ナルシストの特徴7つ

ナルシストの特徴にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

ナルシストは、ひたすら自分が認められたいだけの存在です。

そのため、いくつもの問題を起こし、周囲を巻き込んでも何とも感じていません。

トラブルメーカーといわれる人のほとんどが、ナルシストの要素があります。

そこで今回はナルシストの特徴をご紹介しますので、ぜひあなたや周りの人と照らし合わせて見ながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


ナルシストとは

 

自分の美化フィルターを持っている

 
ナルシストの特徴として真っ先に挙げられるのは、周囲の人間が眉をひそめてしまうほど自分を美化しすぎているということです。

しかし、残念なことに大方は本人の大きな勘違いであり、かなり分厚い美化フィルターがかかっているだけです。

現実から目をそむけるというより、自分がこうありたいと願う姿を現実の自分にかぶせてしまっているだけですから、周囲の人間から見ると非常に滑稽です。
 

すべてにおいて自分の方が上

 
往々にして、ナルシストは態度が大きいといわれています。

これは、周囲の人間を見下しているというよりも「すべてにおいて自分の方が上だ」という歪んだ認識があるためです。

実際に、ナルシストの実績は言動とかけはなれていることが多く、それが目標や理想であるならまだしも、あたかも自分が漫画の主人公にように特別な存在レベルに扱います。

仮に職場にナルシストがいたとしても、出世をしていく同僚を横目に、それでも自分の方が上だと虚勢を張り続けます。
 

自己主張が激しい

 
ナルシストはどれほど自分が完璧な存在であるかを主張するため、周囲への自己主張が激しいことも特徴の一つです。

現実からかけ離れていることに加え、自分アピールが激しいですから、どんな内容の会話をしていても最後には「自分が一番」というオチにつながります。

あまりにも周囲との協調がないため、口をつぐんでやりすごしてみても、ナルシストはそれを「聞き入っている」と勘違いするほどです。

場合によっては、誇大妄想ともとれる自己顕示欲を発揮します。

スポンサーリンク


他人のことには無関心

 

他人に対しての同情はいっさいなく、あったとしても嘲笑に変わります。

ナルシストにとって自分は何でもできる完璧な人間ですから、失敗した他人のことなどどうでもよいのです。

むしろ、「それが自分でなくてよかった」「自分ならそのような失敗はありえないが」と口元を歪めるだけです。

しかし、ナルシストに限って自分の失敗には目を瞑ってしまっていますから、これ以上にないほど周囲に迷惑をかけていることが多いのです。

 

金銭感覚が大きくズレている

 

特にバブル時代に青春を謳歌してきた世代のナルシストによくあることです。

「一晩で○○万円使った」「ラーメンを食べに行くだけで北海道へ行った」「急に海が見たくなって海外へ飛んだ」などの、豪快にお金を使うアクティブな自分の話を好みます。

バブルは20年以上前の話ですし、すでに話が通じない世代が社会人になっていることに気づかず、まだ気持ちが現代に追いついていません。

そのため、自分にかけるお金も周囲との感覚が大きくズレています。

ひとつのアクセサリーに執着して高額な買い物を好むのも特徴的です。

高額商品を身につけることで、自分の存在が大きくなった気分になるのですから、ナルシストにはたまらなく快感なのです。

ナルシストにはその感覚がなくても、周囲からは虚勢を張るためとしか思われていません。

スポンサーリンク


世の中の異性はすべて自分に夢中

 
次から次へと異性との交際をしている、という話をすることがあります。

にわかに信じがたいと感じるのは、ナルシストに限って異性にモテるような要素がないからです。

本当にそれほどモテるのか、と疑問に感じていると話のアラが簡単に探せてしまいます。

ナルシスト本人によれば、「目が合った」「指先が触れた」「隣の席に座った」だけで自分へ好意を持っていると感じ、数時間同席しただけでデートだと変換されることがあります。

それでもナルシストは本気で思い込んでおり、現実には異性との交際経験は乏しいことも特徴です。
 

人生が武勇伝だらけ

 
吹き出してしまうほどの武勇伝だらけの人生を送っているのも特徴的です。

それほどの武勇伝がありながら、ごく普通の社会人生活を送っていることの方が驚くばかりですが、あたかも世の中が平和であるのは自分のおかげとも言わんばかりです。

居酒屋で中年男性が「俺も昔はワルだった」と自慢するような、聞いていて微笑ましいレベルの武勇伝はあります。

しかし、ナルシストのそれとはまったく違います。

ナルシストの場合は、聞いていて不愉快になるほどトゲがあるものであり、長い時間を共に過ごしたくないほどです。

事実に基づいた単なる自慢ならまだしも、小さな事実に大きな脚色を加えたものであるなら、なおさら耐え難いものにいなります。
 

ナルシストには男も女も関係ない

 
いかがでしょうか。

人間は、できないことがほとんどであり、ほんの少しできることがあるのが自然です。

ナルシストは、それが許せない部類のタイプといえます。

完璧主義で理想が高いといえば聞こえは良いですが、それが努力や実績となって伴わなければ、ただのおとぎ話でしかないのです。

それすらも理解できていないのもナルシストならでは、です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク