孤独感を克服する方法6つ

孤独には、一人でいる寂しさから感じる孤独と、集団でいる時に持つ孤独感があります。

孤独感という言葉にマイナスイメージを持ちがちですが、孤独感を感じた時、それは自分を振り返る良いチャンスが来たという事です。

孤独感を解消するために「なぜ自分はいま孤独を感じているのか」、その原因を考える事も必要です。

そこで今回は孤独感を克服する方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


孤独感が強いとき

 

自己分析する

 

集団の中にいる時、「自分は避けられている」と感じたり、

自分の居場所を見つける事ができず、孤独感を持つ事があります。

避けられていると感じた時は、

今までの自分の行動を振り返り、原因を考えてみましょう。

横柄な態度を取った事はないか、命令口調・きつい言葉使いをして相手に不快な思いをさせた事はないか、

自分の行いが人を傷つけていないか思い返します。

心当たりが見つかった時は、早めに関係修復をするための行動を取り、

反省すべき所は謝罪し、誤解があった時は話し合いによって和解を図りましょう。

自分の居場所を見つける事ができず孤独感を持った時は、

一人で頭の中で悩んでいても解決は難しいです。

相手側に自分から飛び込み、話す機会を持つ事で、相手が何を考えているか理解する事ができます。

また会話を通じて、相手にも自分の事を理解してもらう事もできます。

自己アピールする事で、周りの環境の変化を生み出し、

仲間を増やして孤独感を解消しましょう。

スポンサーリンク


ペットを飼う

 
一人暮らしをしている場合、会社や友達との付き合いなど、大勢の人達に囲まれてワイワイ楽しく過ごした時間と、帰宅し一人きりになったギャップから、寂しさを感じる事があります。

自分は一人ではないと感じるためには、「自分は必要とされている」と思える事が必要ですが、その対象は人間だけとは限りません。

動物は愛情を持って接していると懐いてくれます。

人に慣れているペットは、飼い主が留守にしている長い時間、飼い主の帰宅を心待ちにしています。

そのため、帰宅した時のペットの喜ぶ様子を見ていると、一人でいる事の孤独感を癒してくれます。

また、休日を一人で過ごす事が多くても、ペットとの繋がりを感じる事で、孤独感を解消できます。

ペットは犬や猫だけではありません。

ハムスター、カメなどの小動物は、鳴き声を気にする事なく飼えます。

世話も難しくなく手間がかからないため、今までの生活のペースを崩す心配もありません。

可愛がって育てると人間に良く懐くため、貴方の大切な相棒となり、一人でいる事の孤独感を解消してくれます。
 

物を作る

 
自分には何もない、と空しさを感じた時に、孤独感を持ちます。

人は何もない状態から、形ある物を作る事に喜びと充実感を持ちます。空しさからくる孤独感には、物を作り上げる事で解消しましょう。

ジグソーパズルや手芸など、頭で考える事が必要な作業や、完成するまでに長い時間がかかる物を作る事がお薦めです。

物を作る事に神経を集中させていると、孤独感を感じる暇がありません。

時間をかけ苦労して出来上がった完成品を目にすると、達成感も得る事ができるため、心も満たされます。

スポンサーリンク


積極的に行動する

 
人恋しさからくる孤独感は、じっとしていては解消できません。

意識を変えて、自分から人との繋がりを持つ事が大切です。

いつも受け身でいると孤独感を感じる機会も増えます。

そんな孤独感を感じた時こそ、友情を深める良いチャンスです。

自ら友達へ電話し、友人との絆を感じる事で気持ちの切り替えができます。

人は不安感を持つと孤独感を感じるため、人と接する事が必要です。

「自分は一人ではない」と思う事で安心感を得て、孤独感の解消に繋がります。

また、現代はインターネットという便利なコミュニケーションの場があります。

自分の好みにあったSNSサービスを利用して、友達を増やす事ができます。

SNSは様々な人が利用しているため、共通の悩みを持っている人と交流する事ができます。

「人恋しく寂しいのは自分だけじゃない」と気が付くと、孤独感が緩和されます。
 

孤独感が消えないときは外出する

 
一人でいる事から感じる孤独感は、家の中に引きこもっていては解消する事はありません。

人がいる場所へ出掛けてみましょう。

パチンコ・ゲームセンター・公衆浴場などへ出掛けると、同じように一人で遊びに来ている人達がいます。

パチンコやゲームの話など、共通の話題で話かけてみると、話し相手になってくれるかもしれません。

その場かぎりの付き合いだとしても、良い気分転換にはなります。

勇気を持って話しかけてみましょう。

スポンサーリンク


熱中できるものを見つける

 

何もする事がなく、だらだらと過ごしていると孤独感を感じやすくなってしまいます。

打ち込んで取り組める趣味を持つと、孤独感を考える間もなく時間が過ぎ、気が付くと就寝時間という事もあります。

日中、活動的に動くと寝床に入った時に、頭の中が孤独感で一杯になって眠れない、という事もありません。

また好きな事をしていると、幸福感を感じプラス思考となるため、マイナス思考の孤独感へ考えが回らなくなります。

孤独について考える時間を作らないという事も大切です。

 

孤独感を感じるときほど克服するために行動しよう

 

いかがでしょうか。

大家族の中で暮らしていても、たくさんの友達がいても、孤独感を持たない人はいません。

人はどんな状況にあっても、孤独を感じる生き物です。

孤独感を持つ事にマイナスイメージを持たず、孤独を恐れない事も大切です。気持ちを楽に持ちましょう。

孤独感を感じた時は、自分の好きに使える時間を得た、とプラス思考に考え方を切り替えると、孤独を楽しむ事ができます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク