仕事にマンネリ化してきたときの解消法9つ

あなたは仕事にマンネリを感じていないでしょうか。

マンネリを感じた仕事ほど辛いものはありませんよね。

その状態では生産性も上がりませんし、仕事を辞めたくなってしまうのであまり良くありません。

では、どうすればいいのか。

そこで今回は仕事にマンネリ化してきたときの解消法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事にマンネリ化してきたときの解消法

 

いつもよりも早く出社をしてみる

 

いつもよりも30分、1時間早く出社をして、誰もいない時間に残っていた業務を片付けたり、机の周りを掃除したり、資格の勉強をしたりするのがおすすめです。

朝は少しでも寝ていたい、始業開始時間までだらだらしていたいと思ってしまいがちですが、だらけた心を正そうとする意識が働くだけで気持ちがしゃきっとします。

早起きは三文の徳。

一日の始まりが充実して中身の濃いものであれば、つまらないと思っていた仕事の感じかたも変わってきやすくなります。

早く仕事を片付けられれば残りは好きなことをする時間に当てられますし、お得ですよ。

 

通勤着や仕事着で思いっきりオシャレをする

 

いつもと違うオフィスファッションに身を包んだり、化粧や髪型を変えるだけでも気持ちは変わってきます。

マンネリ化を感じているときにはつい「いつも通り」になってしまいがちな身だしなみですが、できる範囲で変化をつければウキウキした気持ちで仕事に臨むことができますよ。

業務規則に違反していなければ、男性の場合は通勤するときの服装をスーツ以外のものにするだけでも気分が違います。

制服のある女性の場合にも、通勤着を思いっきりオシャレなものにして気合を入れましょう。

気分を変えるという意味では、通勤ルートを変えるのもおすすです。

毎日繰り返し会社に通うのが面倒くさくなるのもマンネリ化の大きな原因。

新しいお店を探しながら歩いてみたり、風景を楽しみながら気持ちをリフレッシュさせて仕事を始めましょう。

スポンサーリンク


プライベートで楽しみを見つける

 

ご褒美があれば頑張るための活力源になります。

仕事がつまらない、マンネリ化していると思っているときには、目標や楽しみを失くしてしまっている場合がほとんどです。

仕事の中でそれを見つけて努力することはもちろん、「ここを踏ん張れば面白いことが待っている!」と自分にご褒美をあげるようにして、仕事のやる気を出しましょう。

そのためにも心から楽しむことができるプライベート時間の趣味を持つことはとても大切です。

仕事をきちんとする、趣味を楽しむとメリハリをつけることができれば、マンネリを感じにくくなり仕事をする意味を見出すことができるようになります。

 

小さな目標を作るようにする

 

仕事にマンネリを感じるようになった時、まず試したいのは毎日の仕事の中でちょっとでも良いから目標を作るようにするということです。

どんな小さな目標であっても、目標があれば人はそこに向けて努力をすることができます。

そして実際にその目標をクリアすれば、それに嬉しさを感じて刺激になりますし、もし達成できなくても、その屈辱がやる気にかわります。

つまり、仕事に目標を立てるということは、どう転んでも仕事のモチベーションに繋がっていくのです。

なので、本当にちょっとしたことでも問題ないので、日々の仕事の中に目標を立てるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク


方法をかえて取り組むようにする

 

毎日の仕事にマンネリを感じるようになったら、仕事のやり方を変えてみるというのも一つの手段です。

誰だって毎日同じ仕事を、毎日同じ手段でしていたらモチベーションが下がるのは当然です。

ですから、それではマンネリを感じてしまうのも仕方ありません。

でも、それが分かれば早い話です。

毎日同じ仕事だと思わないようにすればよいのですから。

そして、それが出来るのが、方法をかえて仕事に取り組むという方法なのです。

もちろん方法を変えたら効率が明らかに下がるというのは良くないですが、さらに効率がよくなるような工夫を自分なりに試してみると良いでしょう。

 

仕事以外のモチベーションを作る

 

仕事以外のことでモチベーションを作るようにして、毎日の仕事のマンネリから解放されるようになっていきます。

ではそんな仕事以外のモチベーションはどのようにして見つけていけば良いでしょうか。

それは決して難しい話ではありません。

仕事以外のモチベーションといえば、やはり欲求です。

だれかと仲良くなりたいですとか、誰かに好きになってもらいたいですとか、そういう欲求があれば、仕事に行くのが楽しくなるでしょう。

誰かに恋をしてみたり、誰か同性の先輩に憧れてみたり、そうしてマンネリから脱出していくというのも、一つの手段なのです。

スポンサーリンク


毎日にちょっとした変化をつける

 

何だか最近仕事がつまらない、同じ業務の繰り返しで飽きた、そんな風に感じたことはありませんか?

最初は緊張した仕事も慣れてしまえばマンネリ化してしまうのはよくあることです。

マンネリを感じるのは何も悪いことではありません。

アナタがその仕事に慣れ十分にこなしきれるようになった証でもあります。

ですがそれをそのまま放置していては一向に仕事へのモチベーションは上がりません。

まずは簡単なことでいいので何か変化をつけるよう心掛けて下さい。

会社に行く道程を変えてみる、デスク周りを整頓して配置を変えてみる、髪形や服装を変えてイメージチェンジをしてみてもいいでしょう。

ちょっとした変化があれば慣れた風景も新鮮に感じるものです。

自分が出来る範囲で習慣を見直してみましょう。

 

仕事をステップアップさせる

 

今の業務に慣れたのならステップアップする道を探すことをお勧めします。

資格取得を目指して勉強を始めてみてはいかがですか?

マンネリを感じているのなら時間的・精神的にも余裕があるはずです。

今の環境をもっとよくするためにも仕事に役立ちそうな資格を取得して新しいことにチャレンジしてみましょう。

また今の業務を根本から見直してみることもお勧めです。

上司や先輩から教えられた通りにただ業務を遂行していませんか?

もしそうならもっと効率のいいやり方はないか、付け加えるべき情報はないかなど考えてみて下さい。

当然やり方を変えるのなら上司や先輩に相談して周囲に迷惑がかからないよう配慮することも大切です。

スポンサーリンク


プライベートの時間を大切に

 

休日などのオフの時は仕事から離れてプライベートの時間を充実させましょう。

時間が許すのなら遠出をしたり、ジムやスポーツで体を動かして汗をかいたりすることもお勧めです。

新しい趣味を探すために色々な習い事を始めてみるのもいいでしょう。

家庭がある方なら子供と思いっきり遊んだり配偶者の方とショッピングやランチに出かけたりして家族サービスを行うことも重要です。

また心身ともに疲れを感じているのなら家でのんびりと読書を楽しむなどして体をリフレッシュさせましょう。

何事もメリハリが大切です。

仕事の時は仕事に没頭し、プライベートの時はプライベートに没頭することで日々の意識が変わってきます。

仕事にやる気を感じるためにも余暇の使い方を考えてみて下さい。

 

仕事にマンネリ化してきたときの解消法のまとめ

 

  • いつもよりも早く出社をしてみる
  • 通勤着や仕事着で思いっきりオシャレをする
  • プライベートで楽しみを見つける
  • 小さな目標を作るようにする
  • 方法をかえて取り組むようにする
  • 仕事以外のモチベーションを作る
  • 毎日にちょっとした変化をつける
  • 仕事をステップアップさせる
  • プライベートの時間を大切に

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク