不幸な人生から抜け出す方法7つ

人生を歩んでいく上で、生まれた時から、幸福の連続で生涯を終えるという人は滅多にいないものです。

多くの人が、今、人生の不幸を味わっていると感じる経験を持っています。

それでは、今、正に、不幸だと感じているはどうすればいいのでしょうか。

そこで今回はその不幸な人生から脱出する方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


不幸な人生から抜け出すには

 

我慢しない

 
日本人は、欧米諸国や他の国々の人と比べると我慢強いとか辛抱強いとされています。

簡単にギブアップしない精神は、とても、崇高で立派であることは間違いないのですが、その辛い気持ちを我慢するという行為には、限界があります。

ある程度、辛さを我慢したら、人間は、不幸な気分になります。

そして、悲しい事に、辛い気持ちを我慢している自分が美しいと勘違いして、悲劇のヒロインやヒーローに自らなる人がいるのも日本人の特徴です。

しかし、そのように、我慢することが、美徳であると思っているような人はなかなか、不幸から抜けられません。

不幸に耐えることが、不幸から抜けられない原因になりますので、時には、我慢しないで、嫌なことや嫌だと表明してみましょう。
 

世界に目を向ける

 
自分が不幸だと思っている人は、世界の出来事に、目を向けてみましょう。

世界中には、食べ物もなく、貧困にあえいでいる人、病気になっても、病院などの施設がない国の人、いつでも、空から爆弾が降ってきてもおかしくない国に住んでいる人、など、私達の住む世界には、生きることが、本当に、困難な人が、たくさんいます。

グローバルな視点で世界の問題を見渡した時に、自分が不幸だと思っていた事柄をふと思い浮かべてみてください、ひょっとして、自分が不幸だと嘆いていた事は、世界の誰かにくらべたら、ちっぽけな些細な問題ではありませんか?

もっと、大きな不幸に囲まれている人に思いを馳せた時に、自分の悩みがくだらなく思えたりすることがあります。

自分の不幸が本当に、不幸か、今一度、大きな視点で見る事は大切なことです。

スポンサーリンク


今ある幸せに焦点を向ける

 
自分が不幸だと感じている人は、実は、不幸ではない場合があります。

例えば、恋人に振られて、不幸のどん底だと思っている人がいたとします。

その人には、優しい両親がいて、頼れる友人もいて、金銭的にも困らない生活をしているとします。

この場合、その人は、不幸なのではなく、人生の一点のマイナスに目を向けているだけという事になります。

不幸から抜け出す方法として、一番いいのは、抱えている不幸に目を向けるのではなく、自分には、こんなに、幸せ要素があるということを数えることです。
 

ポジティブシンキングを心がける

 
今、自分の人生が不幸だと感じている人は、いますぐ、ポジティブシンキングの練習をしましょう。

例えば、日常生活の中で、転んで足をくじいたとします。

そんな時、また、不幸が襲ってきたと考えるのではなく、このくらいの捻挫で済むなんて、自分はラッキーだと考えましょう。

そして、こんなに努力をしてもしょうがないなどというような、あきらめの境地は捨てて、「頑張ればなんとかなる」、「10年後には笑っている」という明るい気持ちで毎日を過ごすようにしましょう。

どんな気持ちでいても、同じ一日ならば、どうせなら、明るくポジティブにしていたほうが、運も向いてくることがあります。

不幸のどん底の気持ちは新たなマイナスのエネルギーとなって、不幸を呼ぶものです。

状況が変わらなくても、気持ちだけは、自分の意志次第で変えられる筈です。

だったら、明るい気持ちを持ったほうが絶対にお得です。

スポンサーリンク


人のせいにしない

 

自分は不幸だと考える人の中には、他力本願の人がいます。

そのような人達は、自分が不幸なのは、親のせい、友人のせい、恋人のせい、夫のせいというように、他人が自分を幸せにしてくれないから不幸なんだと思っているのです。

幸せというのは、誰かにもらうものではありません。

自分の幸せは自分で努力して、勝ち取るものです。

人は他人の幸せがどういうものかというのは、本当のところ、わからないものです。

人によって、幸せの価値観が違うからです。

ですから、人は、自分の幸せとはなんなのか、よく考えて、その幸せに向かって、自分自身を幸せにする必要があるのです。

誰かに不幸から救ってもらうことはできないのです。

 

ヨガをする

 

人生に不幸を感じている人は、ヨガをすることをオススメします。

ヨガのポーズやヨガの瞑想をすることで、現実で感じている不幸な事柄から、気持ちを離れさせることができます。

瞑想をすることで、自分の内に眠っていた自信や気力を取り戻す事ができるようになります。

ヨガの瞑想を続けると、不幸な人生に立ち向かう新たなエネルギーが沸いてくる心境になれる人もいるので、お勧めです。

スポンサーリンク


心の思いを外に出す

 
自分の人生が不幸だと感じている人は、気持ちが負のエネルギーのスパイラルに陥っている場合があります。

そんな時は、自分の辛い気持ちを信頼できる人や、心理カウンセラーに話してみましょう。

誰かに自分の不幸を話す事が苦手だという人は、紙に、自分の辛さを書くことをしましょう。

もしくは、感動する、映画を見たり、本を読んだり、歌を聞いたりして、思い切り涙を流してみましょう。

人は、心にある不幸な感情を外に出すことで、癒され、安心感や安堵を感じる事ができます。

これをカタルシス効果と言います。

安心感を感じて、不幸な気分を一掃しましょう。
 

不幸な人生を変えるには今の状況を見つめる

 
いかがでしょうか。

人生には不幸で辛い経験に出会うこともあります。

しかし、不幸に見えていた出来事も、未来から見て、あれがあったから、今の幸せがあるのだというような事になる場合も多々あります。

今、不幸でも、それは未来永劫不幸という意味ではけっして、ありません。

人生のほんの過程の1コマでしかないのです。

ぜひ、不幸な気持ちから立ち直る方法を実践して、将来の幸せへの道へと繋げてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク