自己開示が苦手な人の特徴9つ

自己開示が苦手な人というのはあなたの周りにいないでしょうか。

どうも話していても、相手のことがわからなかったりすると、これを聞いてもいいのか、もっと仲良くできるのかなどあれこれ不安になってしまうものですよね。

ではどのような人がそうなのでしょうか。

そこで今回は自己開示が苦手な人の特徴をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


自己開示が苦手な人の特徴

 

他人に対して警戒心が強い

 
自己開示が苦手な人の特徴としてまず、「他人に対する警戒心が強い」ということが挙げられます。

「こんなことを言ったら、良く思われないに違いない」「こんなことを言ったら嫌われてしまうかもしれない」と、他人の行動を深読みしてしまうあまり、心のどこかで他人を恐れていたりもします。

なので、自分の本音を出すまでに、相手のことをついつい探ってしまうことがよくあります。

そして、探る期間が長いので、仲良くなるまでにはどうしても時間がかかります。

これを改善する方法は、「人に接する」という行為の回数を増やし、フィールドワークで自分の心を鍛えていくしかありません。
 

自己開示が苦手な人は自分に自信がない

 
自己開示が苦手な人は、自分に自信がないというケースが多くあります。

自分に自信がないから、自分の考えを人に述べることに対して、二の足を踏んでしまうのです。

又、新しい友達を作る際においても、自分に対する自信のなさから、「こんな自分なんかと、仲良くなってくれるのだろうか」とネガティブな考えを抱いてしまい、初対面の相手の前では特に、ついつい引っ込み思案になってしまうのです。

自分で自分を卑下し過ぎてしまうため、他人も同じく、「自分のことをあまり良く思っていないのでは?」と疑心暗鬼になりがちなのです。

その恐怖心が、自己開示に対する苦手意識に繋がってしまいます。

スポンサーリンク


恥ずかしがり屋

 
自己開示が苦手な人は、恥ずかしがり屋である場合も多いです。

人と接するのも嫌いではないし、自分に自信がないわけでもないけれど、「自分をオープンにするという行為そのものが、何か照れてしまう」という思いが強いのです。

これは、元々の性格が原因であることが多いかもしれません。

このタイプの人達に対して、無理に心を開かせるように仕向けると、かえってプレッシャーに感じてストレスになることもあるので、注意が必要です。

このタイプの人達は、「恥じらい」というものを持っているので、ある意味、とても純粋な心を持っています。

なので、それを傷つけないように、プレッシャーをかけないように接すれば、時間はかかったとしても、徐々に心を開いてくれます。
 

自己開示が苦手な人は人見知り

 
自己開示が苦手な人は人見知りが多いです。

人見知りが激しいと人と話すことが苦手となり、自らを表現することができません。

表現ができないということは自らをわからずに自己開示ができなくなります。

話して行くと自分のこともわかりますし、話し方もわかってきます。

ただ人見知りをする人は、人見知りということを自分の強みだと考えています。

私は人見知りなのだから人と話せなくて当たり前と思い込んでいます。

しかし、人は話すと次から次へと話したくなるものです。

その一歩を踏み出せずにいることはそれでいいと感じています。

なので人と話すことが一番の自己開示に繋がりますが、それができないというのが一番の原因です。

スポンサーリンク


周りと比較してしまう

 
自分に自信を持つことは大事です。

自信がないと他の人に話しても何も印象を与えられないと思ってしまうからです。

例え、他の人と比べて一番だったとしても自分ではそれが表にだすことができないでいます。

また、自信がないとそれを伏せてしまいがちになります。

他の人に認めてもらえない話だとしてもそれを話すことに意味があることをわからないということがわかっていないことがあります。

しかし、それは自ら決めるものではなく相手が決めるものなのです。

自信に満ち溢れれば話すことも自ずと増えてくることでしょう。
 

積極性が足りない

 
積極性というのは養うことが大変です。

話し相手が居たとしても自ら進んで話すことができません。

今話さなくても次があると考えてしまう傾向があります。

しかし、それは話すことで相手が自分を見てくれるという意識がないのです。

話しかけられると誰でも止まって話しを聞きます。

面白い話しでも興味がない話しだとしてもです。

人は相手の特徴や仕草を知らず内に見ているものです。

にも関わらず話してこないと相手がわかるとどんどん離れていき、また次の機会が無くなって悪循環に陥ります。

自ら進んで相手に話しかけに行くということを繰り返すことが大切です。

スポンサーリンク


自己開示が苦手な人は相手のことを気にしすぎてしまう

 

誰かといっしょにいる時に、相手に気を使いすぎてしまったり、空気を読みすぎるあまり萎縮してしまう人がいます。

グループの中でグイグイとしゃしゃり出すぎる人も疎まれますが、そういう風に思われたくないと考えてしまい、うまく発言するタイミングを掴めずにいるタイプです。

自分の考えてることや意見を発信できない人には、こういった過度の相手への気遣いをしている人が多くいます。

多くの日本人にはそういった性質がありますが、ひとりの小さな動きが大きな波となり、広い範囲に影響を与えることはよくあります。

不安を排して発言できる個人の努力と、自由に開示ができる空気作りが大切になってきます。

 

考えを上手く言葉にまとめられない

 

几帳面なタイプの人に多く見られる傾向が、会議やディスカッションにおいて、いろいろと考えすぎてしまい発言できない人です。

また、普段から自分を伝えることに苦手意識がある人は、

考えや思いを言葉にして伝える変換作業に慣れていない人がいます。

後から一対一で聞いてみたりり、時間に余裕を持たせてあげると、

しっかりと考えていることが伝わってきます。

しかし、ただ考えているだけでは何も伝わらないので、

非常にもったいないことをしているタイプです。

考えのアウトプットが苦手な人には、口からではなく紙に書かせたり、

OJTのように実際に動きながらやらせることで、スムーズに発信できるようになることがあります。

スポンサーリンク


自己評価が低く、ネガティブ

 

他人からしたら単に卑屈としか捉えられませんが、「どうせ自分なんか…」と思ってあえて発信しようとしない人もいます。

苦手意識が異様に強かったり、それを悪い方向に拗らせてしまうとこのような状態になってしまいます。

こういうタイプは捻くれもので少し手を焼きますが、

じっくり付き合えば個々の得意分野や自信なりの考えは必ず見つけることができるはずです。

自信な無さげで、興味がない振りをしていますが、

その人なりのポイントを掴んで付き合うことで、徐々に自己開示をしてくれるようになります。

 

自己開示の方法を見つけよう

 

いかがでしょうか。

自己開示が苦手な人はたくさんいますが、それを自分なりに克服しようとする人はあまりいません。

もう、これが自分なんだ・・・と半ばあきらめてしまっている人が多いのです。

しかし、それではとてももったいないですよね。

必ず自分に合った自己開示の方法があるはずです。

すべてをさらけ出すことが自己開示の方法ではないことを覚えておくと、あなたなりの方法はきっと見つかることでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク