人望が厚い人に共通する習慣や特徴と人望を得る方法

人望が厚い男
by Gage Skidmore
 

「いつもあの人の周りには人が集まっている」
「みんなに頼られてて、尊敬されている」

なんて人望がある人はあなたの周りにいませんか?

そんな人をみると心の奥底では「いいなぁ。それにひきかえ私は・・・」
と感じたりしますよね。

人望がある人、みんなに好かれる人にはある共通点があるので
本日はそれをご紹介します。

些細なことを気をつけるだけであなたも人望が厚い人に変われるはずですよ。

スポンサーリンク


人望が厚い人たちの共通点

出典

 

人望が厚い人は嫌われない努力をしない

 

人は会う人みんなに好かれたい、愛されたい、嫌われたくないと感じてしまいます。

しかしそれは残念ながら不可能です。

例えば、誰がどうみても完全無欠の善人がいたとしても、
「あの人は誰にでもいい顔をする。八方美人だし、信用出来ない。」
と言う人が現れます。

人望のある人は嫌われない努力はせずに、
愛される努力をします。

嫌われたくないのであれば誰の記憶にも残らないように
生活するのが最良の方法です。

しかしそれでは人望があるとはとても言えません。

あなたが正直に、大好きなように生きると決断し、相手への気遣いを怠らなければ
人はあなたに集まり始めるでしょう。

あなたに対して「八方美人だ!」なんていう人も現れますが
所詮、あなたに嫉妬しているにすぎません。

スポンサーリンク


人望が厚い人は去るものを黙って見送る

 

人望を失う、人脈が途切れることはほんの些細なキッカケで起こります。

「成功してから人が変わった」
「出世してから冷たくなった」

といった会話がいたるところで飛び交っていますが、
それは当然の話し。

相手がグングン成長しているのに、
自分の成長はピタッと止まっていることに気づいていないのです。

万年平社員とマネジメントする立場の人では感心事も違うし、
上手く会話も成り立ちません。

そしていつの間にか会社辞めることになっていたりするなどで
人望や人脈が途切れるのだそうです。

しかし人望の厚い人は中途半端に優しくせず、
黙って見送る。

いつかその人が成長して戻ってきた時に
本当の意味での人脈が築けることを知っているからです。

 

人望が厚い人は人の嫌がる話題をリサーチする

 

人の嫌がる話をしてくる人がいます。
しかもその人は相手が嫌がっていることに気づいていないので
さらに厄介です。

とてもそんな人に人望があるとは思えませんよね。

人望がある人はたいていコミュニケーションスキルが高いです。

そして最初に多くの話題をふるのは、
どの話題が盛り上がるのかを知ると同時に、NGな話題を探っています。

相手の表情や声のトーンなどに気を配り、
少しでも嫌な雰囲気がでたら2度とその話題を口にしません。

どんなに楽しい一時でも、嫌な時間が少しでも紛れてしまうと
一日中集中できないままモヤモヤしたり、その日が台無しになってしまいますよね。

そういった部分に配慮することが大切であるようです。

スポンサーリンク


人望が厚い人の何気ない習慣

 

  • ミーティング・会議の5分前には集まっている
  • 発言する際の順番は「結論」→「理由」→「具体例」
  • 挨拶は自分からする
  • メールの内容はシンプルでわかりやすい
  • 約束の時間は守る
  • 身の回りの整理整頓ができている

などなど。

 

年下や部下相手に偉そうにしない

 

人望が厚い人というのは、年下や部下相手に決して威張ったり偉そうにしたりなどといったことは行いません。

誰に対しても丁寧な態度で接することができる人が人望を集めるのです。

偉そうな人に対して、人は不信感を持ったりうっとうしいと思ったりなどとしてしまうものです。

また人によって態度を変えてしまうのもダメです。

そうした人は相手を選んでいると周囲から思われてしまうため、人望を得ることなど到底できません。

それゆえ誰に対しても平等な態度で接することができる人こそ、信頼感を得やすいという傾向にあります。

スポンサーリンク


素直に気持ちを話せる

 

人望の厚い人は素直であることが多いというのが特徴です。

例えば人から助けてもらった時はありがとう、自分が悪い時はごめんなさいとちゃんと言える人は好印象を抱かれやすく、結果人望も集めやすいです。

また悩んでいることがあれば、それを部下であっても隠すことなく相談できる人が多いです。

そうした姿勢が人望を集めることに繋がっているのです。

さらにこういったタイプの人は周囲の人をよく観察しています。

頑張っている人を見つけたら褒める、失敗して落ち込んでいる人がいたら慰めるなどと周囲の人もテレることなく素直に褒めることができる人が多いです。

 

確固たる自分を持ってる

 

人望の厚い人というのは、決してブレることのない自分を持っています。

確固たる自分を持っているがゆえに、どんな事態が起こっても決して折れることなく立ち向かってゆける人が多いのです。

そうした姿が周囲の人から憧れる存在に映るのです。

自分の信念を強く持ってる人は周囲から頼りにされることも多いため、そうした経験を積み重ねていくことで人望の厚い人間になっていきます。

また人望が厚いということはついていきたくなる存在ということでもあります。

それゆえ確固たる信念を持っている人物は、人望を集めやすい傾向にあるのです。

スポンサーリンク


陰口や愚痴を言ったりしない

 

人望が厚い人は、陰口や愚痴を言ったりしません。

誰だって、嫌なことがあったら不満が溜まりますよね。

そのはけ口として、陰口を叩いたり、愚痴をこぼしたりしてしまうのは、人間の自然な行動です。

しかし、それは同時に周りからの自分の評価を下げることになります。

一度も愚痴を言わない人なんていないでしょうが、人は一度も愚痴を言わない人が好きなのです。

人望が厚い人は、このことをよく理解しています。

ですから口が裂けても愚痴や陰口は言いません。

嫌なことがあったら、何か他のことで発散します。

それにより彼らは、「不満を言わない立派な人」という信望を獲得しているのです。

 

仕事が丁寧で手抜きしない

 

人望の厚い人は、仕事や作業がとても丁寧で、決して手抜きをしません。

逆を考えればわかりますが、仕事が雑な人には、誰も信頼を置きません。

言われたことをこなすだけの人に、ことさら好ましい評価をすることはないでしょう。

反対に、言われたことだけでなく、それ以上の作業や、相手の意図をくみ取ったかのような仕事をする人は、学校でも社会でも好まれます。

彼らの仕事は本当に行き届いているので、「あいつに任せておけば間違いない」と言われるような人になるのです。

このように人望が厚い人は、ひとつひとつの仕事が丁寧だということが特徴なのです。

スポンサーリンク


言葉よりも行動で示すことができる

 

言葉よりも行動で示すのが、人望の厚い人の色濃い特徴です。

世の中には、いわゆる「口だけ」の人が多いです。

偉そうなことばかり言って、いざ自分にその役目が回ってきたときには全くできない人もザラにいます。

しかし人望が厚い人は逆です。

基本的に言ったことは絶対にやるし、言葉よりも行動で示します。

百度「真面目にやる」と口にするより、実際に一度でも真面目にやっているところを見せたほうが、周りは納得すると知っているからです。

もしそれで成果が出なくとも、周囲はその行動に評価します。

結果として、周りの信頼を得ることができるのです。

 

人望を得る方法

 

相手が忘れているような小さな約束でも必ず守る

 

人から人望を得るための必須要素は「約束を守る」ということでしょう。

約束したことをきちんと守れないようでは、人望を集めることはできません。

大切なのは、どんなに小さな約束でも守るということです。

相手が、「そういえば、そんな約束をしたことがあったな」と思うような些細なことでも、きっちり守ることが、人望につながるのです。

そのためには、相手が忘れてしまうような約束でも忘れずに覚えている必要があります。

つまり、「どんなに小さなことでも、人と約束したら、それをメモなどに残しておいて、必ず履行する」というのが、人望を得るための方法と言っていいでしょう。

なお、できるだけ迅速に約束を果たすというのも、大切なポイントです。

スポンサーリンク


自分の仕事をきちんとこなし、役割を果たす

 

自分がすべき仕事をきちんとこなすこと、自分に与えられた役割や役目をしっかり果たすことも、人望を得るために必要になります。

どんなに人間的に魅力があり、約束を守ることができても、仕事をいいかげんにするようでは、真の意味で人から人望を集めることはできません。

仕事だけではなく、たとえば、趣味のサークル活動や近所づきあいなどでも、自分の役目、役割を正確に理解していて、それを果たす努力をするのが、人望を得るためには必要なのです。

もちろん、場合によっては、自分の務めをじゅうぶんに果たせないこともあるでしょう。

しかし、どんな場合でも、務めを果たすための最大限の努力を惜しまないのが、人望のある人の特徴であり、そういう人になるための方法なのです。

 

発言をかんたんには変えない

 

「ブレない」というのも、人望を得るために必要な要素です。

たとえば「今日は昨日と違うことを言っている」というような人は、人望を得ることはできません。

発言がその時によって変わらない人、あるいは、どんな相手に対しても同じ発言をできる人が、人望を集めることができるのです。

ただし、時には人の意見を取り入れ、自分の意見を変えたほうがいい場合もあるでしょう。

それをかたくなに拒めば、「意固地な頑固者」になってしまいます。

「意固地な頑固者」は、人望を得ることはできません。

ですから、「必要に応じて発言の訂正や変更はするけれど、かんたんには発言を変えないようにする」というのが、人望を得るための方法なのです。

スポンサーリンク


人の話に耳を傾けるようにする

 

人は、自分の話を聞いてもらうと、とても嬉しいものです。

共感して受け止めてもらい、苦労を理解してもらえると、すっきりします。

そして、そのように話を聞いてくれる人のことを頼りがいがあるとか、いい人だと思うようになります。

感謝の心を持ち、好意的に見るようになります。

人望を得るには、人の話にできるだけ耳を傾けることです。

周りの人間の不満などを受け止めるのです。

そして、自分なりに、誠意を持って、思うことを話すといいでしょう。

相手を否定しないようにしつつ、相手の参考になりそうなことを一言言うだけでいいのです。

それだけで満足してくれ、人望を得ることができます。

 

結果を出すように本気で努力する

 

仕事にしろスポーツにしろ、何にしても結果を出さなければ、なかなか信頼はされません。

結果を出している人は、それだけですごいという目で見られます。

よほど悪いことをしていたり、嫌みな発言をしていたりしない限り、人格までも優れているかのように見られる傾向があります。

そこで、人望を得るために、まずは結果を出しましょう。

本気で努力して頑張っているという様子がさりげなく伝わるといいですね。

あの人は必死に努力していて頑張っていてえらい、結果も残していてすごいなと思われると、尊敬の眼差しで見られます。

こうなると、人望は得たようなものでしょう。

スポンサーリンク


他人の陰口を言わない

 

他人の批判をすることは時には必要です。

間違っていることを間違っているという姿勢が大事になることはあります。

しかし、陰口は禁物です。

陰口は、言っている時は気持ちがよくてすっきりしますが、それを聞いている人にとってはいい気分ではありません。

話し相手以外の誰かに聞かれた時は最悪です。

あの人は陰口を言うんだと思われるだけで印象は悪いです。

また、自分のことも陰口言うのかななどと思われ、信頼を損ねて距離を置かれてしまうこともありえます。

人望を得るためには陰口を言うことは避けましょう。

誠実な人間関係が大切です。

 

人望がない人は仕事もできない

 

仕事ができる、できないで人望の有り無しが変わる・・・
とは思いたくはありませんが、現実には大いに影響があります。

明らかに人望がない人はどこか抜けていたり、だらしなかったりするので、
あなたも仕事をお願いしようという気にはならないはずです。

もしあなたが自分で「人望がないかも・・・」なんて感じる瞬間があれば、
それはあなたの仕事ぶりがそう思わせているのかもしれません。

そんな方は
仕事ができない人の特徴とその対処法9つ
をよく読み込んでみましょう。

今まで気づけなかったことに気づくなど、
客観的に自分を見るキッカケになるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク