ニートにおすすめのバイト4つ

学生でもないし、主婦でもない、仕事を探しているわけでもない。

でも、欲しい物があるし、自由に使えるお金は欲しい…。

ニートになる人というのはどうしても、このように都合のいいことばかりを考えては、現実に直面し、やる気を失います。

ふと周りを見渡してみると、世の中には星の数ほどのアルバイトがあります。

もちろん、その中でニートに適したバイトも少なくありません。

そこで今回はにニートのみなさんにおすすめのバイトをご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ニートのバイト

 

単発アルバイト

 

1~3日間ほどの集中的な労働で日給は8000~10000円くらいが相場です。

時給に換算すれば1000円を超えることが多く、

コストパフォーマンスは普通のアルバイトより良いくらいです。

継続する必要がないため、シフトの管理に追われることはまずありません。

また、スタッフや他のアルバイトの人ともその場限りの付き合いになりますので、

わずらわしい人間関係もありませんし、逆に、1日の長い時間を一緒に過ごすことで気の合う友達が見つかることもあるのではないでしょうか。

普段人とあまりかかわらないニートの出会いの場になり、もしかしたら、彼氏・彼女ができるかもしれません。

ここが単発アルバイトの大事なポイントですが、未経験者OKのアルバイトが多く、

就業・アルバイト経験の浅いニートでも安心してできます。

業務内容は工事現場などの肉体労働やライブやコンサートなどのイベントスタッフ、年末年始等繁忙期の職業のお手伝いなど選び放題です。

神社の巫女さんなど珍しい職業の体験もできることがあり、お金を稼ぎつつ、時間の有り余ったニートの暇つぶしになり得ることもあるかもしれません。

しかし、1日の労働時間は確実に長くなりますし、拘束時間も長くなるので体力に自信のあるニートにおすすめです。

スポンサーリンク


在宅アルバイト

 

在宅アルバイトというと家に大量の材料が届き、

それを地道に組み立てていく「内職」のイメージが強いですが、それはもうずっと昔の話です。

最近の在宅アルバイトはPCとインターネット環境、それだけがあればOK。

他の機材は何も必要ありませんし、ソフトもwordやexcelなど、最低限のものがあれば大丈夫です。

初期費用が少なくすむのが大きな魅力です。

また、通勤する必要がないので、交通費がかかりませんし、

おしゃれをする必要も寝癖を直す必要もまったくありません。

家から絶対に出たくない、でもお金は稼ぎたいというニートに是非おすすめしたいアルバイトです。

内容はインタビューの文字起こし、インターネット上の記事・コラムのライティング、キャッチコピーの作成など種類も多岐にわたります。

PCのスキルは問わないものも数多くあります。

スタイルもさまざまで、単価制や時給制など自分の好みに合わせて選択することができます。

もちろんこれで生活している人も少なくありません。

自分の生活スタイルに合わせて好きな時間にできるので、生活が不規則なニートにおすすめです。

ただ、基本的にはPCを通して仕事のやり取りをすることになるので注意が必要です。

信頼できるところが多いですが、教材費・機材費などという名目で高額請求をする悪質な業者がいるので在宅アルバイトを始める際は利用規約などをよく読み、周到な準備をして始めましょう。

スポンサーリンク


住み込みのアルバイト

 
このアルバイトの良いところは何よりも家賃がかからないことです。

したがって一人暮らしのニートに特におすすめしたいアルバイトということになります。

普段収入のないニートにとっては家賃はかなり大きな出費です。

お金を稼ぎつつ余計な出費を抑えることができる、というわけです。

中には、食事つきの住み込みアルバイトもあるので調べてみてはいかがでしょうか。

また、例えばスキーシーズン中のロッジの住み込みアルバイトではリフト券がもらえる、というような住み込みや食事以外にも嬉しい特典があるアルバイトもあります。

普段家でこもりがちなニートにとって、違う環境で生活してみるのはいい気分転換になるかもしれません。

もちろんできる限り家にいたくない、家では肩身の狭い思いをしている実家暮らしのニートにもおすすめです。
 

新聞配達のアルバイト

 
ご存知の通り、バイクや自転車に乗って担当地区の家々に新聞の配達をするアルバイトです。

なぜ新聞配達に限定したかというと、配達先でサインをもらう必要がないからです。

普段人とかかわらないことの多く、知らない人と話すのが苦手なニートにとっては、知らない人の家を訪ね、サインをもらうのは大変な重労働です。

新聞配達のアルバイトならば、新聞をポストに入れるだけなので安心です。

一度配達ルートを覚えてしまえばあとはルーチンワークです。

大変朝が早いので人と会話することはまずありませんし、朝早くにアルバイトが終わるので、そのあとの1日を有意義に過ごせます。

早起きのできるニートにおすすめです。
 

ニートがバイトするなら人と深くかかわらないものからスタートさせる

 
いかがでしょうか。

ここに挙げた例はたくさんあるアルバイトのうち、ほんの一部に過ぎません。

ニートにもそれぞれにさまざまなライフスタイル、スキル・経験があります。

自分に合ったアルバイトを探すことで、ニートから脱出できるきっかけにもなるかもしれませんし、その後の人生が大きく変わるかもしれません。

とにかくまずはスタートさせてみることが肝心なので、できるだけ深く人と関わらない仕事から始めてみましょう。

少しずつステップアップしていくイメージを持てば、決して焦ることはないはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク