優しい人になりたい人がすべき事13選

あなたは優しい人になりたいと思いますか?
優しさとは自分から親切心でやった事が必ずしも他人から評価される訳ではありません。

優しくしたつもりが、実は相手を傷つけていたり、お節介だったりと受け取り手側の裁量で優しさが迷惑になってしまう事もあるのです。

優しい人になりたい人がすべき事を読んで、優しい人と言われるには何をすればいいか見てみましょう。

スポンサーリンク


優しい人になりたい人がすべき事

 

常に平常心を持つ

 

優しい人になりたいのであれば平常心を保ちましょう。

感情の起伏が激しい人は優しい人とは言えないでしょう。

感情の起伏が激しい人は、優しい時もあればそうでない時の起伏も激しくなるので、周囲からは優しい人とは思われていません。

それよりも、平常心を持ちいつも穏やかな人の方が優しい人だと見られやすいのです。

周囲に対して、自ら優しさを出した行動をするよりも、平常心を保ち当たり前のことを当たり前にやっている人の方が優しい人と見られます。

優しい人は穏やかで朗らかなイメージを与えられる様な行動や振る舞いが求められます。

 

「してあげる」「してあげた」と思わない事

 

優しい人になりたいのであれば、「してあげる」「してあげた」と思わない事です。

「~をしてあげる」「~をしてあげた」は優しさの押し売りです。

「~をしてあげる」と言う考え方は、「あなたが困っているみたいだから私が助けてあげる」と上から目線で物を言われている様に取られます。

この様な考え方では、受け取り手側から見ると「余計なお世話」「上から目線で偉そう」と思われてしまいますので、他人が困っている事に対して手を差し伸べたいのであれば「よかったら、手伝うよ?」「何でも手伝うから声を掛けて」等言い方を変えてみましょう。

スポンサーリンク


見返りを求めない

 
優しい人になりたいのであれば、見返りを求めるのを止めましょう。
優しさとはボランティア精神だと考えてください。

よくいるのが、「この間、~してやったのに何の恩返しもしないなんて常識知らずだ」「あいつの仕事のミスを庇ってやったのに感謝の気持ちも無いのか」等この様に愚痴を言う人がいますが、優しさや親切心とはそもそも見返りを求めてするものではありません。

人間関係を円滑にするための要素でしかありません。
そこに、見返りを求める事が間違えなのです。

何事に対してもあいてに見返りを求める様な考え方の人は優しい人には向いていないでしょう。
見返りを求める考え方の人が優しい人になろうとしたら、見返りが全くない事の方が多い事を知っておかないと、ストレスで体調を崩してしまうかもしれません。

あなたの周囲で優しい人と言われる人を思い出してください。
見返りを求めてきた事はありますか?

寧ろ優しくされたら、今は何もできないが、次に何かあった時にその人の力になろうと考えるものではないでしょうか。

 

目配りと気配りを忘れない

 
優しい人になりたいのであれば、目配りと気配りを忘れてはいけません。
相手が今、何をして欲しいのかどんな事を望んでいるのかを、表情や仕草から読み取り、相手が行動を起こす前に先回りで行動をしましょう。

例えば、今日の13時から会議だと分かっていれば、言われる前に資料を人数分コピーしておく、事前にミーティングルームに入り人数分の席を用意しておく等13時に集まって資料を配ったり、席を作る手間を事前に省いておく事によって無駄な時間を作らない事をしておくことが会議に参加する人達に対する優しさであり気配りなのです。

1つのキーワードからその後やっておくべき事を明確にし動く事で、周囲からは気配りの出来る人だと見られます。
そして、それが優しさとなるのです。

スポンサーリンク


ひいきをせず平等に接する

 

優しい人になりたいのであれば、ひいきをせず平等に接しましょう。

優しい人は周囲との距離感も気にします。

特定の人だけに優しさを見せてしまうと周囲から反感を買いますから、平等に接する事を意識しましょう。

誰にでも分け隔てなく優しくする事で優しい人だと見られます。

とは言え、人間ですから合う人合わない人がいますから、どんな人に対しても一定の距離感を持って接する事で、ひいきをしているとみられる事は少なくなります。

 

他人を変えず自分を変える

 

積極的に人と付き合っていくと、どう頑張っても性格が合わない人にも出会います。

そんな時、相性が悪いから嫌いだと思っていては優しい人にはなれません。

嫌われている方はそういう気持ちに敏感なので、自分が嫌われていることぐらいすぐに察知するものです。

傷つく人もいれば気にしない人もいるでしょうが、いい気分にはならないでしょう。

優しい人は相手を傷つけるような真似はしません。

相性が悪い人間に出会っても相手の嫌なところばかりを考えて嫌ったり避けたりするのではなく、自分が相手に合わせるように努力するのです。

相手を変えようとするよりも簡単で、相手を傷つけなくてすむ最良の方法ですね。

優しい人とは他人を傷つけないために自分が努力することを厭わない人のことです。

少し努力をするだけで優しい人にはなれるものなので、そのことを意識して生活しましょう。

スポンサーリンク


他人の悪口は言わない

 

悪口というのは、悪口に関係のないまっとうな人間が聞いていても気分が悪くなるものです。

そんな悪口を、言われている本人が耳にしたらさぞ傷つくことでしょう。

悪口を楽しめる人間というのはとても心が醜い人間です。

優しい人は悪口を楽しんだりはしません。

人は嫌なことがあればつい誰かに愚痴を言いたくなったりするものです。

自分の胸にしまっておくことのできない怒りや悲しみもあるので、口に出すことで自分の気持ちを整理しているのでしょう。

もしくは愚痴を言って同情をしてもらって、自分は間違っていないのだと安心したいのです。

誰にでもあることですが、その愚痴の内容に人が関わっているなら悪口になります。

優しい人になりたいのなら、できるだけ不愉快な出来事を自分の中で処理できるようになりましょう。

口にしてしまえば悪口になるということを理解して、可能な限り愚痴は言わないように気をつけるのです。

 

自分の至らなさを恥じる

 

他人の嫌なところばかり気になるようでは優しい人にはなれません。

多くの人が生きている世界ですから、どうしても許せない行動をする人間はいるでしょう。

しかしそういった人を責めたり怒ったりする前に、自分のことを考えるべきなのです。

相手に何かを言えるほど立派な人間なのか、これまで失敗はしたことはないのかと自分に問いましょう。

自分の至らないところを冷静に考えてみると、誰にも文句は言えなくなります。

それどころか、反省する点も多く見つけるのではないでしょうか。

誰でもダメなところはあるものなのです。

他人がそれを指摘する必要はありませんし、ましてや怒るなんて言語道断です。

そんな暇があるなら自分の至らなさを恥じて自分の人生に活かすべきでしょう。

他人の嫌なところばかり見ていないで自分を成長させるのです。

そうしていれば自然と優しい人になっているものです。

スポンサーリンク


相手の気持ちをよく考える

 

簡単なようで難しいのが相手の気持ちを考えることです。

自分だったらどう思うかと、自分に置き換えて考えるだけでは足りません。

相手の置かれている状況などを考慮しなければ、いくら考えても相手の本当の気持ちには近付きません。

相手はどのような思いでここにいるのか、嬉しいのか悲しいのかなど相手をよく知ろうとするのです。

相手を知ることができれば少しは相手の気持ちがわかるようになるでしょう。

そして相手の気持ちがわかれば、相手が望んでいる言葉や行動がわかるようになります。

望み通りの言動ができれば、相手にとって優しい人となるでしょう。

優しい人というのは、自分が優しいと思う言動を誰にでもすればなれるわけではありません。

人の心というのはそれほど単純ではないのです。

その人が望んでいる言動を与えてあげられる、頭をよく使っている人こそ真の優しい人なのです。

 

常日ごろから心に余裕を持つ

 

自分に余裕がないと人に優しくすることは当然できませんよね。

既にあなたが「この人はいつも優しいな」と思っている人は、余裕を持って生活しているのではないですか?

この余裕というのは、仕事でもなんでもそうですが、心の余裕も含めて、総体的な余裕を意味しています。

常に時間に追われている、常に自分のことで精いっぱいになってしまっている、などという状態では、どんなに頑張っても、なかなかうまく人に優しくできません。

まずは自分の生活や仕事の進め方などを見直し、心と時間に余裕を持つようにしましょう。

そして、いい意味で諦めも肝心です。

「こうでなければいけない!」と考える人ほど、心に余裕がなくなりがちな傾向にあります。

それは、自分の理想と現実が離れている時に、理想と違う自分を受け入れられず、じたばたとあがいてしまうからです。

まずは、一つの考えに固執せず、心に余裕を持ちましょう。

スポンサーリンク


常に周りに感謝をする

 

あなたが普段生活しているのは、常に誰かが何かをしてくれているからなんですよね。

例えば、あなたが趣味のものを通販サイトで買って手に出来るのも、通販サイトの人が売って、配達員の人が配達してくれたから出来るわけです。

また、雑用係だと思っているような事務の人でも、あなたがプレゼンする前にしっかりと資料のコピーから配布まで、前準備をしてくれていたり、当たり前だとか、自分がしていることというのは、実はすべて誰かの支えによって出来ているものなのです。

それを常に念頭におき、過ごすことで人への感謝が生まれ、自然と「ありがとう」や「いつも頑張ってくれているね」というような優しい言葉をかけられるようになります。

一度、あなた自身の普段の生活や仕事の仕方を俯瞰してみると、どれだけの人があなたを陰で支えてくれているかということが分かるでしょう。

 

自分のことに置き換えて接すること

 

優しい人になりたい場合は、どんな時でも、他人のことを自分のことのように考え、自分のことに置き換えて接することです。

例えば、たまにひがまれたりして嫌味を言われているのに、それに怒らずに受け入れているような優しい人もいますよね。

そういった人は、自分の感情と同じくらい、相手の感情をしっかりとくみ取ってあげられる人なのです。

その相手の感情をしっかりとくみ取るというのは、具体的にどうするのか、というと、それが「自分のことに置き換える」ということなのです。

「私があの人の立場だったら、きっと同じことをしていただろうな」と考えることが出来れば、それは相手への優しさに変わります。

相手の立場を分からなくても、「もしかしたらあの人は、こういうことで悩んでいるのかもしれないな」とその人を取り巻く環境などから推測し、状況をつかんであげることも出来れば、なおいいでしょう。

スポンサーリンク


言葉選びを大切にする

 

常に、自分が発する言葉に気を付けるようにしましょう。

言葉はときに、使い方を間違えるとひどく相手を傷つけることがあります。

相手にとって、言われたくない一言や指摘をする場合、「はっきり言ってあげるのが優しさ」だとよく言われますが、その時も決してそのままダイレクトに伝えるのではなく、言葉はしっかり選びましょう。

もし、誤解を招いて相手を傷つけてしまいそうな言葉しか見つからないときは、しっかりと前置きをしましょう。

「上手く言えなくて、語弊があるかも知れないけれど、私はあなたの味方だからあえていうね」という前置きがあるだけで、あなたがどんなに相手のことを思っているかということが感じ取れます。

そのあなたのやさしさに気付かない人はまずいないでしょう。

例え、その時は誤解を受けてしまったとしても、しっかりと言葉を選んで相手のことを思って発した言葉はいつかは理解してもらえるものです。

 

優しい人になるには日々の積み重ね

 

いかがでしたか?

優しい人と言ってもそれは周囲が感じる事であって、自分で判断する事ではありません。

優しい人と言われる人は自らが優しい人だと思ってはいないでしょう。

日々の生活の中で、積み重ねてきたことが周囲に対して優しさとして映る事で「あの人は優しい人」だと認識されるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク