女性の転職で有利な資格8つ【20代・30代・40代】

女性が持っていることで転職に有利な資格というのは存在するでしょうか。

転職を考えるときに多くの人が資格を取ろうとしたり、重要視しますが、採用担当者からみればそれはただのおまけに過ぎません。

しかし、それでも同じ能力の人が2人いたら、やはり資格を持っている方を採用する可能性はとても高いでしょう。

つまり転職のために資格を持っておくことは損ではないということ。

そこで今回は女性が転職するときに有利な資格についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


20代女性が転職するときに有利な資格

 

医療事務

 

20代女性が持っていて有利な資格は、医療事務の資格です。

幅広い女性に人気の資格で、病院の受付業務や事務業務、レセプト業務など仕事内容は主に事務的なことが多く、とてもやりがいを感じます。

病院はどこにでもあり求人も多くあるので、医療事務の仕事は持っていると大変有利です。

20代のうちに医療事務の資格をとっておくと、例え結婚して引っ越ししたとしても、病院のない場所はほぼないに等しいので、就職に困りません。

長い目を見ても、無駄のない資格は医療事務なのです。

 

介護ヘルパー

 

介護ヘルパーの資格は、人気の資格で若いうちにとっておくと大変便利です。

これから先の未来、高齢化社会でお年寄りが増えると言われていますが、介護士の資格は持っているだけで優遇されやすく、求人も多いので20代女性に人気の資格です。

年配の方が好きな女性には、常にコミュニケーションを取りながら接することができるので、大変やりがいを感じることができます。

移動することも多く、車の運転を必要とする所も多いので、運転免許の資格も同時に取る人が多いです。

スポンサーリンク


アロマテラピー

 

女性に人気の“アロマテラピー”の資格は、大変人気でアロマを取り扱うお店での就職に有利です。

アロマは仕事だけでなく私生活にも取り入れることができて役立つ知識なので、20代で取りたい女性が多いです。

心地良い香りで癒してくれるアロマは、体の不調や精神的な疲れに効果があり、種類が豊富で覚えることも沢山ありますが、学校に通わなくても自分自身でポイントを押さえてしっかりと勉強すれば合格しやすいので資格を取る女性が年々増えています。

アロマのお店も今は昔よりもはるかに増えているので今、旬の資格です。

 

30代女性が転職するときに有利な資格

 

幅広く役立つIT系資格

 

IT系資格は女性が転職する時にとても役立つ資格です。

今の時代、どの会社でもパソコンを扱う能力は必須のスキルであり、パソコン関係の能力を証明するIT資格を取得しておけば事務職から総合職まであらゆる転職において能力をアピールすることができます。

エクセルやワードなど業務に欠かせないソフトウェアを扱う能力を証明する資格「マイクロソフトオフィススペシャリスト」、広くコンピュータ知識を有していることを証明する資格「ITパスポート」、実務におけるコンピュータ操作能力に特化した資格「日商PC検定試験」など、コンピュータの基本的な操作ができることを証明できる資格を取得しておけば、業種業態を問わず転職活動に必ず役立つでしょう。

スポンサーリンク


ライバルに差をつける販売系資格

 

店頭で販売を担当する販売系の仕事は女性率が高く、販売系の資格を取得しておくと転職で非常に有利です。

日本商工会議所が認定する販売士の資格は、販売業務に必要なスキルと知識を身に着けていることを証明してくれる資格です。

販売士は1級から3級までランクがありますが、3級でもいいので販売士の資格を取得しておくと転職活動はグンと楽になります。

コミュニケーション検定は人と人のコミュニケーション能力を証明する資格です。

接客が重要な業務となる販売の仕事では、コミュニケーション検定の資格を持っていることが大きなプラスに働きます。

資格を持たずに働いている人が多い販売職だからこそ、資格を取得することがライバルたちに大きな差をつけることに繋がります。

 

独立を目指すなら不動産系資格

 

不動産系資格は競争率や難易度は高い物の資格取得の効果が高く、

資格取得に成功すれば独立開業の道も開けます。

実力さえあれば男女の性差なく働ける業界なので自分の力で勝負したい、

男性に負けずに働きたいという方には不動産系の資格がオススメです。

不動産業には欠かせない「宅地建物取引主任者」難易度最高ランクの「不動産鑑定士」これからの時代に必ず需要が高くなる「マンション管理士」など、どれも取得は簡単ではありませんが合格すれば転職に非常に役立つ資格です。

スポンサーリンク


40代女性が転職するときに有利な資格

 

まずは身近な資格から

 
子育てが一段落して、そろそろ本格的に仕事を始めたいという方や年齢が高くなったので安定した仕事に就きたいと考える人は少なくありません。

そんな時に再就職や転職で働く際に役立つのが資格です。

少し働くだけで残りの時間はゆっくりと趣味の時間に充てたい、またバリバリと出産前のように働きたいという人も少なくありません。

そういったライフスタイルに合わせて上手に資格を取得すると、転職が成功し易くなります。

履歴書を書く時には資格を書く欄が必ずあります。

そこに何か資格が記入されていると、再就職先で役立つと思われるスキルを身につけているかどうかという目安となり、企業側にとっては即戦力になると判断して採用率が上がります。

また、努力を惜しまない人だという真面目な姿勢を認めてもらえることもあります。

いずれにしても資格があると再就職をした時にスキルが身についていることもあって、落ち着いて働くことが出来ます。

資格は転職の際に役立つためのものでもありません。

仕事を始めてからも持っている知識を活かすことができるので、仕事をする時にも大いに役立ちます。

第一印象は とても大切ですから面接の時の印象がずっと仕事を始めてからも続きます。

そのため、第一印象でやる気がある人と思われることはことは大切です。

そのためにも資格を取っておくと役に立ちます。

基本的な資格としては、ビジネスマナーなどや、既に社会経験があり、一般常識は既に身についていると捉えられますので、事務などで必要となってくるパソコンスキルの資格やさらには英検のような専門的な資格を取っておくと役立ちます。

スポンサーリンク


専門知識が身につく資格

 
バリバリ働きたいという人や社長業の様な管理職の仕事につきたいという人には、MBAなど経営に関する資格を持っておくと有利です。

他にも高度な資格である、難易度の高い弁護士や医師のような資格もあります。

これらは取得するのには難易度が高いため、長い年月をかけますが、一度取得しておくと大きく稼ぐことができてやりがいがあります。

中には難易度が高いため、人手不足の職業もたくさんあります。

そういった職業では転職が成功しやすいというメリットがあります。

ご自身のが何をしたいのかということをよく考慮して、それに合わせて資格を取っておくと転職にとても役立たせることができます。
 

女性は転職に有利な資格を取っておこう

 
いかがでしょうか。

女性だからこそ転職に有利な資格というのはあります。

しかし、それに固執してしまうとあなた自身のモチベーションにつながらなくなってしまったり、嫌になってしまったり、希望する仕事ができないケースも出てくるでしょう。

資格を取る際にはそのバランスも考慮しておくことがとても大切です。

そして、資格を持っていようが持っていまいが、転職するならエージェントの力を使いましょう。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク