優しい人の特徴5つ

あなたは優しい人になりたいと思った事はありますか?

周囲から見て厳しい人よりも優しい人の方が人間関係も円滑に進みますし、人も集まって来やすくなるので優しい人になりたいと考える人は少なくありません。

実際に優しい人になりたいと考えてもどうやって優しい人と思われる様になればいいのか。

優しい人の特徴を読んで優しい人にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク


優しい人の特徴

 

イライラしない

 
優しい人の特徴はイライラしません。
正確にはイライラしても周りにその雰囲気を悟らせません。

人間ですからイライラする時や腹の虫の居所が悪い時もあるでしょう。
しかし、優しい人はそんな時でも周囲に悟らせません。

他人から見て「この人イライラしているな」と読み取れるのが表情、言動、態度です。
怒っているような表情を表に出していたり、何でもない事を言っているのに語気が荒くなったり、荒々しい態度を見せたりと「自分は今イライラしてます」と言った雰囲気を優しい人は見せないのです。

どんな時も穏やかで、ニコニコしている人である事が優しい人には求められます。
感情のコントロールがとても重要なのです。

 

気遣いが出来る

 
優しい人の特徴は気遣いが出来ます。
相手の様子を見て「今、こうして欲しいんだろうな」と言うのを読み取り自分から声を掛けて行きます。

相手にとってかゆい所に手が届く存在になると、この人は優しい人だと思われるのです。
例えば、友人の表情が暗い時に「どうしたの?表情暗いけど何かあった?」この一言でも十分効果はあるでしょう。

そこで、友人が「実は・・・」と理由を話してくれるかもしれませんし、「何でもないよ放っといて」と言われてもいいのです。

理由を話し始めれば親身になって聞いてあげればいいです。
しかし、放っといてと言われたら素直に触れないで上げましょう。
ここでしつこく聞き出そうとするのはただのお節介です。

優しさのあまりお節介をしてしまうと逆に相手からの印象は悪くなってしまいます。
誰しも触れられたくない事はありますから「何か困ってるならいつでも話してね」位でその会話は打ち切って触れない事もまた優しさなのです。

スポンサーリンク


相手の立場になって話が出来る

 
優しい人の特徴は相手の立場になって話が出来ます。
相談事を持ちかけられた時に、「あなたの考えは間違っている」「こうしないとダメだよ」等、自分の意見を前面に押し出して相手の立場に立って物事を考えられないのは優しさとは言えません。

相談事をしてくる人への対応はまず、相手へ同意を示す事が大切です。
「あなたの言っている事は正しい」「あなたの意見はもっともだ」まずは同意する事です。

そして相手の言い分を最後まで聞く事も大切な事です。
相手の意見も聞かずに話を遮ってしまえば、相談している人は「話を聞いてくれない人だから相談するのは止めよう」と考えてしまいます。

相談事の主役は自分では無く相手である事、そして相手の意見を尊重する事から始まります。
どんなに自分の意見を言いたいと思っても、初めは黙って聞きましょう。
そして、相手の意見に同意する事です。

話を聞き終わった時に、相手に同意をして最後にアドバイスとして「自分ならこんな方法を試す」「自分ならこんな風に言ってみる」等、相手に「こうしなさい」ではなくこんな方法もあるよ程度のアドバイスをするのがいいでしょう。

こうすると相談者側は話も聞いてくれたし、アドバイスもして貰えたと満足してくれます。
あくまでも最終決定は相談者に投げてしまい、その場で結論を出す必要はありません。

これを繰り返すと何でも聞いてくれる優しい人になります。

 

叱るタイミングを間違えない

 
優し人の特徴は叱るタイミングを間違えません。
優しい人は怒らないと思われがちですが、怒らない人はただの良い人です。

普段優しい人が叱る時ほどその効果は大きくなります。
しかし、叱るタイミングを間違えてしまっては全く意味がありません。

優しい人が叱るタイミングとして、様々ですが、一般的なのが人様に迷惑をかけた時、命の危険を感じた時が挙げられるでしょう。

接客業であれば、会社の売り上げが上がらず叱責する上司よりも、お客様に対して迷惑を掛けてしまった時に叱責する様な上司の方が部下からの信頼も厚くなります。

子育てであれば、子供がどんな事をしても普段は怒らないけれど、子供が命に関わる様な行為をした時に怒る親の方が子供もこれは絶対にやってはいけないと身に染みて分かるのです。

この様に優しい人でも全く怒らない訳では無く怒るタイミングをしっかりと抑える事が大切です。

スポンサーリンク


都合のいい人

 

優しい人の特徴は都合のいい人です。

都合のいい人と言われると印象は少し悪くなってしまいますが、どんな時でも何でも頼みやすい人、頼られる人が優しい人です。

人から頼られるのは優しい人の特徴でしょう。

困った時、悩んでいる時に「あの人に聞いてみよう」「あの人なら何とかしてくれるかも」と咄嗟に名前が出てくる人は優しい人です。

言い換えれば何でもやってくれそう、解決してくれそうな都合のいい人です。

よく人が良いと言いますが、それが優しい人の特徴なのです。

 

優しい人になるためには

 

いかがでしたか?

優しさと言ってもとても幅広く優しさを定義するのは難しいのですが、

概ね今回書いた事をしていれば、周りから優しい人だと思われる事でしょう。

優しさにおいて大切な事は、

自分の行動で相手が気持ちよく笑顔になる事を目指していれば自然と優しい人だと思ってくれます。

自分の事ばかり考え相手の事を考えずにいると、

周りから自分勝手だと思われてしまう事の逆ですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク