転職活動に疲れたときの対処法9つ

転職活動に疲れたとき、もう新しい会社に訪問に行くのも嫌になるかもしれません。そういうときには一体どうしたらよいのでしょうか。

そこで今回は転職活動に疲れたときの対処法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


転職活動に疲れたときの対処法

 

転職活動を一旦休止する

 

転職活動が長くなればなるほど、心にも体にも負担が増していきます。余りに負担が増してしまう事で、いつもの自分自身のパフォーマンスが出せない事にもなりかねません。

無理に活動を続ける事によって、かえって精神的に自分自身を追い込んでしまう可能性もあります。

そのような事態になる前に、疲れを感じた時は、一旦転職活動を休止する勇気を持ちましょう。

仕事にも休日があるように、転職活動にもお休みの日があって良いはずです。ただし、あまり長期間休んでしまうと、転職活動を再開することが億劫になってしまいます。

そのような事にならないように、仕事と同じく1日~2日じっくりと休んで心と体の疲れを癒し、また次の日から新たな気持ちで活動を再開しましょう。
 

転職活動に疲れたときはエージェントや転職経験者の話を聞く

 
転職活動は往々にして孤独な気持ちになりがちです。

孤独を感じてしまう事で心が折れてしまわないようにするためには、自分にも仲間がいる事を意識する事が大切です。

最も仲間意識を感じやすい相手は、自分の気持ちを察してくれる相手、即ち同じく転職活動をした経験のある知人や、転職エージェントではないでしょうか。

自分自身と同じ悩みや経験を持った人の話を聞く事で、自分自身の転職活動の参考にもなり、同じ気持ちを味わった人の存在を認識する事で、自分自身への勇気付けにもなることでしょう。

スポンサーリンク


転職活動に疲れたときの対処法として自分自身を見つめなおす

 
転職活動に疲れてしまった時、無理やり活動を続けていても気持ちはあせるばかりです。

転職活動に疲れを感じてしまった時は、原点に立ち返って自分を見つめ直して見ることも重要です。

転職活動をしたいと思ったきっかけは何だったのか、どのような企業・仕事に転職したいと思ったのか、自分が転職した場合どのような経験やスキルがアピールできるのか?など、転職活動を始めようと思った時に作成した履歴書や、職務経歴書をもう一度作り直すつもりで、原点に立ち返ってみるのです。

このことによって、自分が転職活動を始めようと思った時の気持ちを呼び覚まし、活をいれる良いきっかけになりますし、転職活動に没頭する余り見落としてしまっていた事に気づく事にもなります。

初心忘るべからずの言葉の通り、もう一度初心に立ち返って、冷静に自分を見つめ直す事が、疲れた心に活を入れてくれることでしょう。
 

転職成功者の話を聞く

 
身近な友人や、既に転職済の会社の元先輩など、転職を経験した事がある人の成功体験をひたすら聞くと参考になります。

新しい仕事のやりがいや、転職後の収入アップなど、主に転職して良かった点を話してもらう事で、モチベーションアップに繋がります。

場合によっては、転職活動における良いアドバイスをもらえる事もあるでしょう。

身近に転職経験者があまりいない、というような場合は、ネット上で転職経験者の声を探してみてください。自分以外の人も皆、同じように悩んで乗り越えたのだ、と感じる事で、良い刺激になるはずです。

スポンサーリンク


「目先の会社に受かる事」ではなく、もっと広い視野で、目指す未来を楽しくイメージする

 
転職活動中は、どうしても選考結果に一喜一憂し、不安な気持ちになってしまいます。知らず知らずのうちに、次の会社に受かる事ばかりを考えてしまうケースもあるでしょう。

しかし冷静に考えてみると、転職する事で本当に手に入れたい物は、単純に新しい会社に受かる事ではなく、実際に受かった後の生活や経験、あるいは、もっと先にある成長した自分の姿なのではないでしょうか。

例えば、「今は毎日忙しく生活のほとんどが仕事に占められているけれど、転職したらプライベートをもっと充実させる!」と思っている場合、そのイメージを趣味や合コンを楽しんでいる未来の自分の姿、というところまで膨らませます。

そこで、出会った素敵な人と結婚し、幸せな結婚生活を送ることになるかも…くらいまで、飛躍してイメージしてみてください。

今は妄想の域を出ない内容で全く構いませんので、転職後、自分がどうなっていたいのか、どんな生活を送っているのか、どこまでも楽しく想像してみましょう。

一見ただの現実逃避と思われる方もいるかもしれませんが、「絶対にこうなる!」と強く思えるくらいまで、良いイメージを膨らませる事は、モチベーションアップに繋がります。

また、今後の転職活動において、面接時に話せる内容が、濃くなる可能性も高いです。
 

今の仕事のメリットデメリットを見直す

 
もし、本当に転職活動に疲れてしまったら、今、転職活動を続ける大変さと、現在の仕事を続ける大変さを自分の中で天秤にかけて比較してみると良いです。

もう一度、現在の仕事について見直し、メリット、デメリットを書き出して整理してみます。大抵の場合、その過程で、どうしても譲れない現職のデメリットや、転職活動を決意した理由を見直す事になるでしょう。

そこまで、強い思いが出てこない場合には、最終手段として、一時的にでも転職活動を休憩し、もう少し気持ちが固まるまで、今の仕事を継続するという選択肢も視野に入れる価値があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


転職活動に疲れたときは思いつめないようにする

 
転職活動がなかなかうまく行かず、疲れてしまったというようなときは、決して無理をしないで、少しリラックスをするようにしましょう。

状況によっては早く次の仕事を見つけなくてはいけないという場合もあるでしょう。

そういう時にただがむしゃらに頑張ろうとしても、空回りしてしまう事が多いのです。プライベートで遊びに行ったり、ゆっくりお風呂に入って夜は早めに休むようにしてみる事で、気持ちが落ち込んだり思いつめてしまうという事を防ぐ事ができるのです。

焦っても良い結果にはなりにくいという事を意識して、リラックスできる時間をとって、思いつめないようにしましょう。それがきっと良い結果につながるといえるでしょう。
 

転職活動に疲れたときの対処法として人に話してすっきりする

 
転職活動に疲れたというときに有効な対処法として、人に話すという事があります。

例えば差し障りのない学生時代の友人に、転職がうまくいかないという事を話して、愚痴を聞いてもらいましょう。人に話してみたり愚痴を聞いてもらえるだけで、意外とすっきりするものです。

その時に気をつけたいのは、話を聞いてもらう相手に、あらかじめ転職で疲れて少し話を聞いて欲しいと伝えておく事です。

もしかしたら相手も何か大変な状況かもしれませんから、その辺には配慮しましょう。

また、あまりズバズバと指摘するタイプの友人も、話を聞いてもらう際にいろいろ言われてかえって落ち込むかもしれません。そういうタイプではない、黙って話を聞いてくれるような相手を選ぶようにしましょう。
 

転職の必要性を考えてみる

 
転職に疲れてしまったときは、どうして転職をしようと思ったのか、転職する事が本当に必要なのかという事をもう一度考えてみましょう。

例えば今勤めている会社の給料が低いという事なら、急いで転職をするという必要がありません。

今の勤務先に勤めながら、新しく就職したい職種や企業に必要となる資格を取ったりキャリアを積んだりして、自分自身のビジネス力を高めるようにしましょう。
 

転職活動に疲れたときは無理をしないこと

 
いかがでしょうか。

以上、転職活動に疲れたときの対処法とは何かという事をお伝えいたしました。

転職活動に疲れを感じたときには、少し立ち止まって休憩したり、もう一度どうして転職をしようと思ったのかという事を考え直してみるという事が大切です。

そうする事で、より無理のない転職活動が出来る事でしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク