ノー残業デーのメリットやデメリット6つ[目的・効果]

あなたの会社にはノー残業デーがあるでしょうか。

また、そのノー残業デーが上手に生かされている状態でしょうか。

うまくいっているかどうかは、企業によって二極化されており、満足している人もいれば、その一方で不満を抱えている人もたくさんいます。

では、実際にノー残業デーにはどのような効果があり、そしてどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

そこで今回はノー残業デーの効果やメリット、デメリットについてご紹介していきますので、ぜひあなたの会社にも当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


ノー残業デーの目的

「ノー残業デー」とは、残業をせず、定時(所定労働時間)で退社する日のことです。最近では、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の推進が目立っていますが、経費削減につながる活動として「ノー残業デー」を導入する企業も増えています。

出典 生産性を向上させるための「ノー残業デー」活用法

ノー残業デーを導入する意義としては、この会社でもそうであるように、「週に1回くらい早く帰って家族で食事をしよう」とか、「たまには友達と会おう」とか、「自己啓発のために勉強会に通おう」といった、Off(生活)の充実が挙げられる。すなわち、Off(生活)の充実をOn(仕事)の充実に結び付け、OffとOnのメリハリをつけながら、相乗効果を図ろうといった、狭い意味での「ワーク・ライフ・バランス」施策1の一環としてノー残業デーが位置づけられているのである。

出典 第4回 「ノー残業デー」の真の狙いは、優先順位の高い仕事を効率的に行う癖をつけさせること

「ノー残業デー」を実施する企業が増え続けている。ビジネスマンの業務効率化を考えさせる契機としてもらうため、あるいは余った時間をスキルアップの時間として使うため、さらには残業時間の削減のため、といった具合にメリットが多々あるとされている。また現場の本音を言えば、誰だって「早く仕事を終わらせて飲みに行きたい」「趣味の時間にあてたい」など、限りある時間を有効に使いたいと考えるものだ。

出典 定時に終わればみんなが嬉しい!「ノー残業デー」を実現する方法

 

ノー残業デーの効果:メリット編

スポンサーリンク


なんといっても効率化になる

「ノー残業デー」を導入した後は、次のような効果が期待できます。

・業務時間内に終わるように効率化に努めるため、残業時間が減り、人件費を削減できる。
・オフィスの電気代や空調代が節減できる。
・従業員の意識を高めることにより、密度の濃い業務に繋がる。

「毎日が残業」というのではなく、週に1回でも「ノー残業デー」を導入することによって、「定時までに終わらせる」という従業員各人の意識を高めることにつながりますので、メリハリをつけた働き方を浸透させることができ、業務の効率化や労働時間の短縮などの効果があります。

出典 生産性を向上させるための「ノー残業デー」活用法

 

個々のプライベート充実やスキルアップにつながる

ノー残業デーによるメリット
効率的な仕事の仕方を考えるようになる。
趣味やスキルアップのための時間を確保することができる。
残業時間の削減につながる。

出典 ノー残業デーを実施することによるメリット

ノー残業デーのメリットと言えば、指定された日は残業をしなくて済むということです。

半ば強制的に残業を禁止することで、その日は早く帰ることが出来ます。

これで仕事をするのが遅い人や、多くの仕事をかかえている多忙人でもプライベートが充実するように思えますね。

出典 「ノー残業デー」のメリット・デメリット。本当に効果はあるのか?

スポンサーリンク


社員の意識が変わり会社が活性化する

◯会社の活性化

「水曜日には早く帰れる」という期待感から、やる気が出た社員も多い。社員の中には「昔、小学校に通っていた時、土曜日は半ドンでうれしかったけど、水曜日もそのイメージです」と語ってくれた人もいる。
ベテラン陣は水曜日には早く帰り、家族と平日の夜に遊びに出かけたりもしている。また、若手の一部社員は水曜日に有志が集まって勉強会や飲み会、サークル活動等に興じているようだ。
また、残業が減ったことにより、残業代の削減効果が得られた。残業代が減ったことによる利益の増加の一部は、社員へ賞与として分配することにした。このことも活性化に寄与しているようだ。

出典 なぜノー残業デーはうまくいかないのか?

残業をしない日を設けることで「他の日もなるべく残業をしないようにしよう」とみんなが思うようになります。

意識の向上です。

中には仕事の効率化を考える人も出てきて、会社としてはコストパフォーマンスの高い人材を作ることが出来ます。

出典 「ノー残業デー」のメリット・デメリット。本当に効果はあるのか?

「仕事に対する従業員の意識改革を促す」というメリット。

ノー残業デーがあれば、その前日や当日は、「残業なしで仕事を終えるためには、いかに効率的な仕事の仕方をすればいいか」を、従業員は、考えざるを得ません。
「仕事の仕方の工夫をする」という意識が自然に芽生えます。

出典 ノー残業デーのメリットとデメリット【経営術】

スポンサーリンク


ノー残業デーの効果:デメリット編

 

管理職が大変になる

「仕事が残っていても帰らないといけないので、他の日の残業時間が多くなる」「管理職には適用されないため、管理職に負担が集中する」「ノー残業デーとは名ばかりで、結局いつもと同じように残業している」など、ノー残業デーに対して不満を抱えている従業員が少なからず存在します。

出典 「ノー残業デー」効果的な継続運用の鉄則

 

急ぎの依頼に対応できない

ノー残業デーを採り入れることで、急な案件に対応ができなくなります。

スケジュールどおりに業務が進行する会社ならば、ノー残業デーは社員のモチベーション高めることができます。しかし、急な依頼がよく入ってくる会社には、仕事をしなければならない状況なのに、仕事ができない日をわざわざ作ってしまうことになるのです。
 
 だからと言って翌日に仕事をすればいいというわけでもありません。

それでは翌日に倍の時間産業しないといけなくなり、ノー残業デーを設定する意味がありません。ノー残業デーを取り入れる最大のデメリットは日程調整が難しくなることです。

出典 仕事量に合わせた導入が大事!ノー残業デーで起きるデメリット

スポンサーリンク


仕事に遅れがでる

個々の従業員の仕事に及ぶしわ寄せです。

どういう事かというと、ノー残業デーがあると、特にその翌日に、やり残した仕事のしわ寄せが行きます。

翌日は早朝出勤してその遅れを取り戻したり、

いつもよりさらに長時間の残業をしなければならなくなるわけです。

また、まじめな社員は、ノー残業デーも家に仕事を持ち帰るケースも増えて、精神的な負担が大きくなる場合もあります。

出典 ノー残業デーのメリットとデメリット【経営術】

 

ノー残業デーをうまく活用しよう

 

いかがでしょうか。

ノー残業デーを取り入れてからといってすべてがうまくいくわけではありません。

しかし、うまく活用すれば様々なメリットがあるのは間違いありません。

その企業の職種や業種によるところが多いものですが、

ノー残業デーは仕事を選定するタスク管理能力を高めることができれば、

きっと今よりも充実したノー残業デーを過ごすことができるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク