休日が引きこもり状態の人が脱出する方法4つ

せっかくの休日に、どこに行くでもなく一日中寝ていたり、家の中で過ごしているという人もいます。

毎日仕事で疲れているのかもしれませんが、休日がいつもこんな風につぶれていくようでは、ちょっともったいないと思いませんか。

そこで今回は、そんな休日がひきこもり状態の人が、それを脱出するための方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


休日が引きこもり状態

 

友人と出かける約束をする

 
休日がひきこもり状態になっている人の脱出方法の一つに、友人と出かける約束をするという方法があります。

休日はいつも家でゴロゴロしているようなら、無理にでも友人との約束を入れるようにして、ともかく家からでるのです。

友人との約束なら、行く前に「やっぱり行きたくない」と思っても、出かけないわけにはいきません。

約束しているのにドタキャンしてしまうと、相手に対しても申し訳ないという気持ちが働いて、何とか外に出ようと思ったりするのです。

休日がひきこもり状態の人が、いきなり休日一日出かけるのもしんどいと思うかもしれません。

そういう時には午後の数時間や夜ちょっと飲みに行くだけでもいいのです。

一日のうち少しでも外に出るようにしてみましょう。

休日がひきこもり状態になっているなら、友人と出かける約束をぜひしてみましょう。

ドタキャンしにくいので、何とか外出するようになる事でしょう。

 

お稽古事や趣味のサークルなどの用事を作る

 

休日がひきこもり状態になっていてむなしいと思ったら、休日に外出する「用事」を作るようにしましょう。

その用事にぴったりなのが、お稽古事や趣味のサークルといった、自分の好きな事です。

スポンサーリンク


自分の好きな事なら外出して通いやすいでしょうし、毎週同じスケジュールで出かけるようになりますから、休日に引きこもるといった事はなくなるでしょう。

もし授業料を払っているなら、月謝を無駄にしたくないという気持ちが働いて、多少の事ではサボらないで通う事でしょう。

趣味や特に習いたいものがないという場合、仕事に役立つ事のスクールに通うという事もいいですね。

例えば英語のスクールに通ったり、勉強のために図書館に出掛けるというのもよい方法です。

休日のひきこもり状態が解消するだけでなく、仕事のスキルも上げる事ができるかもしれないのです。

また、休日に引きこもり状態が続くのは、外へでも何もやる事がないという事もあります。

外へ出て、何かやる事があれば積極的に出るようになるのです。

休日に引きこもり状態となっている状態から脱出するには、外へ出てやる事があるようにしておきましょう。

そのための手段として、お稽古事や趣味のサークル、または資格取得のための勉強のスクールなどはとても効果的な方法といえるでしょう。
 

買い物の用事を入れる

 
休日のひきこもり状態から脱出するには、買い物の用事を休日に入れるようにするというのもいいですね。

買い物といってもいろいろありますが、それこそ何でもいいのです。

外出するために買い物に行くようにしましょう。

洋服を買うとすると、普段着よりもう少しよい服装をする必要がありますし、小物などにも気を配るので、一番いいでしょう。

町をぶらぶらと歩きながら、ウィンドウショッピングを楽しむのも楽しいでしょう。

しかし、洋服とまではいかなくても、日用品や食料品でもいいのです。

何か買うために家を出て見せに行く事が、一番大切なのです

休日前に「そろそろ調味料が切れそうだな」と思っても、会社帰りに買わないようにしてみましょう。

そして休日にまとめて買い出しに行けるように、あらかじめ買っておきたいものを紙に書いてまとめておくとよいでしょう。

買い物の用事を入れて、休日のひきこもり状態を脱出するようにしてみる事で、休日に引きこもりになる事が解消できるかもしれません。

スポンサーリンク


休日でも朝寝坊しないようにする

 
休日のひきこもり状態を後押しするのが「朝寝坊」です。毎日仕事が忙しく、ついつい休日の朝は朝寝坊してしまうという事がありませんか。

起きたらもう昼過ぎだった・・・なんていう状態では、いまさら外出するのもおっくうになってしまいます。

そういう事を避けるために、とりあえず朝寝坊しないようにしてみましょう。

早起きとまではいかないにしても、それなりの時間におきれば、一日の時間に余裕もありますから、ちょっと出かけようという気分にもなるでしょう。

家の掃除などの用事は午前中か午後の早い時間までに終わらせるようにして、午後はどこかにでかけるようにしてみるのです。

それを繰り返すようにすれば、生活のリズムというのもできてきて、休日もそれなりの時間までには起きるようになるでしょう。

起きたらもう夕方だった・・・そしてそのまま一日中パジャマでいたなんて休日では、あまりにむなしく、がっくりとしてしまうでしょう。

朝寝坊しないようにして、生活のリズムを整えましょう。

そうする事で、午後の時間に余裕ができて、出かける気分にもなる事でしょう。
 

休日が引きこもり状態は楽しいようで楽しくない

 
いかがでしょうか。

以上、休日のひきこもり状態から脱出するための方法について4つお伝えいたしました。

せっかくの休日を寝て過ごしたなんていう事はもうやめて、どこかへ出かけてみませんか。

きっと素晴らしい休日となる事でしょう。

また、このまま引きこもり状態を続けていってしまうと、だんだんと行動範囲が狭くなり最終的には何もしたくなってしまうことにもつながります。

その精神状態がうつなどを引き起こす要因になりますので、最初は無理にでも体を起こして行動するといいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク