飛び込み営業のコツ5つ

飛び込み営業のコツを知りたい・・・とあなたは考えていないでしょうか。

何度も何度も断られて、心が折れそうな時もしょっちゅうなのが飛び込み営業ですよね。そんな中、1つでも商品が売れると、今までの苦労を忘れてしまうぐらい喜んでしまうのが醍醐味だといえます。

できるなら、もっと結果を出したいと思うものですよね。

そこで今回は飛び込み営業のコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


飛び込み営業のコツ

 

飛び込み営業のコツは声を意識する

飛び込み営業のコツの一つ目として、声を意識することからはじめます。

普段話している声よりも心持ち高い声で元気よく、爽やかに挨拶してみましょう。

飛び込み営業ではおどおどと自信がないようでは上手くいくはずがありません。

コツとしては、プロ意識をきちんと持ちながら、それでいて高圧的でなく、親しみやすい態度を取ることです。

飛び込み営業のコツを知り尽くしたトップの営業マンなどは、安心感や信頼感が溢れているはずです。

頼れる存在である、という態度を取るようにしましょう。

出典 飛び込み営業のコツ(お客の警戒心をとくために)について

 

飛び込み営業を成功させるには、第一印象が大切になってくることは間違いありません。

自信がなさそうな営業マンが突然あなたの前に表れたとしても、ただでさえ話を聞こうと思わないのに、そのような人であればなおさらですよね。

飛び込み営業は高いハードルを下げる作業でもあるので、声や姿勢などをしっかりとして、少しでも話を聞いてくれるように、そして次につながるようにしておきましょう。

話を聞いてくれなければ、どんなに素晴らしいトークや商品を持っていても売れることはまずありません。

スポンサーリンク


一回目の訪問では商品の話をしないのが飛び込み営業のコツ

飛び込み営業の目的を新規顧客獲得とおかずに、まずは、「見込み客」の収集という位置づけで行動すべきなのです。

商品購入プロセスにおいて、人脈構築は必須です。

なのでまずは、その第一歩として「知り合い」を目指すべきなのです。そして、次、なにげに行けるところ1軒でも多くつくることに照準を合わせましょう。

したがって、飛び込み営業最初の極意・・・初回訪問では決して商品やサービスの話をしない。
出典 飛び込み営業のコツ

 

1回目の訪問のときは一度出直すことをおすすめします。

相手はこちらに警戒心を持っています。

そのため、開けようとすればますます相手は玄関を開けてはくれないでしょう。

また近所の付き合いもあります。

そのため、わたしの場合はもう一度訪問をすることを基本にしています。

しかし、そのまま引き返すわけではありません。

事業内容を記載したパンフレットと名刺を置いてくるようにします。

相手に検討の予知を与えるのです。
出典 飛び込み営業マンのコツと極意!

 

いきなり訪問をして、「よし!じゃあその商品を買おう!」となるケースはほとんどありません。

まずはどのような人がどのような悩みを抱えているのか、そしてそのニーズをどう商品やサービスにつなげるのかを把握するのが1回目の訪問で注力するところです。

そのプロセスがあるからこそ、信頼関係が築けるきっかけになりますし、結果的に商品が売れることで、あなたも相手も喜ぶことになるはずです。

スポンサーリンク


受付に好かれるようになる

飛び込みの第1ポイントは『受付で担当に取り次いでもらえるか』です。初心者なら、挨拶するだけで、普通の会社なら受付で断られます。ここで確率10社に1社です。担当者の名刺取得は100社に3社くらい。

物が売れるようになるには、10社に5社/名刺獲得100社に30社くらいになってからだと思います。経験値です。物、価格により変わります。※当方30万円位の広告枠でしたが。

不安そうな表情や、緊張は相手に伝わります。だから、受付で断られるのです。マァ、これは慣れしかありませんが。それを乗り越え、自然な振る舞いができるようになると、相手が勝手に勘違いしてくれます。
出典 飛び込み営業のコツ

 
受付の人の好かれるというのは飛び込み営業では非常に重要な要素の1つになります。

受付の人と仲良くなれば、様々な情報が入ってきますし、適した人に会わせてくれるようになるでしょう。

商品を買ってくれる人ではないからと、テキトーに接しているといつまでたっても売れるようにはなりません。
 

飛び込み営業のコツはタイミングを大切にする

「欲しいモノを、欲しい時に、欲しい人の目の前にポンと置く」ができてしまえば、あなたが提案をしようが、しまいが、お客さまから、「これください」「申込させてください」と言われてしまうわけです。

「欲しいモノを、欲しい時に、欲しい人の目の前にポンと置く」ことができていないので、おきゃくさまから、「今はいりません」「検討してから連絡します」と言われてしまうわけです。
出典 飛び込み営業で絶対に断られなくなる3つの基本トーク

 
タイミングががっちりと合えば、上手くない営業トークでも売れるものです。

つまり優先順位はトークを磨くことよりも、タイミングを把握することだと言えます。そのためには相手との信頼関係を築くこと、信頼されること、そして情報の感度を高めることです。

売りたい売りたいということではなく、とにかく相手の話を聞くことの方を優先させましょう。

スポンサーリンク


信頼してもらうためには自分を証明する

飛び込み営業をする際には、自分の身の証をたてることが大切です。自分がどんな会社に所属して、どんな営業をしているのかをきちんと説明しなければなりません。基本的に悪徳業者は営業でないようなふりをして話を始めるようですが、最近のお客様は無知ではありません。そのようなやり方ではすぐに警戒心を持たれてしまい、ドアも開けてくれないでしょう。まずはきちんと自分がどんな人物であるかをきちんと話す必要があります。
出典 村上さんの飛び込み営業の基本

 
知らない人を信用しろと言われても難しいですよね。

信用されるにはやはり相手を理解することが絶対条件です。なので信頼されたいのであれば、自分の会社や仕事の内容などをしっかりと伝えることが必要です。

そしてそれを裏付ける証拠があればベストです。常に資料などを持ち歩くようにしておきたいところです。
 

飛び込み営業のコツは自分が辛くないように工夫をする

私も新人時代、ノルマ的な訪問数を守らされていました。そして、毎日、20件も訪問していると、何度も何度もいく会社ばかりになってきます。また、意味もなく行くことが、徐々につらくなってきます。

そこで、自ら行く理由を作ることを考えればいいんだ!という所に行きつきました。訪問しても、どうせ売れない事は知っています。

であれば、少しでも喜ばれる資料を作って持っていく、(むしろ喜ばれない資料だと、次は行き場が無くなります(笑))つらくならないチラシを作って持っていくことにしていました。
出典 売れる営業になりたければ、まずは、飛び込み営業から

 
いかがでしょうか。

飛び込み営業というのは肉体的にも精神的にも非常に負担のかかる仕事の1つだと言うことができます。

合わないはとことん合わないので、すぐにその仕事を辞めてしまう人も決して少なくないでしょう。

しかし、飛び込み営業でコツをつかんでいる人や、ものすごい結果を出す人というのは自分なりに負担を軽減させていることが一般的です。

なので、一度今回ご紹介したことを参考に自分なりに工夫を凝らしてみてください。もしかしたら大きな結果につながるきっかけになるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク