人付き合い下手を直す方法5つ

人付き合いが苦手で悩んでいる人はいますか?

学校や会社等人付き合いは現代社会には欠かせません。
どんな所でも誰かと必ず付き合いは発生するものです。

人付き合いが苦手な人の場合今の社会は暮らしにくい社会化もしれません。
だからと言って、何時までも苦手なままにしておいてもいい事はありませんから、この記事をキッカケにしてみてはいかがでしょうか。

人付き合い下手を直す方法を読んで苦手な人付き合いを克服してみませんか?

スポンサーリンク


人付き合い下手を直す方法

 

自信を持つ

 
人付き合い下手を直す方法は自信を持つ事です。
自分に自信を持つ事で人付き合い下手を直すことが出来ます。

自分を好きな人は他人を好きになれると言われますが、まさにこの言葉をそのまま行えばいいのです。
自身が無いとどうしてもオドオドしてしまったり、不安な気持ちが表情に出てしまい、相手を不安にさせてしまいます。

他人も自分が不安になる様な人とは付き合いたいとは思いませんから、自然と距離を置く様になってしまいます。
すると、次第に孤立していき人付き合いが無くなってしまうのです。

いきなり自信満々になる必要はありません。
少しづつでいいので、時分に自信を持ち自分を好きになってください。

自分に自信を持てる様になれば表情も明るくなり他人に安心感を与えることが出来るのです。

 

素の自分を出す

 
人付き合い下手を直す方法は素の自分を出す事です。
素の自分はもっと違うのに人前に出るとどうしても素の自分が出せないと悩んでいる人も人付き合い下手と言えるでしょう。

素の自分を出すにはリラックスできる環境が必要です。
緊張状態では素の自分を出すのは難しいでしょう。

ですから、まずは素の自分を出せる環境作りから行う事です。
少しでも素の自分を出せる相手がいるのならその人に協力してもらい、素の自分を出せる環境を広げて行けばいいのです。

いきなり大きく広げようとするのは無謀ですから徐々に広げていきましょう。
そして、自分の事を知ってくるれる人を徐々に増やしていけばいいのです。

人付き合いは自分自ら広げていかないといけません。
特に人付き合いが苦手な人は狭いコミュニティに籠りがちですが、自らコミュニティを広げる事で次第に人付き合い下手は克服できるでしょう。

スポンサーリンク


素が出せないのなら演じてしまう

 
人付き合い下手を直す方法はキャラクターを演じてしまいましょう。
素の自分だとどうしても上手く人付き合いが出来ないのであれば、キャラクターを演じてしまうのもいいでしょう。

学校の自分、職場の自分とプライベートの自分を別けてしまうのです。
公の場での自分は自分であって自分ではありません。

こんな人なら人付き合いが上手くいくんだろうなと想像してキャラクターを作って行きましょう。
そして、公の場ではそのキャラクターを演じきってしまうのです。

プライベートではスイッチを切って普段の人付き合いが苦手な自分に戻る事でバランスを取るのです。
こうして、オンとオフを使い分けるのもいいでしょう。

 

嫌われる事を恐れない

 
人付き合い下手を直す方法は嫌われる事を恐れない事です。
人付き合い下手の人は極端に人から嫌われる事を恐れます。

どんな人でも人から嫌われる事は怖いのです。
しかし、嫌われる事を恐れていては何も出来ません。
何もしなければ嫌われる事はありませんが、そこから得るものは安心感と安定だけです。

しかし、嫌われる事を恐れずに人付き合いをしていく事で人間関係を広げることが出来、自分が見たことが無い世界が見える事もあります。
様々な経験、体験を通して人は成長するものですから、自己の成長と言った側面から見ると人付き合いを嫌われるのを恐れて避けているのはとても勿体無い事なのです。

100人他人がいれば99人から嫌われるかもしれません、もしかしたら100人から嫌われるかもしれません。
しかし、世界には多くの人がいますから微々たるものです。

たかが100人に嫌われたところで大したことはありません。
それ位の気持ちで人から嫌われる事を恐れないでください。

だからと言って、どうせ人から嫌われているからと傍若無人な態度を取ってはいけません。
自分の事を嫌いな人は放って置くだけでいいのです。

お互いに関わらなければお互いの平和は守られるのですから。

スポンサーリンク


言いたい事を言う

 
人付き合い下手を直す方法は言いたい事は言いましょう。

人間の意思疎通の方法は言葉です。
ですから、相手に伝えたい事があれば言葉を発して伝えなければいけません。

相手が超能力使いで人の考えている事が手に取る様に分かる人であれば自分の考えを頭の中で思い描いているだけで相手は察してくれるでしょう。

しかし、現実にそんな人はいませんから、自分が相手に伝えたい事は言葉にするしかないのです。
相手に察して欲しいにしても察して欲しい様な言い方が必要になってきます。

この様に、言葉や言葉の言い回しは人付き合いに欠かせない物です。
何か言いたい事があれば言いましょう。

1つ気を付けたい事は伝え方です。
乱暴な言葉を使って伝えても、相手に自分の言葉は伝わりませんし逆に怒りを買ってしまいます。
自分の言葉を相手に伝えるには自分の考えをまとめ、さらに相手に伝わりやすい様に言葉を選んで伝えなければいけません。

同じ意味でも、伝え方一つで相手の受け取り方は180度変わってしまう事もありますから気を付けましょう。

 

人付き合い下手は誰にでも起こりえます

いかがでしたか?
今の時代、いつでもどこでも誰とでも繋がる事ができます。

この24時間誰とでも繋がる事が出来る状況が逆に人付き合い下手を増長させている要因なのかもしれません。
なぜなら、気を抜く暇が無いからです。

人付き合いと言うのは精神的にも体力的にも消耗するものです。
四六時中誰かと繋がっている事を考えてしまうと、人付き合いに疲れた、面倒臭いと考えてしまうのも当然の事なのです。

無理せず自分のペースで人付き合いが出来る事が一番の解決方法なのではないでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク