気楽に生きる方法5つ

気楽に生きるにはどうすればいいのでしょうか。

先が見えにくい今の時代、できれば心配事を少なくして生きていきたいものです。

しかし、毎日生きていれば、心配事や悩みはどうしても次々と生まれてきてしまいます。

そこで、そのような心配事や悩み事を少しでも減らし、気楽に生きていくためにはどうしたら良いか。

そこで今回は気楽に生きる方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


気楽に生きるコツ

 

自分と他人を比較しないようにする

 

毎日を過ごししていく中、「何か最近、あまり良いことがない」と感じる時期は、誰でもあります。

それだけなら良いのですが、そういう時に限って、

「自分はツイていないのに、周りの人ばかりに幸せが降ってくる」という状況になると、余計に落ち込んでしまいますね。

しかし、そんなネガティブな感情を長く引きずっていると、

毎日の生活がどんどん苦行になっていきます。

そこで、自分と他人を比較することをやめてみると、心がすーっと軽くなっていきます。

隣の芝生というものは、どうしても青く見えてしまうものです。

もしかしたら、一見幸せそうに見える人も、

何か深刻な悩みをひそかに抱え持っているかもしれません。

又、今幸せであっても、いつどこで運命が急展開するかわからないのが人生です。

その法則を知ると、「人間は結局、皆平等にできている」ということがわかります。

だから、自分と他人を比較するということは、全く意味がないことなのです。

自分と他人を比較すればするほど、自分を辛い状況に追い込むことになります。

なので、まずは「人は人・自分は自分」と割り切ることから始めてみましょう。

スポンサーリンク


必要以上に上を目指すことをやめてみる

 
向上心があることは素晴らしいことです。

しかし、収入やステータスを必要以上に気にすると、自分をネガティブな方向に追い込むことになります。

そうすると、自ずといらぬ心配や悩みが増えてきます。

なので、必要以上に上を目指すことをやめてみましょう。

ないものねだりをし始めると、人間はついつい「もっともっと」と欲が出てきます。

それが潜在的なプレッシャーに繋がってしまい、心に余裕がなくなります。

まずは、等身大の自分を知りましょう。

そして、今置かれた自分の状況に感謝しましょう。

ありのままの自分を受け入れるようになると、気楽に生きていけるようになります。
 

感謝をする習慣を身に付ける

 
気楽に生きていくためには、まず自分の足元を見るようにします。

そうすると、「自分は思ったよりも、色々なものを持っている」ということに気がつきます。

それがわかったら、自分が持っているもの・自分に与えられたものに対して、素直に感謝する習慣を付けてみましょう。

「自分がいかに恵まれているか」がわかると、自然に心が満たされ、幸せな気分が持続するようになるのです。

自分に足りないものにばかり目を向けると、ストレスは溜まっていく一方です。

しかし、自分にあるものに目を向けて感謝すると、心がどんどんラクになり、気楽に生きていけるようになります。

感謝の気持ちは、気楽に生きていくための特効薬と言っても良いでしょう。

スポンサーリンク


たまには1人の時間を大事にする

 
「人付き合いがストレスの元」という人が、最近は多いようです。

確かに、常に人と接してばかりいる生活というのは、どうしても気疲れしてしまうものです。

そこで、たまには、たった1人で過ごす時間を大事にしてみましょう。

1日のうちの1時間程度で構いません。

家族や友人とは全く接触せず、自分だけの時間を持つようにしましょう。

そうするとストレスも軽減され、気楽な気持ちが戻ってきます。

又、1人になることで、自分の大切な人たちの有り難味もわかるようになってきます。

1人になって心の余裕を取り戻す習慣を付けると、気楽に生きていけるようになります。
 

何が起きても「なるようになる」と考える癖を付ける

 
人生に困難は付き物です。

しかし不思議なもので、どんな困難な状況も時間が解決してくれます。

そして、どんなつらい問題も、収まる結果に収まるようにできているのもまた、人生です。

まずはこの法則を知ってください。

そして、どんな困難が訪れたとしても、「結局はなるようになるから大丈夫」と考える癖を付けましょう。

まだ何も起きていないうちから、心配したり悩んだりする癖が抜けないままでは、気楽に生きていくことはできません。

取り越し苦労をするよりも、今を精一杯楽しみましょう。

そして、もし何か起きたとしても、いずれは何とかなるものだと考えるようにしましょう。

実際に何とかなるものです。

「なるようになる」「大丈夫」という言葉は、気楽に生きるための魔法の言葉です。
 

気楽に生きる方法は仕事などにも活かせる

 
いかがでしょうか。

気楽に生きるためには、生き方のノウハウ以上に、自分の気持ちの持ち方が大切です。

自分の心を追い込むことなく、今を大切に生きるということが、気楽に生きていくための近道です。

幸せな人生を歩んでいる人は皆、そのことを十分にわかっているのです。

まずは、肩の力を抜き、毎日を楽しんでみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク