メンタルが弱い人との接し方6つ

あなたの周りにはメンタルの弱い人がいるでしょうか。

ちょっと言っただけなのに、この世の終わりのような顔をして落ち込んだりされると、伝えた本人も気にしてしまうものですよね。

一度そのような経験をしてしまうとどうしても上手なコミュニケーションがとれなくなるものです。

そこで本日はメンタルが弱い人との接し方をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


メンタルが弱い

 

プレッシャーをかけない

 
メンタルが弱い人はプレッシャーをかけられる事がとても苦手です。

期待しているよ。や、君なら必ず出来ると信じている。と言った良かれと思って掛けた言葉が、相手にとってとてもプレッシャーになっている事があります。

自分は期待されているから頑張らないといけない。必ず成功させないといけないと深く考えすぎてしまって潰れてしまう事があるのです。

メンタルが弱い人は普通の人よりも他人から言われた言葉を重く受け止める所があります。

その為、例え良い言葉であっても期待されていると過剰に感じてしまい、ストレスになってしまいます。

あまり期待していると言う事を表に出さず、自由に自分のペースで物事に取り組ませるのが良いでしょう。
 

叱って伸ばすのは逆効果

 
メンタルが弱い人を過度に叱ってしまうと、自分はダメな人間なんだとどんどん自信を無くしていきます。

叱られる事で悔しい、次は頑張ろうと自分を鼓舞することのできる人もいますが、メンタルの弱い人は逆に自分を否定されたと委縮してしまってミスが今まで以上に多くなる等、叱ることが悪い結果につながってしまうでしょう。

叱るのではなく、良い所を誉めてのばすようにすると良いかも知れません。

自分に自信が無を無くしてしまうような発言は絶対にNGです。

叱らなければいけない状況の時でも、冷静に言葉を選んで説得するようにしましょう。

スポンサーリンク


甘やかしすぎない

 

メンタルが弱いからと言って甘やかしすぎるのは良くありません。

精神的に弱いからと言う理由で他の人がやっている事を免除してあげたり、過度に気を使ってしまうと自分はこのままで良いんだと思ってメンタルが弱い事に甘えてしまうからです。

そうなっては改善するものも改善しなくなってしまいます。

多少気を使ってあげることは大事ですが、基本は他の人と同じルールで、同じ事をやらせましょう。

決してメンタルが弱いからと言って特区別扱いをしてはいけません。

 

言葉を選ぶ

 

メンタルが弱い人との接し方のコツは、言葉を選ぶことです。

彼らは、必要以上に凹みやすいです。

一度凹むと、なかなか帰ってきません。

おまけに、怯えながら帰ってきます。

そうなると、もともとはたいしたことない話も、必要以上に手間のかかるものになってしまいます。

メンタルが弱い人と話すときは、なるべく言葉を選びましょう。

インパクトのある言葉で話すと、その言葉にとらわれて話が進まない時もあります。

なるべく、優しい言葉に置き換えて、彼らにとって進出単語が少ないように、優しく話しましょう。

ゆっくり考えながら話すことで、こちらも冷静に対応でき、相手も寛ぐことが出来ます。

スポンサーリンク


逃げ道を用意する

 
メンタルが弱い人との接し方のコツは、逃げ道を用意することです。彼らは、必要以上に追い込まれやすいです。こちらが追い込まなくても、どんどん勝手に追い込まれていきます。

話しの最初に、逃げ道があることを教えてあげましょう。

「私もこの前やっちゃったんだけど~」「今回はこれでも良いんだけど~」など、逃げ道を作って、追い込まないようにしましょう。

例えわざとらしくても、意外と話が通ります。
 

笑顔で話しかける

 
メンタルが弱い人との接し方のコツは、笑顔で話しかけることです。笑顔と、優しい態度で、敵ではないことを示しましょう。

一旦彼らを怖がらせると、必要以上に怖がってしまいます。

彼らに「怖い人」としてインプットされると、会うだけで怖がられてしまいます。

笑顔で優しく話しかけるだけで「怖くない人」としてインプットされ、それだけで接しやすくなります。お互いのためだと思って、笑顔で優しく接しましょう。

そして、メンタルが弱い人は、最初は大人しいです。笑顔で相手の話しに耳を傾けましょう。相手の話を否定することなく、しばらく聞いてみましょう。

彼らには独特の理論があります。

その理論を撃破しないように付き合うのが、彼らと仲良くなるポイントです。
 

メンタルが弱い原因は人それぞれ

 
いかがでしょうか。

メンタルが弱い人と接するときにありがちなのが、その原因を取り除こうとすることです。

しかしたいていのケースではその根は深く一日、二日で改善されるものではありません。

そうであれば、原因を究明して、解決するのではなく、あなたの接し方を工夫して少しずつメンタルが弱い部分を無くしていくほうが、よっぽど効果的だと言えるでしょう。

最初は腫れ物に触るような感覚でコミュニケーションを取らなければいけないかもしれませんが、慣れてくればそんなことすら忘れてしまうものです。

その状態を目指してメンタルが弱い人とは接していきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク