シンプルに生きる方法8つ

あなたはシンプルに生きることができればなぁ、と考えていないでしょうか。

モノや情報が溢れかえっている現代、できるだけ身軽にシンプルに生きていきたいものですし、実践するとその身の軽さに驚くはずです。

しかし「シンプルに生きる」と言っても、実際にどうやったら良いかわからないと悩んでしまう人も多いのが、残念ながら事実です。

より幸せな人生のために、シンプルなライフスタイルを送るためはどうすればいいのか。

そこで、今回はシンプルに生きる方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にして、実践できるものはすぐにトライしてみましょう。

スポンサーリンク


シンプルに生きるとは

 

シンプルに生きるとは、自分にとって何が大切なのかを知るため生き方だと思います。

あなたにとって本当に大切なものとは?

その大切なものを知ることが大切です。

不要なものと必要なものを見極める。

要らないものを潔く捨ててしまうこと。

そこにとらわれている何かが見えてきます。

そこにこだわっている心が存在します。

本当に大切なものはその先にあると言えます。

出典 シンプルに生きるための捨てる生活-大切なものに気づく

 

シンプルに生きるということは、その都度の暮らしに合わせた生活をするということです。

決して時代やまわりに合わせて生活するのではなく、自分のために自分らしく、自分のペースで生活をするということです。

出典 シンプルに生きる事にしたら、心が楽になりました。したことは1つだけ

 

シンプルに生きるためには、あなたが本当に大切にしていることを理解することが必要です。

あなたの生活でコアになるものはいったい何なのでしょうか。

それを明確にしていないと、シンプルに生きようとしても上手くはいきません。

スポンサーリンク


シンプルに生きるには物を手放す

 

シンプルをきわめて生きていくためにはいま持っているモノを限りなく少なくすることからはじまる。

まず、この消費社会から一度離れていくためにはモノを手放すことからはじめなさい、ということです。

私たちは、気づかないうちにどれほどのモノに縛られて生きているのか。

捨てることで、色んな気づきがあるものです。

出典 「シンプルに生きる」とは、どういうことなのか。

 

物を捨てるというのはシンプルに生きるためには必要不可欠な行動です。

ごちゃごちゃした部屋などでは、雑念が入ったり、考えがまとまらなかったりするなどして、シンプルな生活とは程遠くなってしまいます。

断捨離をすると心が晴れやかにもなるので、最初に取り組んでおきたいものです。

 

無駄な買い物をしない

 

無駄な買い物をしない、ということは、シンプルに生きるための必須事項です。

物が増えていくと共に、自分の身の周りが落ち着かない雰囲気となり、無意識的にストレスになります。

そうすると、風通しの良いシンプルな生き方ができなくなってしまいます。

「今、必要のない物は買わない」と習慣付け、できるだけ無駄な物を増やさないようにしましょう。

これによって段々物欲も薄らいできて、精神的にも安定します。

スポンサーリンク


必要な物は、長く大切に使う

 

シンプルに生きるということは、無駄な物を増やさないということであると同時に、「使い捨てを極力控える」ということでもあります。

つまり、本当に自分にとって大切で必要な物に関しては、できるだけ長く大切に使うことで、「買い替え」を減らすというライフスタイルが「シンプルな生き方」です。

できるだけ長持ちしそうな素材、そして自分が長く愛着を持って使えるような物を選ぶように意識し、1つ1つを丁寧に使います。

又、壊れたら買い替えるのではなく、修理して使いましょう。

そうすると、物が意味もなくどんどん増えていくということはなくなり、代わりに、「自分にとって、本当に大切な物」だけが残るようになります。

「自分の周りには、自分のお気に入りの厳選アイテムしか置かない」というシンプルな生き方です。

 

仕事は、「出世」「輝かしい実績」よりも、「自分が夢中になれる仕事」を選ぶ

 

「人に勝って出世したい」「輝かしい実績を築いて、鼻高々になりたい」といった動機から仕事を選ぶと、自分の方に重くのしかかるものが急に増えていきます。

これでは、シンプルな生き方とは程遠いものです。

シンプルに生きたいと願うのならば、仕事の選び方についても考える必要があります。

まず、出世欲・名誉欲から自分を解放してあげましょう。

そして、「自分が本当に前のめりになって、夢中で取り組むことができる仕事」を選ぶようにしましょう。

いきなりそのように変えていくことは無理だったとしても、長期計画で少しずつ仕事のスタイルを変えていくことはできます。

「自分が、心の底からやりたいと思っている仕事」について真剣に考え、その実現に向けて行動することは、間違いなくシンプルな生き方に近づきます。

スポンサーリンク


プライベートでは、ゆっくり行動することを心掛ける

 

心が急いたり、常に焦ってセカセカ行動していると、心に余裕をなくします。

精神的に余裕がなくなると、無駄なマイナス感情に支配され、「シンプルで落ち着いたライフスタイル」を送ることは永遠に難しくなってしまいます。

そこで、自分の生活テンポを少しゆっくり目にしてみましょう。

仕事のスピードを落とすと、人に迷惑がかかりますが、会話するスピード・ものを食べるスピード・歩くスピードなど、テンポダウンしても差し支えないものはいくらでもあります。

プライベートでの行動をゆっくり目にし、その時その時に感じるもの・見える景色を、大切に味わってください。

そうすると、自分の生活に、無理矢理無駄なものを取り入れる必要がなくなるのです。

又、1つ1つを大切に味わうことによって、自分の周りのあらゆるものに感謝の気持ちも芽生えてきます。

シンプルで感謝に満ちた生き方とは、「スローペースなプライベート」なくしては語れません。

 

自分にとって必要のないものは、思い切って処分する

 

「思い出の品だから」「もしかしたら○年後に使うかもしれないから」という理由で、何でもかんでも保存しておくと、整理がつきません。

いらないものは思い切って処分する勇気も、シンプルな生き方には必要です。

自分にとって本当に必要なものを残し、いらないものは捨てましょう。

又、物だけではなく、人間関係やものの考え方についても同様です。

「去る者は追わず」の精神で、不必要な人間関係にはピリオドを打ちます。

又、自分にとってマイナスの結果しか及ぼさなかった「悪い習慣」も、思い切って断ち切りましょう。

捨てても捨てても捨てきれなかったものこそが、「自分にとって、なくてはならないもの」なのです。

スポンサーリンク


交際を広げ過ぎない

 

今、人脈を広げることが、一種のブームになっていますが、実際に親しくできる人というのは、人間の一生の間では限られています。

まずはそれを自覚しましょう。

そして、「自分が本当に楽しく一緒にいられる人達」だけを残し、あまり交際の手を広げ過ぎないことも、シンプルに生きるためのコツです。

交際が広がれば、それに比例して、面倒事に巻き込まれる機会も増えます。

そうすると、自分の肩にのしかかるストレスから、いつまでたっても解放されず、シンプルに生きることが難しくなります。

まずは、「大切な人達とだけ付き合う」と割り切りましょう。

 

シンプルに生きるためには完璧を求め過ぎない

 

人生は完璧ではないと認める

決してパーフェクトではない、容易ではない、期待どおりではない人生や現実を受け入れ、些細なことにも笑顔になれる人であれ。

たとえ完璧でなくても、良いことを成し遂げる人は報われる。

出典 シンプルに生きるための12のヒント

いかがでしょうか。

シンプルに生きるためには、物・習慣・人間関係・考え方など、「自分にとってマイナスの影響を及ぼすもの」ときっぱり手を切ることが大切です。

その後に残った「本当に大切なもの」とだけ、丁寧に生きていくことこそ、シンプルで幸せな生き方なのです。

無駄を捨ててしまうと、びっくりするくらい、心の風通しも良くなります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク