内気な性格を改善する方法5つ

あなたは内気な性格だということに悩みを抱えていないでしょうか。

簡単になりたい性格になれるのであれば、だれも苦労しません。

長い人生の経験、感情、思いの結晶であるともいえる人の「性格」はなかなか変えられるものではないのは、みなさんご存知でしょう。

しかし、実際に改善できるならそうしたいと思う気持ちもあるのではないでしょうか。

例えば「内気」な性格などはその典型です。

周囲の人が積極的にトークを楽しむ中、自分の性格を恨んだ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は今回は内気な性格を改善する方法を、いくつか挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


内気な性格を改善する方法

  • 内気について理解する
  • 夢中になれるものを見つける
  • 重く考えすぎない
  • 焦らず最初の一歩からスタートする
  • 荒れ地の開拓を挑む

 

内気について理解する

内向的な性格の特徴はさまざまな形で表れます。一つに、1人の時間を過ごすこと(または、とても親しい人と2人きりで過ごすこと)でエネルギーが充足されるという点があります。
それ以外の特徴として、情報に接したときにそれに対して反応を示す前に、まずじっくりと情報を消化したいと感じる点があります。

出典 内向的なのは欠点ではない! 内気な性格を仕事や人生で活かすための7つの考え方

もちろん内向的な人もそれぞれ性格が異なりますので、一概には言えません。ただ、自分の特徴を知っておくのはいいことです。

出典 内向的なのは欠点ではない! 内気な性格を仕事や人生で活かすための7つの考え方

遺伝的に内気の人はいません。

そもそも、人が持つ性格というのは、確かに親から譲り受けられると思われる部分もありますが、それが遺伝によるものだとは信じられていません。

あなたが現在、内気であるとすれば、それは過去に何らかの原因があります。

内気と一口に言ってしまうと理解しにくいですが、内気というのは基本的に、人とのコミュニケーションに積極的にアプローチできない状態を指します。

そしてその陰には、過去の大きな失敗を引きずっている自分がいると思います。

内気の人は他人からのまなざしに敏感なうえ、物事を悪くとらえがちです。

人から良く見られたい、嫌な思いをしたくないという思いが先走り、リスク回避に走り、積極的な行動ができなくなっているのが、内気の状態です。

まずは、「自分は内気なのだ」と大きな枠でとらえてしまうのをやめ、自分の細かい思考を紐解いていきましょう。

内気というあいまいとした性格から、自分の思考の傾向が分かれば、おのずと改善法も導き出されて行きます。

スポンサーリンク


夢中になれるものを見つける

 

楽しいこと、夢中になれることは何でしょう?

楽し いと思えることや趣味などがあればそのことを通じて話ができます。

そのとき会話が盛り上がらなくても、黙ってもくもくとお互いに好きなことに没頭しているだけで、同じ空間を共有している素敵な時間となるでしょう。

共通の趣味があればまた話しかけることもできますし、

相手から話しかけてくる可能性もあると思います。

出典 人見知り・内気な性格はどうしたらよくなるのでしょうか?

 

私が知っている写真が趣味の人は、

山の景色を撮るために朝早くから、一人で出かけて行きます。

そして自分が望んだ瞬間を撮るために何時間でも三脚を据えて待機しているのだそうです。

すると後から来る人もいて話しかけたり話しかけられたり、この場所のアングルはどうだとか、

もう少し待てば朝日が出そうだとか話題は尽きず、決して孤独な趣味ではないのだと言います。

出典 人見知り・内気な性格はどうしたらよくなるのでしょうか?

スポンサーリンク


重く考えすぎない

 
考えるな、と言われても難しいものがあるかもしれませんが、心にとどめておいてください。

内気の人たちは、物事を実際よりも重いものとしてとらえる傾向が高いのです。

実際にそれが重いことも確かにあるかと思いますが、たいていの場合それは考えすぎであることが多いです。

自分が内気であると自覚していて、改善したいと思うのであれば、このことを常に頭に入れておきましょう。

人はそこまであなたのことを見ていませんし、深く考えてもいません。

失敗することは成功までのプロセスの重要な一つの過程であり、それは「死」ではありません。

人間ですから恐れの気持ちを抱くのは当然ですが、物事を悪い方向に考えるクセをまずは直しましょう。

内気の改善は、まず物事を前向きにとらえなおすところから始まるのです。
 

焦らず最初の一歩からスタートする

 
内気を改善したいからと言って、いきなりむやみやたらに人に積極的に話しかけるのは、その姿勢は素晴らしいですが、あまりお勧めできません。

内気な人と社交的な人では、性格的にもそうですが経験値上で大きな差があります。

たまたまうまくいって社交的になれたなどという事はほとんどなく、たいていの場合、自分はダメだと元の状態に逆戻りか、更に悪化することにもなりかねません。

社会に広く、コミュニケーションの輪を広げていく上でまず一人、「理解者」を探すことが大切です。

勿論、内気を改善する以上は勇気が必要で、その勇気を使って自分が今いる居心地良い世界から飛び出していかねばなりません。

しかしながら、飛び出す上でまず一人、自分のことを理解してくれている人を見つけられるとその後の展開がスムーズに行きやすいのが事実です。

この理解者は、できれば客観的に自分のことを観察していて、さらに将来のことも考えてくれるような人がベストです。

内気であることを肯定し、一人の知人として扱うような人は理解者とは呼べません。

自分が内気であることを否定はしないけれども、変えたい自分の為にあえて鬼になってくれる人が、本当の理解者なのです。

見つからない場合はこのステップを飛ばすしかないですが、見つかった場合は内気を改善する過程において強力なサポーターになってくれるでしょう。

スポンサーリンク


荒れ地の開拓を挑む

 
痛い思いをせずに内気は改善できません。

人間、最初は誰しもコミュニケーションの仕方が分からないものです。

しかし、いろいろと試行錯誤し、勉強し、反省した結果として、人間はスムーズな社会活動ができるようになるのです。

内気の人の場合、その試行錯誤におけるエラーの段階で引き下がってしまっているのですから、当然再びその先に進んでいかねばなりません。

勿論、嫌な思いをすることも、極度の緊張を味わうこともあるかと思います。

しかし、現場に出て慣れていくしか方法はありません。

先ほど述べたサポーターがいれば、あなたの痛みを和らげ、更には的確なアドバイスもくれるでしょう。

もはやこれは、荒れた土地に開拓をしに入るようなものなのです。

しかし、あなたが「道具」を持っていれば、その開拓は少しスムーズになるかもしれません。

道具とはつまり、「得意な分野」を指します。

例えば趣味や特技など、共通項を持った人々がいる場であれば、見知らぬ人であっても会話はしやすいものですし、比較的簡単に経験を積むことができます。

その場さえ見つけてしまえば、後はそこから交友関係を広げていき、社交性を身に付けて行きましょう。

実際に会話のスキルを身に着けることも大事ですが、何より身に着けたいのは「自信」です。

そう考えると、同じ趣味や特技を持った人たちの場というのは、非常に良い環境であると言えます。
 

内気な性格を肯定的にとらえよう

 
いかがでしたでしょうか。

性格を変える、というのは並大抵のことではありません。

しかし、あなたが本当にその性格と向き合い、改善したいという気持ちを持っているのであれば、案外できないことでもないのです。

その気持ちがあるのであれば、この4つのステップを頭に入れつつ、殻を破って世界に飛び出してみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク