人気者の特徴10選

あなたの周りにいわゆる人気者と呼ばれる人はいるでしょうか。

何をしていても、常に周りに人が集まっている、そんな同性からも異性からも人気のある人は必ずいるものです。

そしてそういう人の身近にいると、自分も人気者になりたい・・・と思うこともしばしばあるでしょう。

そこで今回は人気者の特徴をご紹介しますので、ぜひあなたの周りの人気者と比較しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


人気者の特徴

 

明るくプラス思考が人気者の特徴

 
人気者の特徴として挙げられるのが、明るくプラス思考であることです。

性格が明るいというのが、人気者の第一条件であることは言うまでもないでしょう。

ただし、元気でにぎやかというだけでは人気者にはなれません。

見かけは元気で明るそうに見えても、実はマイナス思考の人もいるからです。

見かけが明るいだけでなく、物事の考え方が常にプラス思考であること、つまり「思考法も明るいこと」が、人気者の条件になるのです。

プラス思考の人は周辺にいる人にも良い影響を与えます。

たとえば職場にそういう人がいると、自然に職場全体がプラス思考になれるものです。

いわゆる「ムードメーカー」と呼ばれるそう人が人気者になることは当然と言っていいでしょう。
 

人気者は人にやさしく、包容力がある

 
次の人気者の共通点は、人にやさしいということ。

人間、どうしても自分にはやさしく人には厳しくなりがち。

理想は「自分には厳しく、ひとにはやさしい」というありかたですが、なかなかそうはなれないものです。

ですから、それを実践できる人が、人気者になれるというわけです。

人にやさしいということは、つまり、自分以外の人間に対して包容力があるということ。

よく、女性が男性に求める属性が「包容力」といいますが、男女を問わず、人に対して包容力がなければ、人気者にはなれません。

豊かな包容力を裏付けているのが、性格的なおおらかさでしょう。

常に広い視野を持ち、万事おおらかに対応することができる、これが人気者の条件なのです。

スポンサーリンク


細やかな心遣いができるのが人気者の特徴

 
そうしたおおらかさを持つ一方で、細やかな神経を持っているのも、人気者の特徴です。

対人的に繊細な神経を持ち、常に相手や周囲に気配りをし、細やかな心遣いができるのが、人気者の条件なのです。

そうした神経を持っているからこそ、場の空気を読むことも上手ですし、人の嫌がることを言ったりしたりすることもありません。

逆に、鈍感な人は時として、無意識のうちに人を傷つけるような言動をしてしまうので、人気者にはなれないのです。
 

アクティブに動き回る

 
家でじっとしている人気者を想像するのは、難しいことではないでしょうか。

人気のある人というのは、大抵精力的に動き回っています。

たとえば趣味が多かったり、思い立ったらすぐに行動するのです。

こういう人たちと一緒にいると、こちらまでわくわくさせてくれます。

楽しそうな計画を思い付いたとき、なかなか一歩を踏み出すのは不安なものですが、そこでリスクを回避しない人に、人々は集まってくるのです。
 

人気者は好奇心が旺盛である

 
趣味が多いということにも関係してきますが、人気のある人はえてして好奇心の旺盛な人が多いのです。

常になにか新しいこと、面白そうなことを探しているような人です。

こうやってアンテナを張っている人は話題も豊富で話していて楽しく、また他人の話にも興味を持って耳を傾けるため、相手にも気持ちよく話をさせることができているのです。

人の輪の中心にいるような人は、大体が新しいものの発信地です。

周りの人間が憧れ、真似をしたいと思うのですが、これはつまり逆に言えば、新しいことを見つけてくる、考え出すのが得意ということなのです。

スポンサーリンク


前向きな発言が多い

 
落ち込んでいる人や病気の人の側にいて、こちらまで気持ちが塞ぐという経験をすることは多々あります。

反対に、前向きな人、元気な人は、周りまで前向きにさせるのです。

ですから、たとえば他人の話に否定的な相槌ばかり打つような人よりも、励ましたり肯定したりするような人の周りに、人が集まってきます。
実は肯定されるということは気持ちよくさせるという以上に、肯定された相手のその後の行動にも関わってきます。

ラベリング理論というものがあり、周囲からの評価がその人の行動を決定すると言われています。

つまり、肯定された人はよりよい方向に進みやすく、前向きな人の周りにいる人も前向きになっていきやすいということが言えるのではないでしょうか。

進んで落ち込みたい、暗い気持ちになりたいと思う人はいません。

ポジティブで、他人を認めてくれる人の周りにこそ、人は集まってくるのです。
 

人を笑わせることが大好き

 
人気者というのは人を笑わせることが大好きな特徴を持っています。

みんなを楽しませることが大好きであるため、冗談を言ったりふざけたことをしたりなど、場の中心にいることが非常に多いです。

自分が楽しいよりも人が楽しんでくれるほうが嬉しいタイプなので、常にどうすれば周囲を楽しませることができるかを考えているのです。

とはいえただ笑わせることが好きなだけでは、場の中心になれるような人気者にはなれません。

やはり人を楽しませるにはそれ相応のセンスが必要なのです。

そのセンスがなければとてもではありませんが、人気者になることはできません。

もしセンスのない人が周囲を笑わせようとしてふざけても空回りするだけです。

ですので人気者として周囲を楽しませるためには、笑いのセンスがいくばくかは必要になってくるというわけなのです。

スポンサーリンク


コミュニケーション能力が高い

 
人気者というのは非常に高いコミュニケーション能力を持っています。

初対面の人相手でも短時間で楽しく話すことが出来るほどの社交性を身に着けていることが多く、だからこそどのような場においてもみんなの中心にいることができるのです。

こうしたタイプは基本的にどんな相手であろうとも楽しく会話をすることができ、相手から話しやすい人だなと思われることも珍しくはありません。

さらにただ話をするだけが得意ではないのです。

コミュニケーション能力が高い人というのは、相手からいろんな話を引き出すスキルも高いのです。

普段話しなれていない人であっても、コミュニケーション能力が高い人と話をすれば、自然とスラスラ喋ることができるものなのです。

自分だけが話をするだけでなく、ちゃんと相手にも話をさせるのが人気者の特徴なのです。
 

どんな冗談に対しても笑う

 
人気者というのはどんな冗談に対してもニコニコと笑う特徴を持っています。

たとえ空気がシンとなるようなつまらない冗談であっても、場を白けさせないために「おもしろい」や「最高」などと言って場を盛り上げるのです。

こうしたタイプが一人いるだけでも周囲の人間は、つまらない冗談であろうとも言いやすくなります。

そうした空気をしっかりと作れるからこそ人気者として周囲から好かれることに繋がります。

このように人気者というのは些細な冗談であろうとも見逃さず、ツッコミを入れたり笑ったりなどするため、どんどん場が楽しいものになっていきます。

逆に自分がいじられたりツッコミを入れられたりしても、それで気分を害することはありません。

それすらもどうにかして笑いに変えようとするのです。

ですのでこうしたタイプは人気を得やすいというわけです。

スポンサーリンク


他者を見下すことは決してしない

 
人気者というのは、他者を見下したり、陰口を叩いたりなどといったことは絶対にしません。

むしろ他者を見下したり悪口を言うようなタイプは人気者どころか、周囲から疎まれる存在になってもおかしくはないのです。

ですので他人を見下さない、悪口を言わないなどといった優しい人が人気者になれるというわけです。

さらにこうしたタイプは周囲からの信頼度が抜群です。

誰に対しても平等に接することが出来る人物であるため、周囲も心を開きやすいのです。

だからこそ悩み事や心配事などを相談されることもしばしあります。

このように周囲から信頼され頼られることも人気者の秘訣と言えます。

ただこうしたタイプは一度でも他者を見下したり、悪口を言ったりすれば、一気に人気者の座から転落してしまう危険性を孕んでいます。

信頼を作るのは時間がかかりますが、壊れるのは一瞬です。

信頼されるタイプの人気者は一瞬の気の緩みが命取りというわけです。
 

人気者になりたい人は思考を変える

 
いかがでしょうか。

人気者の特徴として挙げられるのが、行動的でポジティブシンキングなのが絶対条件になります。

「そんなの簡単じゃーん」なんて思う人もいるかもしれませんが、これがなかなか難しいものです。

特に思考を常にポジティブに保つというのは、すぐにできるようなことではありません。

いつも物事を前向きにとらえる習慣があって、初めて思考が変わります。

これを勘違いして、形だけ積極的で前向きなフリをしても、必ずボロがでますし、そんなときほど人は離れていきます。

一気に人気者になりたい!と考えるのではなく、思考を変えて毎日を全力で過ごしてみましょう。

きっと周りからの反応が少しずつ変わってくるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク