生きるのが辛いと感じる時5つ

あなたは生きるのが辛いと考えたことはありますか?
日々の生活を送っている事で湧いてくる不安や恐怖に打ち負けそうになる事は誰にでもある事です。

人はどんな時に生きるのが辛いと感じるのでしょうか?
生きるのが辛いと感じる時を読んで、どんな時に生きるのが辛いと感じるのか見てみましょう。

スポンサーリンク


生きるのが辛いと感じる時

 

お金が無い時

 

生きるのが辛いと感じる時は、お金が無い時です。

世の中生きて行く為には、お金が必要です。

どんな場面でもお金は必要になります。

何もせず生きているだけでも、お金は掛ってきますから、人生とはお金に左右されると言っても過言ではありません。

お金が多くあれば、大抵の事は何でもできます。

お金があれば、欲しい物は何でも手に入ります。

ですから、人はより多くのお金を産みだす為に日々働いているのです。

しかし、お金が無いと人生は悲惨その物でしょう。

自分がしたい事が全くできなくなります。

美味しい物が食べたいと思ってもお金が無いからいけない。

欲しい服が合ってもお金が無いから買えない。

行きたい所があってもお金が無いからいけない。

自分がしたいと思っている欲求が一切叶えられない時に、人は生きているのが辛いと考えるのです。

どんな欲求にせよ叶えるにはある程度のお金は必要です。

自分の収入に応じた欲求を叶えるのか、自分の欲求を満たす為に必要なお金を稼ぎ出すかはその人次第です。

スポンサーリンク


将来が不安な時

 
生きるのが辛いと感じるのは将来が不安な時です。
自分の将来を想像した時に、不安や恐怖しかない人は生きるのが辛いと感じます。

将来お先真っ暗で、悪い事しか想像できない様な未来では生きている意味が無い、辛いと感じてしまうのは当然でしょう。
どんなに努力したところで、暗い未来しか待っていないのであれば、生きる気力も無くなってしまいます。

将来は誰にもわから無いと言っても、現在の自分から発展させた考えをすれば、ある程度の未来予想は立てられるでしょう。
その時に、将来への不安や恐怖を感じるのであれば、今、どうするべきかを考えましょう。

今の自分が将来へ影響を与えますから、今の自分が変われば将来も変わります。
将来、暗い事しか思いつかないのであれば、一旦将来の事を考えるのは止めて、今の自分について考え直す事が必要です。

 

孤独を感じた時

 
生きるのが辛いと感じるのは孤独を感じた時です。
人は1人では生きて行けません。

どんな人でも、人とのつながりはあります。
その繋がりが、太く、多い物か、細く、少ない物かで生きるのが辛いかどうかの分かれ道なのです。
人との繋がりが太く、多い人は周りにも恵まれ、些細なことではへこたれる事は無いでしょう。

何かあれば周りが助言や手助けをしてくれますし、相談相手も多くいますから様々な意見を聞く事が出来最良の答えを出しやすくなります。

しかし、逆に人との繋がりが細く、少ない人はどうでしょうか。
孤独でいる事が多く、人間関係の煩わしさが無く一見、楽な事の様に思えますが、そんな事はありません。

確かに、人間関係の煩わしさは無いでしょう。
ただ、人付き合いが殆どないと何か自分の身に起きた時に助けてくれる人がいないかもしれないのです。

病気をした時に身の回りの世話をしてくれず、自分一人でやらなければいけません。
人付き合いがあれば、心配して身の回りの世話をしてくれる人がいるかもしれません。

困っている時に、相談相手がいなければ自分一人で答えを見つけ出さなきゃいけません。
この様に、孤独を強く感じる場面に直面すると生きているのが辛いと感じるようになるのです。

スポンサーリンク


人に裏切られた時

 
生きているのが辛いと感じるのは人に裏切られた時です。
信頼している人から裏切られるような行為をされた時に、人は生きているのが辛いと感じるのです。

例えば、多額の金銭を信頼して貸したのに持ち逃げされてしまった。
誰にも話さないと信頼して、自分の秘密を話したのに話されてしまった等、どんな事でも起こりえます。

 

気力がわかない

 
生きているのが辛いと感じるのは生きる気力が湧かない時です。
どんな事に対しても、気力が湧かず自分の生きている意味に対して自問自答した結果生きているのが辛いと感じてしまう事があります。

何もせず、1日が過ぎ去って行くだけの毎日を送っているとこの様な思いを抱く様になります。
だからと言って、何かをする気力も無いので生きるのが辛いと日々悶々としながら、何もせず毎日が過ぎて行くのを耐えているのです。

この様な思いに捕らわれてしまうと、逃げ道がなくなりどんどん追い込まれてしまいますから、精神的にかなり負担がかかり身体を壊してしまう恐れがあります。

 

誰でも生きるのが辛いと考えています。

いかがでしたか?
誰でも大なり小なり生きるのが辛いと考えているものです。
ただ、本気で生きるのが辛いと感じてしまう様になる前に、どこかで息抜きをしましょう。

1つの考えに囚われてしまうとその考えしかできなくなってしまいます。
ですから、生きるのが辛い原因にばかり頭が働く様になってしまう前に、別の事を考えてみるか、原因の打開策を相談してみるかしてみましょう。

そこにはきっと違う道があるかもしれません。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク