人付き合いの苦手意識を克服する6つの方法

 
人付き合いが苦手だからといって、一生、部屋にこもって過ごすわけにはいきませんよね。

生きるためには、賃金を得るために働かなければならないでしょうし、何をするにもあらゆる人との関わりがあるほうが普通です。

ですから、人付き合いが苦手だと思っている人はそれを克服したほうが、人生が楽になります。

しかしその、人付き合いに対して苦手意識を持っている人は少なくないでしょう。

そこで本日は「決して人間嫌いではないけれど、人の輪に入っていくのが苦手」「人とどう付き合ったらいいのかわからない」と感じている方のために、人付き合いの苦手意識を克服する方法をご紹介します。

スポンサーリンク


人付き合いが苦手

 

「挨拶」と「表情」を意識することから始める

 
人間の付き合いは「挨拶」から始まります。ですから、まずは「気持ちのよい挨拶」を心がけるところからスタートしましょう。

その時に大切なのが「表情」。顔の表情と声の表情です。

にこやかな笑顔と明るい声が基本ですが、その場、その場にふさわしい表情がありますから、「明るければそれでいい」ということにはなりません。

「その場に応じた、気持ちのよい挨拶」を意識する必要があるのです。

これは、毎日の経験から身につけるしかありません。けれど、その意識を持ってさえいれば、必ず身につけられるでしょう。
 

人付き合いの上手な人から、アドバイスしてもらう

 
親しい人や家族の中に、人付き合いの上手な人がいるなら、その人に相談し、アドバイスしてもらうという方法も有効です。

人付き合いはちょっとしたコツで、上手にできるようになるものです。

自分一人でそれを考えていても、なかなか見つけることはできないでしょう。そこで、上手な人に教えてもらうのです。

たとえば、ちょっとした気づかいの見せ方や、メールの返し方、冠婚葬祭の儀礼のマナーを学ぶだけでも、苦手意識は改善されるはずです。

人からアドバイスしてもらうと同時に、ノウハウ本やサイトなどを参考にすることもおすすめです。

スポンサーリンク


交流会やコンパなどに積極的に参加する

 

もう1つ、これは少し高いハードルかもしれませんが、できるだけ多くの人と交流する機会を持つのも、大変有効な克服方法です。

仕事をしている人なら、同業種交流会や異業種交流会が、今はたくさん催されています。

そうした情報をチェックして、思い切って参加してみてはいかがでしょうか。

自分一人では参加しにくいというのであれば、同僚や友人を誘ってもいいでしょう。

人付き合いが苦手な人には、人見知りの人が少なくありません。

多くの知らない人と会う機会を作ることによって、それが改善されるのです。

交流会でなくても、たとえばコンパなどを利用してもいいでしょう。

とにかく、「多くの知らない人と交わる」という経験を積むことが肝要なのです。

 

聞き上手になる

 

人付き合いが苦手の人は相手との沈黙が怖いと思いがちです。そのためか、べらべらと自分のことをいつまでも脈絡なく話してしまうという行動に出がちです。

そのような行為は、相手を疲れさせてしまいますので、聞き上手になることを目指しましょう。

人というのは、自分の話を根気よく聞いてくれる人に好感を持ちます。

逆に、自分勝手に話す人のことは避けたくなります。

その気持ちを利用して、相手にどんどんしゃべらせるようにしましょう。

また、相槌や、相手に長く話させるような質問を考えておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク


冷静でいる

 
人付き合いが苦手な人と言うのは、すぐに、感情的になる人が多いものです。相手の言葉に大げさに反応して、感情をむき出しにして、怒ったり、泣いたり、小さな子供のように反応してしまう場合があります。

感情を爆発させると、相手の多くは、「この人とは付き合いづらい」と感じてしまいます。

もし、自分が、喜怒哀楽が激しいと感じている人は、相手の言葉をストレートに受け止めず、話半分で聞くような練習をしましょう。

自分の感情のエネルギーをつまらない事で発散させずに、感動するような映画を見たときや書籍を読んだ時にとっておき、心の充実をはかりましょう。
 

自分の精神を鍛える

 
人付き合いが苦手だと考える人は、心が弱っている人に多いとも言えます。

誰かに傷つけられるのが怖いとか、相手の人によって嫌な気持ちになるのが嫌だという気持ちから、人付き合いが苦手になってしまうことがあります。

そんな時は、自分の精神を鍛える必要があります。

ヨガの呼吸法や瞑想で自分の精神を落ち着ける場所を確保しておくのもよいでしょう。

それから、心から信じてお付き合いができる人がいれば、その信じられる人のことをいつも念頭に置いておきましょう。

信じられる人がいるのだから、そのほかの人に、何をいわれても、その他の人は自分には深い関係のない人なので、どうでもよいことであると、考えましょう。

心のよりどころがあれば、人は、自分の心をいつでも守ることができます。
 

人付き合いの苦手意識は克服できる

 
いかがでしょうか。

人付き合いを苦手から得意に変えるには、ある程度の時間と経験が必要不可欠になってくるものです。

得意になるまでの過程には恐怖を感じることもあったり、自己嫌悪な感情に支配されることもあるかもしれません。

しかし、そのような失敗の山を築いてはじめて苦手意識というのは克服できるものではないでしょうか。

いきなり変わることは大変難しいものですが、できることから少しずつやっていけば、いつの間にか以前の自分とは違う振る舞いや行動に驚く瞬間がやってくるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク