優しい人になりたい人がすべき事5つ

あなたは優しい人になりたいと思いますか?
優しさとは自分から親切心でやった事が必ずしも他人から評価される訳ではありません。

優しくしたつもりが、実は相手を傷つけていたり、お節介だったりと受け取り手側の裁量で優しさが迷惑になってしまう事もあるのです。

優しい人になりたい人がすべき事を読んで、優しい人と言われるには何をすればいいか見てみましょう。

スポンサーリンク


優しい人になりたい人がすべき事

 

常に平常心を持つ

 

優しい人になりたいのであれば平常心を保ちましょう。

感情の起伏が激しい人は優しい人とは言えないでしょう。

感情の起伏が激しい人は、優しい時もあればそうでない時の起伏も激しくなるので、周囲からは優しい人とは思われていません。

それよりも、平常心を持ちいつも穏やかな人の方が優しい人だと見られやすいのです。

周囲に対して、自ら優しさを出した行動をするよりも、平常心を保ち当たり前のことを当たり前にやっている人の方が優しい人と見られます。

優しい人は穏やかで朗らかなイメージを与えられる様な行動や振る舞いが求められます。

 

「してあげる」「してあげた」と思わない事

 

優しい人になりたいのであれば、「してあげる」「してあげた」と思わない事です。

「~をしてあげる」「~をしてあげた」は優しさの押し売りです。

「~をしてあげる」と言う考え方は、「あなたが困っているみたいだから私が助けてあげる」と上から目線で物を言われている様に取られます。

この様な考え方では、受け取り手側から見ると「余計なお世話」「上から目線で偉そう」と思われてしまいますので、他人が困っている事に対して手を差し伸べたいのであれば「よかったら、手伝うよ?」「何でも手伝うから声を掛けて」等言い方を変えてみましょう。

スポンサーリンク


見返りを求めない

 
優しい人になりたいのであれば、見返りを求めるのを止めましょう。
優しさとはボランティア精神だと考えてください。

よくいるのが、「この間、~してやったのに何の恩返しもしないなんて常識知らずだ」「あいつの仕事のミスを庇ってやったのに感謝の気持ちも無いのか」等この様に愚痴を言う人がいますが、優しさや親切心とはそもそも見返りを求めてするものではありません。

人間関係を円滑にするための要素でしかありません。
そこに、見返りを求める事が間違えなのです。

何事に対してもあいてに見返りを求める様な考え方の人は優しい人には向いていないでしょう。
見返りを求める考え方の人が優しい人になろうとしたら、見返りが全くない事の方が多い事を知っておかないと、ストレスで体調を崩してしまうかもしれません。

あなたの周囲で優しい人と言われる人を思い出してください。
見返りを求めてきた事はありますか?

寧ろ優しくされたら、今は何もできないが、次に何かあった時にその人の力になろうと考えるものではないでしょうか。

 

目配りと気配りを忘れない

 
優しい人になりたいのであれば、目配りと気配りを忘れてはいけません。
相手が今、何をして欲しいのかどんな事を望んでいるのかを、表情や仕草から読み取り、相手が行動を起こす前に先回りで行動をしましょう。

例えば、今日の13時から会議だと分かっていれば、言われる前に資料を人数分コピーしておく、事前にミーティングルームに入り人数分の席を用意しておく等13時に集まって資料を配ったり、席を作る手間を事前に省いておく事によって無駄な時間を作らない事をしておくことが会議に参加する人達に対する優しさであり気配りなのです。

1つのキーワードからその後やっておくべき事を明確にし動く事で、周囲からは気配りの出来る人だと見られます。
そして、それが優しさとなるのです。

スポンサーリンク


ひいきをせず平等に接する

 

優しい人になりたいのであれば、ひいきをせず平等に接しましょう。

優しい人は周囲との距離感も気にします。

特定の人だけに優しさを見せてしまうと周囲から反感を買いますから、平等に接する事を意識しましょう。

誰にでも分け隔てなく優しくする事で優しい人だと見られます。

とは言え、人間ですから合う人合わない人がいますから、どんな人に対しても一定の距離感を持って接する事で、ひいきをしているとみられる事は少なくなります。

 

優しい人になるには日々の積み重ね

 

いかがでしたか?

優しい人と言ってもそれは周囲が感じる事であって、自分で判断する事ではありません。

優しい人と言われる人は自らが優しい人だと思ってはいないでしょう。

日々の生活の中で、積み重ねてきたことが周囲に対して優しさとして映る事で「あの人は優しい人」だと認識されるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク