職場の意地悪な人の特徴や心理6つ

あなたの職場には意地悪な人はいるでしょうか。

意地悪な人が職場に一人でもいると、敵対したりして、一体感がなくなってしまいます。

これではチームワークどころでなく、仕事も楽しいと感じることはありません。

では、意地悪な人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

そこで今回は職場にいる意地悪な人の特徴や心理をご紹介しますので、ぜひあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


職場の意地悪な人

 

意地悪な人は仕事の足を引っ張る

 
職場にいる意地悪な人というのは、大体において仕事ができない人が多いでしょう。

仕事ができる人というのは、人に意地悪をしている暇などはありません。

それに対して意地悪をするような人というのは仕事ができず、そのため職場で他の人が仕事ができる場合や頑張っているような時、わざわざ邪魔をするような仕事を振ってきたりします。

こちらが納期に合わせて仕事を必死にこなしているのに、今やらなくてもいいような在庫の整理をしようと言ってきたり、コピー取りや買い出しといった雑用を頼んできたりします。

その仕事を本当に手伝ってもらいたくて言ってくるのではなく、単に仕事を頑張っている人が妬ましいだけなのです。

仕事がうまくいきそうな時や忙しい時、意地悪な人にはその様子を気づかれないようにした方が、仕事をスムーズに進める事ができるでしょう。
 

意地悪な人は職場で悪口を言う

 
職場で意地悪な人というのは性格がよいとは言えず、そのため仕事の場である職場でも、暇があれば仕事や職場の人間の悪口を言うという事があります。

本来は勤務中は仕事に集中すべきですが、心根が曲がっているので、自分が目につく相手や不満などを、ところ構わず悪口という形で他の人に伝えて憂さを晴らしたりするのです。

そういう時、うかつにあなたも悪口を言わないようにしましょう。

意地悪な人は、自分から話した悪口を、別の人には「○○さんが話していた」と、あたかもあなたが悪口を言いだしたような口ぶりで伝えるという事があるのです。

職場で意地悪な人が悪口を言ってきたな…と思ったら、さりげなく話題を変えるか席を立つようにしましょう。

スポンサーリンク


無理難題を言ってくるのも意地悪な人の特徴

 
職場において意地悪をするような場合、仕事に絡む意地悪というのが多いでしょう。

職場に意地悪な人がいる場合、本来はあなたが手伝う必要がない仕事のヘルプを求められたり、立場が上だと「この仕事はあなたには無理」といった感じで仕事から外されるという事もあるでしょう。

相手の言ってくる内容があまりにも不適切な場合は、上司に相談したり少し距離をとったりしましょう。
 

意地悪な人は暇人で鈍感

 
意地悪な人は、することがなく、暇な人なので他の人がすることを異常に気にします。

よって、過剰に干渉してくるので意地悪な人、というレッテルを貼られます。

能力が低いため、人を見ることができる上司の場合、そうした人には仕事の責任を与えません。

ですから、意地悪な人は手持ち無沙汰です。

自分はたいしたことをしていない、棚に上げて他人のことは色々注意してきます。

でも、自分は能力がある、できる、と勘違いをしているので、決して暇人だなんて本人は微塵にも思ってはいません。

それどころか、自分はよく気がつく、あなたはなぜ気づかないの、鈍感ね、仕事できないのね、と余計なことまで言ってきます。

そして一層、嫌われます。

悪循環ですね。

ある意味、鈍感で空気が読めなく、マイペースなのが意地悪な人の特徴です。

スポンサーリンク


意地悪な人は寂しん坊

 
意地悪な人は実は寂しん坊です。

誰も相手にしてくれないので、余計意地悪なことをして人の関心を引きたがります。

注意を集めたいのです。

逆効果であることに気づきません。

気にかけて欲しく、認めて欲しいので意地悪し続けます。

痛いですよね。

でも、誰も相手にしません。

さらに意地悪はヒートアップしてとどまるところを知りません。

もう、誰も周りにいなくて嫌煙されてるのに、気づかないのです。

よって、友達も少なく、独り者です。

そして、それをさらに売りにしてくるツワモノもいます。

自分で自分の首を絞めています。
 

意地悪な人は井の中の蛙

 
意地悪な人は他の世界を知りません。

自分のいる場所しか知らないのです。

意地悪な人にとって、存在している世界は、今自分がいるところだけです。

何も他のことを知りません。

自分が世界の基準なのです。

自分の物差しからはみ出る人は、受け付けません。

そんな人は存在してはならない、おかしい、変、と決めつけます。

すべて、自分が中心で、自分の脳みその中に入っていないことはあり得ないこと。

決して容認しません。

フレキシブルという言葉は存在しません。

嫌味、やっかみ、嫉妬をあらわにするのも特徴です。
 

意地悪な人が職場にいても相手にしないようにしよう

 
いかがでしょうか。

今回は、職場にいる意地悪な人の特徴についてお伝えしました。

意地悪な人というのは、仕事に集中していない、ある意味仕事ができない人とも言えます。

そういう相手にはできるだけかかわらないようにして、仕事のペースを乱さないようにする事が大切です。

どうしてもコミュニケーションを取らなければいけないという状況であれば、程よくスルーするが大切です。

また、あなたに対して意地悪をしてくるようであれば、周りの人間を味方につけて、意地悪しにくい環境を作ってしまうのも効果的でしょう。

わざわざ意地悪する人の心理や理由などを理解する必要は一切ありません。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク