優しい人の特徴5つ

あなたは優しい人になりたいと思った事はありますか?

周囲から見て厳しい人よりも優しい人の方が人間関係も円滑に進みますし、人も集まって来やすくなるので優しい人になりたいと考える人は少なくありません。

実際に優しい人になりたいと考えてもどうやって優しい人と思われる様になればいいのか。

優しい人の特徴を読んで優しい人にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク


優しい人の特徴

 

イライラしない

 
優しい人の特徴はイライラしません。
正確にはイライラしても周りにその雰囲気を悟らせません。

人間ですからイライラする時や腹の虫の居所が悪い時もあるでしょう。
しかし、優しい人はそんな時でも周囲に悟らせません。

他人から見て「この人イライラしているな」と読み取れるのが表情、言動、態度です。
怒っているような表情を表に出していたり、何でもない事を言っているのに語気が荒くなったり、荒々しい態度を見せたりと「自分は今イライラしてます」と言った雰囲気を優しい人は見せないのです。

どんな時も穏やかで、ニコニコしている人である事が優しい人には求められます。
感情のコントロールがとても重要なのです。

 

気遣いが出来る

 
優しい人の特徴は気遣いが出来ます。
相手の様子を見て「今、こうして欲しいんだろうな」と言うのを読み取り自分から声を掛けて行きます。

相手にとってかゆい所に手が届く存在になると、この人は優しい人だと思われるのです。
例えば、友人の表情が暗い時に「どうしたの?表情暗いけど何かあった?」この一言でも十分効果はあるでしょう。

そこで、友人が「実は・・・」と理由を話してくれるかもしれませんし、「何でもないよ放っといて」と言われてもいいのです。

理由を話し始めれば親身になって聞いてあげればいいです。
しかし、放っといてと言われたら素直に触れないで上げましょう。
ここでしつこく聞き出そうとするのはただのお節介です。

優しさのあまりお節介をしてしまうと逆に相手からの印象は悪くなってしまいます。
誰しも触れられたくない事はありますから「何か困ってるならいつでも話してね」位でその会話は打ち切って触れない事もまた優しさなのです。

スポンサーリンク


相手の立場になって話が出来る

 
優しい人の特徴は相手の立場になって話が出来ます。
相談事を持ちかけられた時に、「あなたの考えは間違っている」「こうしないとダメだよ」等、自分の意見を前面に押し出して相手の立場に立って物事を考えられないのは優しさとは言えません。

相談事をしてくる人への対応はまず、相手へ同意を示す事が大切です。
「あなたの言っている事は正しい」「あなたの意見はもっともだ」まずは同意する事です。

そして相手の言い分を最後まで聞く事も大切な事です。
相手の意見も聞かずに話を遮ってしまえば、相談している人は「話を聞いてくれない人だから相談するのは止めよう」と考えてしまいます。

相談事の主役は自分では無く相手である事、そして相手の意見を尊重する事から始まります。
どんなに自分の意見を言いたいと思っても、初めは黙って聞きましょう。
そして、相手の意見に同意する事です。

話を聞き終わった時に、相手に同意をして最後にアドバイスとして「自分ならこんな方法を試す」「自分ならこんな風に言ってみる」等、相手に「こうしなさい」ではなくこんな方法もあるよ程度のアドバイスをするのがいいでしょう。

こうすると相談者側は話も聞いてくれたし、アドバイスもして貰えたと満足してくれます。
あくまでも最終決定は相談者に投げてしまい、その場で結論を出す必要はありません。

これを繰り返すと何でも聞いてくれる優しい人になります。

 

叱るタイミングを間違えない

 
優し人の特徴は叱るタイミングを間違えません。
優しい人は怒らないと思われがちですが、怒らない人はただの良い人です。

普段優しい人が叱る時ほどその効果は大きくなります。
しかし、叱るタイミングを間違えてしまっては全く意味がありません。

優しい人が叱るタイミングとして、様々ですが、一般的なのが人様に迷惑をかけた時、命の危険を感じた時が挙げられるでしょう。

接客業であれば、会社の売り上げが上がらず叱責する上司よりも、お客様に対して迷惑を掛けてしまった時に叱責する様な上司の方が部下からの信頼も厚くなります。

子育てであれば、子供がどんな事をしても普段は怒らないけれど、子供が命に関わる様な行為をした時に怒る親の方が子供もこれは絶対にやってはいけないと身に染みて分かるのです。

この様に優しい人でも全く怒らない訳では無く怒るタイミングをしっかりと抑える事が大切です。

スポンサーリンク


都合のいい人

 

優しい人の特徴は都合のいい人です。

都合のいい人と言われると印象は少し悪くなってしまいますが、どんな時でも何でも頼みやすい人、頼られる人が優しい人です。

人から頼られるのは優しい人の特徴でしょう。

困った時、悩んでいる時に「あの人に聞いてみよう」「あの人なら何とかしてくれるかも」と咄嗟に名前が出てくる人は優しい人です。

言い換えれば何でもやってくれそう、解決してくれそうな都合のいい人です。

よく人が良いと言いますが、それが優しい人の特徴なのです。

 

「優しい人が好き」という女性の本音

 

面倒なことはすべて人任せにしたい

 

「優しい人が好き」という女性の本音は、面倒なことは人任せにしたいということもあります。

優しい人であれば多少面倒だと思うことも快く引き受けてくれるようなことがありますし、自分が何もやらなくても済んでいくようなこともあるでしょう。

ですから自分は楽をしたいという意味で、優しい人が好きだと言っていることもあるものです。

また、優しい人であれば喧嘩をするようなこともなく、穏やかに付き合えることも多いでしょう。

些細なことで喧嘩するようになってしまったり揉め事が良く起きてしまうような人であれば精神的に面倒だと感じるようなことも多くなってしまうので、優しい人としか付き合いたくないというようなこともあります。

優しい人が好きというのは面倒なことはできるだけ避けたいということにもつながるでしょう。

スポンサーリンク


優しくない人とかかわって大変な目にあったことがあるから避けたい

 

「優しい人が好き」という女性の本音の中には、過去の苦しみがあることもあります。

過去に優しくない人と付き合っていて苦労したことがある人や、大変な目にあったことがあるような人は、そういった出来事を二度と起こしたくないということで優しい人が良いと言っていることもあるでしょう。

優しい人であればなんでもなく過ぎていくようなことも、気性が激しい人であればトラブルになってしまうようなこともあるものです。

ですから過去の経験から優しい人が良いと言っていることもあるものです。

また、優しい人であれば周囲にいる友達も優しい人であることが多いですし、価値観も似ている人が集まっていることもあるでしょう。

周りにいる人とも穏やかに過ごすことができそうだということで優しい人が良い場合もあります。

 

自分の我がままを許してもらえるから

 

優しい人が好きだという理由の中には、自分の我がままを聞いてもらえることが多いということも当てはまるでしょう。

自分はわがままではないと思っているような人でも、人から見ればわがままで、いつの間にか自分の周りに人がいなくなってしまうことというのもあるものです。

ですから優しい人であれば自分のそういったわがままな点も受け入れてもらえるのではないかということで優しい人が好きだと言っているようなこともあるでしょう。

また、わがままだとわかっていても、わざとわがままを言って相手を困らせたいという人もいるものです。

自分のわがままを聞いてもらえることで自分のすべてを受け入れられているかのように感じる人もいるので、自分のわがままを許してほしいから優しい人が好きだということもあるものです。

スポンサーリンク


頼るよりも頼ってほしいから

 

「優しい人が好き」という女性の本音は、頼るよりも頼られたい、ということがあります。

女性だから頼りたいと感じる人も多いですが、女性でもたくましい人や自分に自信がある人などは頼るよりも頼られたいと思うこともあるでしょう。

優しい人であれば優しいゆえに他人に利用されたり良くない方向に向かってしまうこともあるので、そういった優しい部分を利用されないように自分が守ってあげたいということもあるものです。

また、女性でも童顔の人は守ってもらうことのほうが多いこともありますが、守ってもらうことに慣れてしまって、今度は自分が守りたいということもあるものです。

優しい人が好きだというのは頼るよりも頼ってほしいから、ということもあるでしょう。

頼られたい系の姉御肌の女性は頼られたいことも多いものです。

 

優しい人が損をする理由

 

自分が悪くなくても謝ってしまうから

 

「ごめんね」と謝られて、悪い気のする人はあまりいないでしょう。

ですが謝る本人が悪くない場合は話が別です。

決して悪いことをしたわけでもないのに無意味な謝罪を繰り返すと、場合によっては相手をイライラさせてしまう原因となります。

そして優しい人というのは他人の気持ちを思いやるばかりに、謝り癖がついていることがよくあります。

謝る理由に心当たりはないにもかかわらず、他人とのもめごとを避けたいがために、自ら折れてしまうのです。

ですが理由もなく謝られても相手はわけが分かりませんし、逆にナメられてしまうことにもなります。

優しい人が損をするのはこのようにすぐ自分が謝ってしまうためで、その結果、周りに軽く見られてしまったり、あるいは謝っている内に実際自分が悪いのではないかという思い込みによって、ネガティブな思考に陥ってしまうのです。

スポンサーリンク


自分より他人を優先してしまうから

 

優しい人というのは、他人のために率先して動くことのできる人です。

人は誰だって自分が大事なものですが、優しい人はそんな自分を後回しにしても他人の力になることができるのです。

これは素晴らしいことですし、決して短所ではありません。

ただ時にはその優しさで損をしてしまうことがあるでしょう。

例えば優しい人は他人の気持ちを思いやるがゆえに自己主張ができず、つい周囲の意見に自分を合わせてしまいがちです。

まためったに怒るということをしないので、他人から怒りの矛先を向けられても言い返せないまま、自分が我慢してしまうこともあるはずです。

そして周囲からは優しいから何を言っても怒らない、良い人という評価を得るのですが、結局は良い人止まりでそれ以上の評価がありません。

良い人だけど、ただそれだけといったまるで空気のような扱いになってしまうのです。

 

人に頼ることができないから

 

優しい人はその穏やかな性格ゆえに、他人から頼られることはしょっちゅうあります。

そして頼られたら出来る限り、その人の力になってあげようと動きます。

ですが優しい人は自分が頼られることはあっても、他人を頼ることが苦手です。

それは相手の都合や気持ちをまず先に考えてしまい、自分が頼ることで相手に迷惑をかけたらどうしようとか相手の負担になってしまうのではという不安や恐れを抱くからです。

周囲が困っている時には率先して手を差し伸べるのに、自分が困っている時には周囲を頼ることができず、その結果、一人で頑張り過ぎてしまうことになるのです。

ですからどうしても優しい性格の人は、損をしてしまうことが多くなります。

優しすぎるがゆえに相手の立場になって物事を考えてしまい、素直に頼ることを躊躇してしまうのですから。

スポンサーリンク


騙されやすい性格だから

 

基本的に優しい性格の人は、素直ですぐに人を信じてしまう傾向にあります。

他人を疑うことは相手に失礼だし、ましてやそれが自分の知り合いならなおさらです。

ですから一度でもお世話になった相手に対しては義理を欠くことはありません。

このこと自体はもちろん良い事ですし、義理堅ければそれだけ周りからも信用されます。

ですがその反面、知り合いから頼まれごとをされるときっぱり断れず、いくら内心では嫌だと思っていても引き受けてしまうことになるのです。

これは相手にはっきり悪意がある場合でも断り切れない場合が多々あるので、結果的に騙されてしまったり損をしてしまったりすることになります。

例えば何かの勧誘やセールスなども、相手の話を聞いてあげなくてはといった気持からいつの間にか契約をしていたなんて羽目になりがちです。

 

優しい人になりたい人がやるべきこと

 

自分の考えを明確に持とう

 

普段の生活の中で、自分の意見をはっきりと言う機会は少ないかもしれません。

意見を言う機会が少ないと、自分の考えを説明することが減るでしょう。

相手に自分の考えを伝えるためには、自分の考えを明確に持つ必要があります。

自分がどのような人間なのかを知らないと、他者に説明するのは困難です。

何を考えているかわからない人とは、付き合うのが難しいので、自分の価値基準を持つようにしてください。

自分の価値観が明確にわかるようになると、他の人も付き合いやすくなるでしょう。

考えを明確にしてくれない人とは、付き合うときに不安になります。

優しい人になりたいなら、まずは周りの人が安心して付き合えるように、自分の考えを伝えてください。

周りの人が落ち着いて付き合える人から目指すといいかもしれません。

スポンサーリンク


他の人にも好みがあることを理解しよう

 

自分の考えを持っている人は、他の人にも好き嫌いがあることを知っているでしょう。

価値基準が似ている人もいれば、そうでない人もいます。

他の人が自分と同じ価値観を持っているとは考えないようにしてください。

相手はどのような考えを持っているのか、自分と一緒の部分はどこか調べるようにすれば、相手との関係が良好なものになるでしょう。

自分と同じ考えの人しか存在しないと考えていると、人を不快にしてしまうことが珍しくありません。

優しい人を目指すなら、他者を理解しようとする心を持ってください。

相手が好むものを提供することが、優しい人に近づくコツです。

いろいろな人の好みを知ることで、自分との価値観の違いに気づくでしょう。

多くの意見に触れ、自分とは考えの違う人と出会うことで、周りの人に優しく接することができます。

 

相手の基準で考えよう

 

物事を考えるとき、自分の基準で判断してしまうことは多いです。

とくに他の人にアドバイスするとき、自分の価値基準で考えてしまい、相手を怒らせることもあるかもしれません。

全く同じ考えの人というのは少ないため、相手の好みも考えてください。

最初から相手の基準で考えられる人はいないので、少しずつうまくなるといいでしょう。

自分の好みを把握してアドバイスをくれる人は、好かれる傾向にあります。

相手のことを思いやる人は、優しいと言われることが多いでしょう。

思いやりとは、相手を喜ばせたいという気持ちから生まれます。

優しい人になりたいなら、相手を喜ばせることを目標にしてください。

人を喜ばせたいと考えることが、優しさを手に入れるスタートかもしれません。

相手が喜ぶものは何か、考える癖をつけましょう。

スポンサーリンク


優しさとは何か答えを見つけよう

 

優しい人を目標にしていても、優しさとは何なのか答えられない人もいるかもしれません。

自分では優しさだと思っていても、他の人から違うと言われることもあるでしょう。

周りの人に自分の考える優しさを否定されると、悩んでしまうこともあるかもしれません。

相手を喜ばせようと思うことは大切ですが、それが行き過ぎると相手に嫌われないための方法になってしまいます。

自分の考える優しさに迷いが出たら、人に優しくする理由を考えてください。

誰かに好かれるためにするのか、それとも相手を助けるために行うのか。

相手が間違ったことをしようとしたとき、正しい道に戻すために相手の考えを否定できるか考えてください。

優しさを追求すると、相手の意見を否定することが悪なのか悩むでしょう。

間違った相手を否定する勇気を持つことが、優しい人に近づく最大のコツです。

 

優しい人になるためには

 

いかがでしたか?

優しさと言ってもとても幅広く優しさを定義するのは難しいのですが、

概ね今回書いた事をしていれば、周りから優しい人だと思われる事でしょう。

優しさにおいて大切な事は、

自分の行動で相手が気持ちよく笑顔になる事を目指していれば自然と優しい人だと思ってくれます。

自分の事ばかり考え相手の事を考えずにいると、

周りから自分勝手だと思われてしまう事の逆ですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク