ルーチンワークな仕事6つ

ルーチンワークな仕事とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ルーチンワーク聞いて、あなたはどんな印象を持ちますか?

楽な仕事?退屈の代名詞?という否定的な方から、なくてはならない仕事、円の下の力持ちと思う方まで幅広くいらっしゃることでしょう。

そんなルーティンワークですが、一体どのようなものがどんな役割を担っているのか?

やったことがない人には意外につかみにくいものなのかもしれませんね。

そこで今回は、決して花形ではない、しかしなくなったり機能しないと意外に困るルーティンワークについて3つの仕事を挙げながらご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


ルーチンワークな仕事

 

既存顧客への営業はルーチンワーク化している

 

既存顧客への営業って、既に関係ができているから新規開拓よりも簡単と思われるかもしれませんが、既存顧客に対するものでもそれ相応の難しさがあります。

なぜなら、既存顧客はあって当然と思われているからです。

あって当然と思われている以上は、もしもの事態に備えなければいけません。

もしかしたら、既存顧客からさらなる利益を見込めるかもしれないので、そのチャンスも逃さないようにする注意が必要です。

しかも時代は絶えず変わっています。

そのため「付き合いでなんとかなる」と思っていたものが急に途切れることもあるのです。

そのため、必ずしも楽な仕事ではないのです。
 

給与計算はルーチンワークな仕事の1つ

 
毎月ある給与計算ですが、システムのミス一つで大きく金額が異なってしまったり、それによって、会計全体に影響が及ぶ場合が少なくありません。

仕事をしている以上給与はもらえて当然のものではありますが、その裏では、細かい作業が多量に行われています。

特に、遡って計算することがないようにする注意が求められます。

ここだけは、どんぶり勘定ではできないものです。

スポンサーリンク


ルーチンワークな仕事の代表は受付

 
受付も毎日行われなければいけないものです。

毎日同じ場所に立っている人ならばすぐになれるだろうと思う方もいるようですが、そんなわけがありません。

自分は同じ場所に立っていても、来る相手がたくさんいるからです。

しかも相手が何者なのかをしっかり掴んで置けるかどうかで印象も変わります。

入口を担う以上最も気を使う仕事なのかもしれません。
 

ルーチンワークは意外とつらい

 
ルーチンワークな仕事に憧れている人はけっこう多いのではないのでしょうか。

同じ作業を繰り返すだけで良いなんて楽チンだなぁと思っていませんか。

ルーチンワークの仕事はけっこう辛いのです。

第一に、飽きてしまいます。

同じ作業の繰り返しを延々と続けるにはかなりの集中力が必要です。

またルーチンワークにはミスが許されないことが多いです。

眠気とも戦わなくてはなりません。

たまに、何でこんなことやっているんだろう。。と考えてしまったりします。

また、ルーチンワークは体に負担がかかっていることも多いです。

同じ作業の繰り返しということは、姿勢を固定する場合が多く、肩こりや腰痛に悩んでいる人も多いようです。

楽チンに見えるルーチンワークも、実際にやってみると、けっこう辛いのです。

スポンサーリンク


意外と改善できる

 
ルーチンワークって、誰がやっても同じ作業と思っていませんか。

言われたことを言われた通りに延々やっていく、ルーチンワークってそんなイメージではないでしょうか。

でも、実際にはルーチンワークはもっともっと改善できる仕事です。

もっと早く、もっと正確に、もっと質の良い作業を目指すことができます。

仕事ができる人というのは、ルーチンワークもスマートにこなします。

常に改善点を考えているため、どんどん早く正確にこなせるようになるのです。

ルーチンワークの改善方法としては、機械化する、システム化する、道具を使うまたは道具を編み出す、先輩を真似る、などがあります。

実はルーチンワークも意外と創造性のある仕事のひとつなのです。
 

大事に扱われない

 
上で述べたように、意外とつらくて、でも意外と改善できる(創造性のある)ルーチンワークですが、一般的には全く大事に扱われません。

たいていは、ルーチンワークに対する報酬は少ないのです。

レジ打ちやトイレ掃除など、アルバイトが担っているケースも多いです。

ルーチンワークは、出来て当たり前、失敗がなくて当たり前なので大事に扱われないのかもしれません。
 

ルーチンワークな仕事に飽きたらすぐに変えよう

 
いかがでしょうか。

ルーチンワークな仕事というのは創意工夫次第でいくらでも楽しくなるものですし、改善することや効率化させることができます。

しかし一番の敵は、そういう気持ちすら起こさせないぐらい飽きてしまうことでしょう。

人は飽きてしまったら、それ以上のことはしなくなりますし、成長も止まってしまいます。

周りがどんどん成長している中で、そんな状態で何年も過ごすのはとても恐ろしいことです。

数年後、自分だけが変わっていない・・・と嘆いても、すでに遅いのです。

なので、ルーチンワークな仕事に飽きてしまったら、すぐに環境を変えることをおすすめします。

それがあなたにとって最も良い選択になるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク