目立つ人の特徴・見た目・雰囲気と目立つ人になるには?

目立つ人とは、人から自然と注目を集めてしまうような人のことです。

本人は何も考えずにやっていて目立つケースもありますが、人目を引くような行動をしてわざと注目を浴びるようなケースもあります。

多くの人が望むのはやはり前者の普段の自分を見てくれた上で目立ちたいというものでしょう。

そのためにはまずあなた自身の行動や立ち振舞い、雰囲気や見た目を変える必要があります。

そこで今回は目立つ人の特徴・見た目・雰囲気についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

また、目立つ人になるにはどうすればいいのか、その方法についても触れていますので、それを今後に活かしてみましょう。

【目次】

スポンサーリンク

目立つ人の特徴

 

自分に自信を持っている

 

目立つ人は、自分に自信を持っていて、失敗や問題を恐れることなく行動に出れるという特徴を持っています。

その人の中には「やってみないと分からない」「ダメだったらその時考えれば良い」という楽観的な考え方が存在し、自分自身に自信があるからこそ行動できると言えます。

例えば誰もが「これは失敗するだろう」と思うことであれば、失敗を恐れて自分から率先して行動しようとはしないもの。

周りの雰囲気を見たり先に行動する人の様子を見てから勇気や覚悟を持ったり、対策してから望むことでしょう。

しかし自分に自信を持っている人は、周りの考えや行動に影響されるのではなく、「とりあえずやってみよう」と前向きに考えることができるため、困難なことであっても先頭に立って行動をし始めます。

誰よりも先に行動する姿、失敗を恐れない姿に、周りは「あの人すごい」と存在が目立つようになっていくのです。

目立つ人には自分への自信があり、先頭に立って行動する勇気や覚悟があります。

くよくよと悩んだり周りの様子を伺う時間がもったないとすら思うその行動に、すごさを感じ目立って見えるのでしょう。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力が高く幅広い交友関係がある

 

幅広い交友関係がある人も、目立つ人の特徴でしょう。

コミュニケーション能力が高いゆえに誰とでも合わせることができたり、会話を広げることができたりと、相手と親しくなったり深くなるまでに時間がかからない人。

学生時代のように、何か悪さをして目立つとか、大きな声で目立つといった皆に与える印象を強くする行動を取りいれるのではなく、大人になり社会人となると、交友関係の広さから目立つパターンが多く見られます。

交友関係が広がれば広がるほど、当然知識や情報は多くなり、その人が持つ会話のネタの量も変わってきます。

例えばしょっちゅう連絡が入っていたり、歩けば知り合いに多く会ったり、プライベートの予定がびっしりと入っている人は、周りから一目置かれる存在です。

誰からも好かれている、人気があるという様子から、羨ましく思われたり、近付きたいと思われたりと、少しずつ目立っていくようになります。

誰にでも合わせられるコミュニケーション能力がある人は、幅広い交友関係を作ることができ、忙しいくらいのプライベートを送っています。

目立つ存在になりたい人は、まず自身のコミュニケーション能力を高めてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

周りの評価や目を気にしない

 

目立つ人には、周りの評価や目を気にしないといった特徴も見られます。

良い意味で目立つ、悪い意味で目立つ、どちらにしても、周りの評価や目を気にしていないから目立つ存在になっていると言うことができます。

目立つことを恐れる人は、「こうやったら周りに悪く思われる」「こんなことしたら変な目で見られる」と、つい周りの評価や目を気にしてしまい行動に移せないものですが、目立つ人はその意識が低いため、結果的に行動力が高いのです。

思い立ったらすぐに行動してしまう、周りからどう思われるかまで考えないといった特徴があり、目立っている自覚がないケースが多いのです。

日本人には周りの評価や目を気にするタイプが多いため、余計にこうした人が目立って見えてしまいます。

「勇気あるな」「よくそんなことできるな」「自分だったらできないな」と思えることをして見せるため、目立って感じるのでしょう。

逆に言えば、周りの評価や目を気にしている人は、いつまで経っても目立つ存在になれず、周囲に同化したまま。

目立ち存在になりたければ、周りのことを気にせず自分の思った通りに行動すれば、目立つ存在になるかもしれません。

スポンサーリンク

目立つ人の見た目や雰囲気

 

長身でスタイルと姿勢が良い

 

雑踏の中に紛れていてもなぜか遠くからでもとても目立つ人は、身長が平均よりも高く、そしてスタイルと姿勢が良いという見た目をしています。

身長が高いことで他の人よりも目を引きやすく、そこにスタイルの良さが加わることで更に人目を惹く人になっているのでしょう。

目立つ人になる上で、スタイルの良さはとても重要です。

スタイルが良いということは頭や顔が小さめである、首が長い、細身の体型をしている、手足が長いということが最低限の条件となります。

長身でスタイルが良いと、容姿の良い悪いは関係なく、なぜか目を離せない目立つ存在になるのです。

また、もう1つ大切な目立つ人の見た目の条件が、姿勢が良いという点です。

身長が高くスタイルの良い人が猫背であれば、悪目立ちしてしまうでしょう。

しかしピンと伸びた背筋であれば、たちまち良い意味で目立つ人となるのです。

長身、スタイルが良い、そして姿勢が良い人がなぜ目立つ人になるのかは、ファッションモデルを観察することで良く理解できるでしょう。

ファッションモデルは、目立つ人の条件を兼ね備えているからこそ個性的な服さえも着こなせているのです。

スポンサーリンク

堂々としている

 

目立つ人は常に自分の意見、そして行動に自信をもっているために、とても堂々としています。

自分は間違ったことを言っていないし、間違った行動をしない、自分はいつでも正解であると思っているからこその自信です。

自信があると、他人からの視線や言葉、評判を気にしてオドオドと怯えたような態度になることもありません。

周囲の人が思わず「この人の言うこと、することは全て正解である」と感じるくらい、どっしりと構えていられます。

不測の事態が起きたとしても慌てず、騒がず、落ち着いて冷静な行動と発言ができるのも、自分に自信がある所以でしょう。

自分に自信がある人が目立つのは、その行動や態度、発する言葉により周囲に対して「逆らえない」、「従った方がいい」と思わせることができるからです。

周囲の人が目立つ人に従うからこそ、目立つ人はその中で目立つ存在として確立されるのでしょう。

ここで大切なのは、目立つ人は決して周囲の人を自分に従わせよう、逆らえないようにしようと思っていないことです。

ただただ自分に自信をもって生きているだけ、しかしそれはなかなか出来ないことだからこそ、周囲は従い、目立つ人ができあがるのです。

スポンサーリンク

人と違う考え方、生き方であることがオーラで伝わる

 

目立つ人は自分だけの世界をもっていて、その中で生きています。

人とは違う考え方、価値観をもっているからこそ、人とは違った意見を言ったり行動ができたり、特別感のある生き方ができるのでしょう。

目立つ人は自分と人は考え方が違うだとか、自分は誰よりも特別な存在、自分は変わっている人間だなんて一切思っていません。

それどころか、「自分は周りと同じ平凡な人間であり、他の人と変わっている部分なんてない」と思っていますし、目立っている自覚は一切ありません。

目立つ人はただ単に自分の思い描く世界の中で、自分のしたいように、そして自分の好きなように生きているだけなのです。

しかしその「自分のしたいように好きなように生きている」という部分こそが、周囲から飛び抜けて目立つ人になっている要因だと考えられます。

人は皆自分のしたいようにしたい、好きなように生きたいと思っていてもそれができず、どこか妥協して生きています。

目立つ人はそうしたしがらみから解き放たれ、自由な雰囲気をもっているからこそ、周囲の人から「羨ましい」と思われ、目立つのです。

自由な雰囲気はそう簡単に作り出せるものではありませんが、目立つ人は自然とそれができています。

スポンサーリンク

目立つ人になるには

 

自分の存在をアピールすること

 

目立つ人になるためには、まず周りから注目を浴びるようにならなければなりません。

人から注目される機会を多くするために、自分の存在を少しずつアピールしていく必要があるでしょう。

例えばハキハキとした話し方でできるだけ大きな声で話してみる、積極的な行動を心掛ける、様々な人に話しかけて交友関係を広げるといったように、周りから見られるような言動を心掛けるだけでも、目立つ人になっていくものです。

優秀な成績を残したり、他の人ができないことをして注目を浴びるという目立ち方は、時間と努力が必要であり、すぐに目立ちたいという思いは叶えることが難しいもの。

人から見られる機会を増やす、注目を浴びる行動をするといった簡単なところから取りいれてみれば、今すぐにでも目立つことができるでしょう。

ただし、噂話や陰口を大きな声で話したりと幼さが感じられる行動には注意したいものです。

その目立ち方が「あの人と関わりたくない」「普通の人と違う」という見られ方となってしまっては、マイナスイメージを持たれかねないため、大人な行動の中に目立つ行動を取りいれてみるようにしましょう。

スポンサーリンク

何か一つを究めてみる

 

目立つ人になりたいのであれば、何か自信を持てること、他の人との違いを持つことが必要となります。

あなたに趣味があったり得意なことがあれば、それを究めてみるというのも目立つ人になるための努力です。

皆と同じレベルにとどまって満足するのではなく、その上を目指し努力・行動してみること。
一般的ではないレベルになれば、自然と目立つ存在となることでしょう。

例えば電車に乗ることが好きであれば電車の構造まで深く追求してみる、音楽が好きであれば曲を作ってみるなど、趣味レベルからもっと究めてみるのです。

周りが「そんなこと知ってるの?」「初めて知った」と思われる機会が多くなればなるほど、あなたには「普通の人」という感覚がなくなっていきます。

確かに多くの知識や情報を持っている人はそれだけで目立つ存在になりますが、不器用な人や交友関係が狭い人にとっては難しいもの。

ただ、何か好きなものを一つ選んで究めることであれば、自分のやる気も維持できることでしょう。

好きなもの、興味あるものから一つだけ選び、誰にも負けないくらい究めてみると、それだけでも目立つ人になることができるでしょう。

スポンサーリンク

個性を恐れないで出すこと

 

個性を出すことは、「空気が読めない」「協調性がない」と思われかねない行動になるため、どうしても遠慮してしまう、控えてしまうという人が多いです。

確かに集団生活の中や協力が必要な場面で、あまりにも違った個性を出すことには抵抗を感じ、また浮いてしまうでしょう。

ただこうした中で長いこと生活していると、自分の個性を出すこと=嫌われてしまうという感覚が養われ、周りの顔色を伺った行動ばかりするようにもなります。

個性がなく周りに同化した状態では、当然目立つ人になることはできません。

目立つ人になりたいのであれば、個性を出すことに恐怖心を持たないことです。

「嫌われてしまうかも」「変な目で見られるかも」といった恐怖心を拭い去らないと、個性を出すことができないまま。

周りと違って良い、自分は自分という感覚を持つことで、徐々に個性を出すことに抵抗を持たなくなっていきます。

もしかしたらあなたが思っていることを周りも同じように思っているかもしれませんし、皆言えないでいるだけかもしれません。

「こういう意見もあるんだよ」「こういう行動の仕方もあるんだよ」ということを率先して行動することができれば、個性を出しつつも存在をアピールすることができます。

目立つ人になるためには、個性を出すこと。

周りと違う面、普通ではない面、常識にとらわれない面を出していくことで、どんどん目立つ人へと変わっていくことでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク