彼氏と喧嘩したときの対処法11選

彼氏と喧嘩したときにどうしていいかわからない・・・なんてことになっていないでしょうか。

彼氏から謝罪言葉を待っていたりすると、もしかしたらいつまで経っても仲直りすることができずに、そのまま別れてしまうことにもなりかねません。

できることなら、あなたから行動して、なるべく早く元の状態に戻りたいものです。

そこで今回は彼氏と喧嘩した時の対処法についてご紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏と喧嘩してすぐに仲直りする方法

  • 素直に謝る
  • 挨拶は忘れないようにする
  • 一旦時間を置く
  • 悪いところを聞かない
  • あからさまに落ち込む
  • 「もしこのまま別れてしまったら」と想像する
  • 意地を張る自己満足のメリットと、彼氏を失うデメリットを比較してみる
  • メールかラインで「ごめん」とうメッセージを送る
  • 泣かない
  • 彼女の方から謝る
  • 彼氏との喧嘩の仕方も大事

彼氏と喧嘩したときは素直に謝る

 
彼氏と喧嘩した時に自分は悪くないと思っていても悪化する前に自ら謝ってしまいましょう。

男性はプライドの高い生き物ですから、たとえ自分に負があったとしても自分からは謝りたくないと感じてしまいますので、たとえ彼の方が理不尽なことで怒ったとしても自分が大人になって素直に謝るのが良いのかもしれません。

人間違う環境で育ってきた同志、生活習慣の相違や意見の違いは必ず生まれてしまいますから、自分の意見を押し通して相手を丸め込むのではなく、お互いに歩みよることが大切になりますので喧嘩をして彼が怒ってしまったときは女性側から歩み寄ることが良いでしょう。

付き合いが長くなるにつれて相手がどのポイントで怒るかもわかってきますから、喧嘩をしないためにも相手を上手く利用できるようになれば、手のうちで転がすことも簡単になりますし喧嘩も減りうまく付き合っていけるのです。

スポンサーリンク


彼氏とケンカしても挨拶は忘れないようにする

大喧嘩のあとも、あいさつをする

どんな大喧嘩のあとでも、「おやすみ」などの挨拶を、メールでもよいので忘れずに送るようにしましょう。それが仲直りのチャンスになります。

和解のきっかけに、気軽に返せる挨拶を送りましょう。「おやすみ」メールの下のほうに、謝罪の一言を入れると相手も反省してくれるはずです。

出典 ケンカしてもすぐ仲直りできる7つの行動

彼氏と喧嘩するとどうしても、コミュニケーションの数が大幅に減ってしまうものです。

その状態を放置してしまうと、お互いの気持ちが自然と離れていってしまいます。

彼氏とこのまま自然消滅してもいいかなと思っている人であればそれでもいいのですが、別れたくない!という気持ちがあるのであれば、わずかでもいいので、コミュニケーションをとるようにしましょう。
 

一旦時間を置く

ケンカが一段落したら、一人の時間をつくり冷静になりましょう。恋人と少しの間離れることで、気持ちを整理することができます。「少し冷静になろう」と、お互いをそっとしておく時間を作ってください。

ただし、時間があいた分、余計に仲直りがしづらくなることも。距離を置いた後は、自分から謝る姿勢を見せましょう。

出典 ケンカしてもすぐ仲直りできる7つの行動

お互い冷静さを失ってしまったら話が平行線をたどり仲直りどころではなくなってしまいます。

ですから喧嘩をしてしまって埒があかなくなってしまったら一旦距離を置いてお互い冷静さを取り戻すことが重要なポイントになってきますから、意見を押し通すだけではなく喧嘩が長引きそうになったらお互い頭の中を整理する時間が必要になるかもしれません。

そうすることによって、自分にも負があることに気づいて維持にならずに歩み寄ることが出来るのです。

喧嘩をしてしまいわだかまりもなくすぐに仲直りをしたいときには、一度少しだけ距離を置いて冷静になることが大切になります。

スポンサーリンク


彼氏と喧嘩して仲良くなりたいなら、悪いところを聞かない

 

仲直りしたいけれどどうしていいか分からなくて「どこが悪いのか教えて」と言ってしまうのでしょうが、実はこのコトバほど自分本位なものはありません。

相手が怒る原因を自ら考えることを放棄し、自分が求める答えを簡単に知ろうとしているからです。

特に、ケンカ直後で彼がまだイライラしているときに言うのは御法度!火に油を注ぐようなものです。

出典 彼とのケンカの後に絶対にしてはイケナイコト・4選

 

彼氏が怒っているのは、もしかしたらあなたの自己中心的な考え方に対してかもしれません。

喧嘩の原因が分からないままだと、どうしてもその理由を知りたいと思うものですが、その行動がますます二人の溝を深めてしまうきっかけになる事もあるので、注意しましょう。

 

彼氏と喧嘩したら、あからさまに落ち込む

 

喧嘩をしたときには言い訳などはせずにあからさまに落ち込んでみましょう。

彼も言い過ぎたと感じて優しく接してくれるかもしれませんし、女性らしい弱さをアピールできますので一石二鳥です。

しかしこちらは頻繁に使いすぎると効果がなくなってしまいますから、たまに行うのが効果的と言えるでしょう。

スポンサーリンク


喧嘩したら彼氏の好きな人をさりげなくする

何も言わずに彼氏の好きな料理を作る

こんな相手につくす行動なら、何も言わなくとも彼氏は彼女の気持ちを悟ります。ケンカが終わってしばらくしてから、おもむろに振る舞うのがベストでしょう。仲直りの意志を伝える方法は言葉だけではないのです。

出典 ケンカの仲直りをするためのアプローチ8パターン

仲直りしたいのであれば、さりげなく彼氏の好きなことや、好きなものを用意することもおススメの方法です。

その行為自体が、仲直りしたいというアピールの1つですし、彼氏もその姿を見て、いつまでも怒っている自分が馬鹿らしく思えてくるものです。

クスッとお互い笑って、自然と仲直りできることでしょう。
 

「もしこのまま別れてしまったら」と想像する

 
彼氏と喧嘩した時にできるだけ早く仲直りするための方法、それは、「一刻も早く自分から謝ること」につきます。

「そうはいっても、それがなかなかできないから悩んでいる」という人が多いでしょう。

素直に謝ることができるようになるには、意識の持ち方を改める必要があります。

おすすめなのは、「もしこのまま喧嘩別れしてしまったら」と想像してみる方法です。

好きで付き合っている、大切な彼氏です。

喧嘩をしてハプニング的に別れてしまうのは、もったいないことです。

謝るのが遅くなればなるほど、彼氏の心が離れていく危険性が高まります。

「こうしている間にも、彼の気持ちが冷めてしまうかもしれない」と想像すれば、「早く謝ろう」という意識を持てるでしょう。

スポンサーリンク


意地を張る自己満足のメリットと、彼氏を失うデメリットを比較してみる

 

意識を変えるためのおすすめの方法が、

もう1つあります。

「自分からは謝りたくない」と意地を張ることで得られる自己満足のメリットと、

その結果彼氏を失うデメリットを比較してみましょう。

どう考えても「彼氏を失うデメリット」のほうが大きいはずです。

そう認識できれば、つまらない意地を張ることをやめ、自分から謝ろうという意識に自然になれるでしょう。

 

彼氏と喧嘩したらメールかラインで「ごめん」というメッセージを送る

 

次に具体的なおすすめ習慣を紹介します。それは、喧嘩したらすぐに、「ごめん」という内容のメッセージを、メールかラインで送ることです。

喧嘩して別の行動を取ったり、電話で喧嘩して切ってしまったときはもちろん、たとえば、喧嘩したけれど、そのままいっしょの部屋にいるという場合も、おすすめです。

同じ部屋で二人とも黙り込んでしまったときに、「ごめん」とうメッセージが届けば、彼の怒りは和らぎ、「おれこそ、ごめん」とう返信がくるケースも少なくありません。

これを習慣にすることは、だれにでもすぐにできるはず。

そうしたら次に、それを口頭で伝える習慣にチャレンジしてみましょう。

少し時間がかかるかもしれませんが、努力次第で、いつでも素直に「ごめんね」と言えるように、やがてはなるでしょう。

スポンサーリンク


彼氏と喧嘩しても泣かない

 
喧嘩して女性に泣かれると男性は面倒に思ったりイライラしてしまったりするのです。

ただでさえ喧嘩している時はイライラしているのに、そこで泣いてしまっては仲直りに時間がかかってしまう原因になってしまいます。

そして何より、女性に泣かれると男性は一方的に悪者扱いされている気分になってしまうのです。

お互い様の喧嘩なら、男性はいい気はしませんよね。

なので早く仲直りするためには女性は涙を少し堪えてみましょう。

泣かずに喧嘩中向き合うことで、男性も女性も冷静になれる部分が出てくるので、お互いの意見も聞き入れやすくなります。

お互いの意見が聞き入れやすくなれば、喧嘩の後の仲直りをすぐに出来てしまうはずです。
 

彼女の方から謝る

 
多くの女性は男性が謝ってくるのを待つ傾向にあります。

ですが、待つことが喧嘩の後の仲直りを遅らせる原因になっています。

仲直りしたいと思える喧嘩はお互い様の喧嘩ですよね。

なので、女性側からも男性に歩み寄ってみましょう。

どうして私から謝らないといけないのと思ってしまう事もあるとは思いますが、仲直りの近道は自分が折れることです。

今まで仲直りの時を待つばかりだった女性なら尚更、自分から謝ってみましょう。

そうする事で、男性側の怒りも早く沈めることができます。

なので、男性も側も上辺の謝罪ではなく心の篭った、謝罪ができるようになるのです。

そうすれば仲直りが早くなるのです。

スポンサーリンク


彼氏との喧嘩の仕方も大事

 
早く仲直りするには、喧嘩の仕方も重要になってきます。

喧嘩中、もういい、もう知らない、と言ってしまったことのある女性は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

その言葉は男性にとって、逃げに聞こえたり諦めに聞こえてしまうのです。

なので、もういいや、もう知らないなどは喧嘩中なるべく使わないようにしましょう。

言いたい事があれば喧嘩中にハッキリと言い合うようにしてみましょう。

そうすれば、喧嘩の後お互いに言い合った意見を思い出し、自分も悪かったなと思えます。

そうお互いが思える事で、男性も女性自分から仲直りをしようと思えるはずです。

そう思えれば、早く仲直りをすることができるのです。
 

彼氏が喧嘩して無視する理由

  • あなたに興味がなくなったから
  • 彼氏が激しく怒っているから
  • あなたが興奮していて、冷静に話し合いできないから
  • 彼氏の男性本能が、喧嘩で負けると悟ったから

出典 彼氏と喧嘩!無視する理由とは?男が頭で考えることはコレ!

ささいな言い合いが、気が付いたらどんどんとヒートアップしたこともあるはずです。

怒り心頭な彼女が、本来のケンカの原因とは違うことまで言いだし収拾がつきそうにないと思ったとき、彼氏たちは再び沈黙を選択するのです。

理由はただひとつ、簡単に予想されるこの先の事態の悪化を回避するため。

普段、思っているちょっとした不満もつい関係ないのに言ってしまうのはよくあること。

でも、喧嘩ついでに日ごろの小さな不満や根に持っている過去の出来事まで引っ張り出してくるのは、「スレ違い」なのです。

出典 彼氏が喧嘩中に無視をする6つのワケ、彼女がとりたい唯一の対策

彼氏と喧嘩して仲直りしたいのに、ずっと無視され続けてしまう・・・なんてケースも少なくありません。

そのような状態にイライラすることもあるでしょうが、それよりも先に、彼氏が無視する理由を考えてみましょう。

理由もなく、彼女に対して無視する人はまずいません。

その理由さえ分かれば、すぐに対処法は見つかりますので、仲直りのきっかけがつかみやすくなります。

スポンサーリンク


彼氏と喧嘩して別れたくないなら、ルールを決めておこう

 

いかなる状況でも「仲直り」をゴールに定めておきましょう。

必要なのは、攻撃して相手を傷つけることではありません。

なぜ自分が傷ついたのかを伝え、なぜ相手が傷ついたのかを理解することです。

そして、この先どうしたらお互いに心地よい関係を築けるかを考えることです。

喧嘩の回数を重ねてきた二人は、いわば「仲直りのプロ」。

どうしたら仲直りできるのかも、きっと他のカップルより分かっているはずです。

喧嘩がヒートアップすると「別れ」以外の終着点が見えなくなってしまいますが、

さっさと気持ちを切り替えて「仲直り」をゴールに定めましょう。

出典 「でも、別れたくない……」喧嘩の多いカップルが改善すべき10の事

いかがでしょうか。

彼氏と喧嘩別れしてしまうカップルはとても多いです。

そのカップルの多くは、実は後悔している人も少なくないのが、現実です。

後悔の念を抱えたままだと、次のステップに進むことが難しくなりますし、

いつまでも未練を引きずってしまい、恋愛に積極的になれませmん。

そんなことになるのであれば、別れなければよかった・・・と思うことでしょう。

このような悲惨なことになるまえに、彼氏と喧嘩したら仲直りするためのゴールやルールを決めておくことが効果的です。

これさえ決めておけば、いきなり喧嘩別れになるということは防げるはずです。

また、もしあなたになかなか彼氏ができないのであれば「彼氏ができない女性の特徴とすぐに彼氏ができる方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク