自己否定する心理6つ

あなたの周りには自己否定するのが癖になっている人がいるでしょうか。

また、あなた自身はどうでしょうか。

ウジウジしたり、急にやる気が無くなったりしてしまうのが自己否定してしまう人の特徴だといえます。

では、どうしてそのように自分を否定してしまうのか。

そこで今回は自己否定する人の心理をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


自己否定する心理

 

自己否定する原因とは

 
自分を否定してしまう心理は、逆に自分を肯定された経験が少ないからです。

小さい時や子供の頃の経験などで、周りから褒められた経験があまりなかったり、人よりもいい思いをしたことが少ないと自己を否定しがちです。

あまりにその習慣が続くと何かと自分を否定することが当たり前になってきます。

その方が安心すると言っても過言ではないかもしれません。

どうせ自分はできるようにはなれない。

だから初めから自分はできないと思っていた方が後から傷つかなくて済むからです。

また過去に痛烈に自分を否定された過去がある場合もあります。

痛烈な自己否定を経験しただけに、もう自己の肯定の仕方すら忘れてしまっています。
 

自己否定する人は褒め言葉に素直になれない

 
自己を否定する人は本当は自己肯定を求めています。

しかし、自分ができると一瞬でも思ったあとからやっぱりできなかったと突き落されるのが怖いのです。

安易に他人が褒めても、でも、だってとなかなか素直に認めてくれない場合もあります。

対応する側は非常に疲れてしまいます。

それでも、自己否定をする人は自己肯定を本当は求めています。

でも~、だって~、と何度励ましを否定されても、何度も何度も肯定してあげて下さい。

面倒な過程ではありますが、自己否定が強い人はこの繰り返しの過程を求めています。

自分があらゆる角度から否定したのにそれでも肯定してくれたという事実によって、ようやく自己肯定を感じることができるのです。

もし自己否定を続ける人が、あなたの大切な人なのであるのなら根気よく付き合ってあげて下さい。

根気よく続ければあなたの気持ちはきっと、その人の心に届くはずです。

スポンサーリンク


自己否定する心理として傷付きたくない

 

誰かに否定されることで傷付きたくないという心理です。

他人から思いもよらない言葉で否定されるのは、辛く悔しいものです。

しかし、自分で自分をあらかじめ否定することにより、自分のどんなところが否定されそうか、

またどのような言葉で否定されそうか、ということを予想しておくことができます。

いわばシミュレーションを行ってしまうのです。

これによって心の準備ができ、他人から指摘されたときのダメージの軽減が期待できます。

また、口に出して自己否定した場合には、本人が自覚していることについては改めて否定しにくくなるため、

周囲からの否定自体を防ぐことができるということも考えられます。

 

自分を否定する相手に近付きたい

 

進んで自分自身を否定することによって、

自分を否定する他人の方に同調し、溶け込みたいという心理です。

例えば自分を否定する人間の方が多数派であったり、権力を持っていたりする場合もそうですし、

憧れの集団であるなど魅力的な人々であった場合にもそうでしょう。

少し捻れた願望ではありますが、「否定される自分」ではなく「否定する他人」の味方につきたい、仲間になりたいという思いから、

あえて自分で自分を否定するのです。

スポンサーリンク


ストレスの発散をしたい

 
これは矛盾しているようですが、一部の人が外に向かって攻撃的な言動でストレスを発散するように、自分自身に向かって否定的な言葉を投げつけることで、ストレスを発散しようとするものです。

例えば他人に悪口を言う人や、物にあたる人がいますが、同じようにこれを自身に対して行うということです。

何かに対する攻撃は、しばしばストレスを和らげてくれます。

もちろんこれは、あまりいいストレス発散の方法であるとは言えません。

自己否定する人は、周囲を傷付けたくないという気持ちから攻撃対象に自分を選びがちですが、たとえ相手が自分であっても、やはりいい手段であるとは言えないでしょう。
 

自己否定する人にはどう対処したらよいのか

 
自己否定する人は大半が、逆に自分を肯定してほしいのです。

自分はブスだ。いやブスじゃないよ。

自分は運動ができない。いや、頑張ればできるよ。

と、他人から自分を肯定してほしいのです。

他人から自己を肯定する言葉を引き出すために、無意識に自己を否定するのです。

他人からの肯定する言葉によって初めて自分で自分を肯定できるような気になってきます。
 

自己否定を改善しよう

 
いかがでしょうか。

自己否定する心理は、単純にネガティブであるから、マイナス思考であるからといったものだけではありません。

また、仕事がうまくいっていない、恋人に振られたなどで自己否定してしまう状況に陥ってしまっている人もたくさんいることでしょう。

しかし、自己否定してもいいことは何一つありませんし、物事は前に進みません。

むしろ自分の悪いところばかりをみて、自信をなくしてしまい、今までのような振る舞いができなくなってしまいます。

これを良いことだと言う人はまずいないですよね。

なので、早めに自己否定する癖を改善するべきです。

改善方法は自己否定してしまう原因を取り除くのが一番効果的なので、その状況から逃れるように頭を使いましょう。

考えながら行動していけば、自己否定する時間なんて一秒もありませんよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク