アウトプットが苦手な人がやるべき方法4選

あなたはアウトプットが苦手だと感じていないでしょうか。

仕事でも勉強でも、それらが得意な人はたいていアウトプットが上手です。

しかし、いつもインプットばかりしかしてこなかった人は、どうやってやればいいのか、なかなか難しかったりするものですよね。

そこで今回は、アウトプットが苦手な人がやるべき方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


アウトプットが苦手な人がやるべき方法

 

  • アウトプットすることのメリット
  • アウトプットを先にするのは良い事ばかり
  • 目的や目標を明確にする
  • オリジナルではなく他人のやり方を真似る
  • 質問にアウトプットを絡める
  • 相手の長所などを褒める

 

アウトプットすることのメリット

話を聞いただけでなんとなくわかったつもりになっても、いざ人に話そうとすると、えーと何だったっけ?と詰まってしまう。そんな経験はありませんか?
学習したことを人に伝えるには、自分自身の中で整理されている必要があります。なので、アウトプットをする、という行為は、強制的に自分の頭の中を整理する効果があります。人に伝えるという行為を通して、論理の矛盾や、足りていない知識に自分で気づき、その穴を埋めることができるようになります。つまり、学習の抜け漏れを防ぎ、誤解という危険を避ける事ができます。

出典 【連載:アウトプットが苦手なあなたへvol.3 〜アウトプットの意義〜 】

 

単純に書く、という行為を通して文章という「記録」が残るだけでなく、あなたの脳のなかにも記録が残りやすくなります。
一旦頭のなかで学んだことが整理されると、その情報はあなたの中に固定化されます。単に外部の情報を吸収しただけでなく、あなた自身の思考を通っているのでより「自分事」として記憶に残りやすくなります。

出典 【連載:アウトプットが苦手なあなたへvol.3 〜アウトプットの意義〜 】

スポンサーリンク


アウトプットを先にするのは良い事ばかり

「アウトプット」を先にする人は、「ネイティブスピーカーととりあえず身振り手振りでもいいので話してしまう」が先にくる。その後、あとから「こう言えばよかったのか」「これを言ってみよう」と、補強するためのインプットをする。

数学も同じである。「インプット」を先にする人は、先に「教科書」を完璧に理解する。その後で「問題集」を解く。

対して、まず「アウトプット」をしてしまう人は、先に「問題集」を解き始める。解けなくてもとりあえずやってみる。その後で、「わからなかった所を学習する」という順番だ。

出典 アウトプットを中心に据えると、スキルアップのスピードが大きく変わるという話

「習ったことがなく、勉強したこともないので、できません」という物言いは、仕事の中では許されないことも多い。だから、「仕事ができる人達」は、「アウトプット中心」のスキルアップの仕方を身につけてきたのだろう。

スキルアップのスピードを重要視するなら、「まずはアウトプットを中心に据えること」を意識すること。これを知っているかどうかは、結構重要な差なのではないだろうか。

出典 アウトプットを中心に据えると、スキルアップのスピードが大きく変わるという話

 

目的や目標を明確にする

簡単です。
何が本来の目的であるのか明確なイメージを作ることです。

目的が明確になっていれば、達成するために何をべきなのか精度よく考えることが出来ます。
目的が明確になっておらず、なんとなく仕事をしていれば精度の低い結果(アウトプット)しか出ません。

また目的が頭の中で整理されていないと、仕事を進めているうちに
・目的からズレる
・無駄な仕事が増える(=コストが掛かる)
ことになります。

出典 仕事でアウトプットの質を高める方法を教えてください。

スポンサーリンク


オリジナルではなく他人のやり方を真似る

相手の言ったことを真似るのです。

例えば、新聞記事などの情報であれば、書かれていることをそのまま読むことが、良いトレーニングになります。読書も同様です。ここで大切なのは、自分の考えを突っ込まないこと。そのまんま真似るのです。これには、ちゃんと理由があります。

アウトプットが苦手な人の問題の1つが、他人の考えを受け入れられないことにあると思います。

他人の考えを受け入れられない=インプットができていない=アウトプットができない

という、悪循環に陥ってしまう可能性があります。人間ですから誰しもエゴというか、自らの考えを持っていますが、ここは一度、自我を脇に置いてみましょう。

出典 アウトプットが苦手な人へ、伝えたい3つのポイント

質問にアウトプットを絡める

『僕はこう思うのですが、
どう思われますか?』

『こうやったのですが、上手くいきません。
何かアドバイスいただけないでしょうか。』

出典 アウトプットが苦手な人でも今すぐできる、身近な練習方法をご紹介!

僕はこう思う
⇒自分の思いをアウトプット

こうやった
⇒自分の行動をアウトプット

その結果、相手の意見を聞いたとき、
自分の考えとの比較ができるようになります。

そこで新たな発見が生まれ、その経験が自然と
自分の能力となって蓄積されるのが、
アウトプットの効果だと僕は思っています。

出典 アウトプットが苦手な人でも今すぐできる、身近な練習方法をご紹介!

スポンサーリンク


相手の長所などを褒める

視点が違えば、意見や感じることが違うのは当然です。
相手の話を聞く際に大事なのは、相手がどこに立って物事をみて話をしているのかということを見つけることです。それをせずに自分の視点で相手の話を聞いていて、相手と自分は意見が違うなんて感じてもあんまり意味がありません。先ほど相手の懐に飛び込むといったのは、相手の話の視点を見つけるようにしましょうという意味でもあるのです。

なので「相手の話の良いところをほめる」というのは、単に自分と相手の考えが一致して、それを自分でもいいと思ったからほめるというのではないのです。そうではなく、自分の考えはいったん捨てた状態で、相手とおなじ視点に立ったとき、相手の見方がよいなと思ったときにほめるということなのです。

出典 アウトプットができない人がまずやるべき3つのこと
 

自分に合ったアウトプット方法を見つけよう

 
いかがでしょうか。

アウトプットの方法はこのようにたくさんあります。

すべてをやる必要はどこにもありません。

あなたに合ったやり方をひたすらやれば、自然とアウトプットの習慣が身につくことでしょう。

一番ダメなパターンは、一度もやらずに自分には無理だ、向いていないと諦めてしまうことです。

それでは、いつまでたってもアウトプットが苦手なままでしょう。

仕事でも勉強でも自分の考えや意見を外部に出すことは、絶対に必要なスキルになります。

それができない人は、残念ながらその先の成長は望めないかもしれません。

質問でも物まねでも何でもいいので、まずはトライしてみることが、新しい発見につながります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク