらなくても大丈夫です。

大きなビルなどになると、ペアを組まされることもありますが、ペアの人が運悪く、おしゃべりな人でなければお互い無言で仕事ができます。

また、そこまで担当する場所が変わることもないので、定期的に同じような場所をひたすら掃除しますし、基本的には人がいなくなった夜に行うことが多いので、誰とも関わらず、きちんと掃除さえすれば文句を言われることもありません。

トイレ掃除やビルの床掃除などだったら、一人で担当した場所を黙々と掃除し続ければいいので、人と関わって仕事をしたくない人にはおススメです。
 

検品作業

 
最初に研修で担当者にやり方など教わり、ある程度順序がわかるようになれば、工場ラインでの検品作業はおススメです。

初めはどうしてもマニュアルや検品する上での注意点などがあって、担当者に話を聞かなければいけませんが、それが終わればそこまで関わらなくても済みます。

他にも検品作業の人がいたりはしますが、工場内で基本的には、私語厳禁、または注意されることが多いので、これも黙々とひたすた流れてくる商品に壊れているところがないかを確認していく仕事です。

工場での仕事でも、組み立て作業などは、何人かで一緒にやる場合があるので、人と関わらず仕事をしたい人にとっては協力して組み立てていかなければいけないこの作業は苦痛かもしれません。

スポンサーリンク


フリーのプログラマー

 
会社に勤務しているプログラマーはもちろん会社内に他の社員もいるので人と関わらずにはいられませんが、フリーのプログラマーの場合は、お客とのやり取りとはほとんどメールですまされることが多いものです。

なので、家で仕事ができるというメリットもあり、人と関わらなくてもある程度は仕事ができます。

イラストレーターはお客がどのようなデザインにしたいかを何回も打ち合わせをしなければいけないので、作業自体は一人で黙々とできますが、デザインは最初の段階は特に決まったものもないので、嫌でも人と関わらなければいけない職業です。
 

人と関わらない仕事がしたい人の特徴や理由

 

自分で作業量などをコントロールできるから

 
人と関わらない仕事を選ぶのは、自分のペースに合わせて作業を決定することができるからです。

職人や、クリエイター気質な人、何か技能を持ったフリーランスに多いタイプでしょう。

人と関わる仕事をすると、自分の都合で作業内容や作業量を決定することはできません。

ほとんどの場合、上からの指示で与えられた作業をこなさなければならないでしょう。

それがオーバーワークになることもあります。

対して人と関わらない仕事をしている人は、このようなストレスを抱えることは少ないです。

自分で作業量を決定することができますし、作業時間すらコントロールすることが可能です。

「朝は眠いから、昼から起きて仕事しよう」といった作業スタイルも可能なのです。

比較的自由度が高く、マイペースに仕事をこなしていける……だからこそ、彼らは人と関わらない仕事を好むのです。

スポンサーリンク


コミュニケーションを取るのが苦手である

 
現代は高度なコミュニケーション能力が要求される社会です。

人と関わる仕事をすれば、確実にある程度のコミュニケーションスキルが必要となります。

まず面接からしてコミュニケーションのバトルですし、就職してからもセールスやらプレゼンやら、とにかく高いスキルが必要です。

職場のコミュニケーションも簡単ではありません。

同僚にはタメ口をきいてもいいですが、上司や先輩には敬語を使わなければならず、使い分けが必要です。

すんなり出来る人は出来るのかもしれませんが、敬語の扱いが苦手な人も少なくないでしょう。

また事細かなビジネスマナーを守らなければならないし、とにかく仕事の前に、人付き合いに疲れてしまいます。

コミュニケーションを取ることが苦手な人にとっては、地獄のような状況かもしれません。

だからこそ彼らは、人と関わらない仕事を選択するようになります。

人と関わりさえしなければ、いわゆる「コミュ障」などと言われることはないですし、コミュニケーションでのストレスを抱えることもないからです。
 

上司への気遣いが面倒である

 
上司に対する気遣いというのは、部下にとって大変なストレスとなることがあります。

特に性格的に問題のある上司や、ダブルスタンダードなことを要求してくる上司が相手だと、それだけで居心地が悪くなります。

人と関わらない仕事を好む人は、このリスクを特に警戒します。

上司への気遣いが面倒だと考えているのです。

別に職場だけの話ではありません。

仕事終わりの飲みニケーションや二次会のカラオケなどでは、上司の愚痴や説教、パワハラなどにも笑顔で対応しなければなりません。

普通に仕事に就けば、このように上司への気遣いというのは必ず付きまとってくるのです。

同僚と仲良くはできても、上の人間と付き合いをするのが億劫だという人は、少なくありません。

以上のように上司への気遣いを勘案した結果、人と関わらない仕事を選択するようになるのです。

スポンサーリンク


スローライフを好んでいる

 
人と関わらない仕事がしたい人は、スローライフを好んでいることが多いです。

人と関わる仕事は千差万別です。

しかし多くの場合、時間や仕事に追い立てられる日々を送ることになります。

その代表的な例が、ノルマや納期が付きまとうことです。

これは精神的に負担が大きいです。

気にしない人は上司に怒られようと評価が下がろうと、さほど気にしないでいられるのかもしれませんが、たいていの人は、自分を追い込んでしまいます。

他にも昇進などをして責任が重くなってくると、重圧に耐えきれなくなることもあります。

転勤であっちこっちに飛ばされるのを負担に思う人もいますよね。

スローライフを好む人は、このように時間や責任、その他さまざまなことに追われるような生活を嫌います。

彼らは別に裕福でなくてもいいから、ゆったりとした、ストレスフリーな生き方を好んでいるのです。

そうなってくると、人と関わる仕事では難しいです。

この結果として、人と関わらない仕事で、負荷の少ない人生を送ろうと考えるのです。
 

人と関わらない仕事はたくさんあるが、つらいときもある

 
いかがでしょうか。

人と関わらない仕事は探せがいくらでもあるものです。これは男だろうが、女だろうが全く関係ありません。

もっと言ってしまえば、独立したり起業すれば、人と関わらない仕事なんていくらでもできますし、今よりもお金を稼ぐことができるでしょう。

どこかの雇用されなければいけないという固定観念があなたを苦しめている可能性があるので、ネットやら本やらでフリーで活動している人たちを調べてみることを強くおススメします。

もしフリーを経験して上手くいかなくても、また元の状態に戻るだけなので、どんどん経験していきましょう。

その経験があなたの人生や価値観を大きく変えるきっかけになるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク