転職回数が多い人の性格10選

あなたの周りに転職回数が多い人はいるでしょうか。

もしいるとしたら、その人はどんな性格でどんな特徴を持っているでしょうか。

パッと見た感じでは分かりにくいものですが、少し付き合っていくとだんだんとわかってくるものです。

そこで今回は、転職回数が多い人の性格についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


転職回数が多い人の性格

 

転職回数が多い人の性格1 人付き合いが苦手

 

昔から人付き合いが苦手で、会社にいても上手く馴染めないという人もいると思います。

会社は仲の良い友人を作る場所ではないので、ある程度割りきって働くことが必用になります。

会社には色々な人達がいます。人付き合いが苦手な人は、会社での人付き合いを最低限にして、仕事をしていくと良いでしょう。

無理に付き合って、ストレスで体を壊していても意味がありません。

また、合わない人がいるからといって何かトラブルを起こすことも避けた方が良いでしょう。

 

転職回数が多い人の性格2 気が短い

 

これは性格的な問題もありますが、気の短い人は仕事でトラブルが起きた時に、自分の責任にされてしまうとすぐカッとなってしまったりします。

感情の赴くままに行動していたのでは、上手くいく仕事も上手くいかなくなってしまいます。

自分がカッなってしまいそうな時は、一度大きく深呼吸して自分を落ち着かせるようにすると良いでしょう。

深呼吸することによって、目の前で起きている問題を客観的に捉えて考えることができるようになるので、仕事もスムーズに進むでしょう。

スポンサーリンク


転職回数が多い人の性格3 落ち込みやすい

 

仕事で上司から少しアドバイスされただけなのに、とても落ち込んでしまう人は要注意です。

仕事でミスをして落ち込むこともあるかもしれませんが、上司からアドバイスされるということは、目をかけてもらっていると捉えて前向きに頑張りましょう。

仕事ではミスは付き物です。

ミスを次に生かすという気持ちで、積極的に仕事をする姿勢が大事です。

いつまでも落ち込んだままでは、会社の中の雰囲気も壊してしまうことになります。

気持ちの切り替えが大事なのです。

 

転職回数が多い人の性格4 目移りする

 

友人は自分と同じような仕事をしているのに、自分より給料を多くもらっているなどと、他の会社に転職を考える人もいるでしょう。

しかしながら、他の会社に目移りしていては、自分自身の仕事自体も落ち着かなくなってしまいます。

まずは、今の仕事で少しでもスキルアップできるように、一生懸命仕事に取り組んでみることが良いでしょう。

隣の芝生は青く見えるということもあるかもしれませんが、今自分がしている仕事も、自分にとって大切なことを忘れてはならないのです。

スポンサーリンク


転職回数が多い人の性格5 協調性に欠ける

 

転職回数の多い人は協調性に欠けた人が多いです。

人と合わせる事が嫌いで自分第一主義の人は、職場の中で浮く存在になりがちです。

そうなると人間関係が円滑に進まなくなり職場を変えて自分が居心地の良い人間関係を築ける場所になるまで点々と職場を変えていきます。

自分がちやほやされる場所でないと嫌悪感を示すので、やや性格に難があります。

まずは自分の性格を見直さないと、いつまでたっても良い職場に巡りあえません。

ただ、このタイプは自分を見直すことをしないので大変厄介です。

 

転職回数が多い人の性格6 仕事にやりがいを感じない

 

仕事にやりがいを感じないタイプは、ただお金を貰う為に会社勤めをしているのでいつ仕事を辞めても後悔しません。

淡々を同じことをこなす日々にやりがいなど感じておらず、何も見いだせずにいます。

そんな時に、ほんの少し嫌なことがあっただけで辞めよと思い立ちます。

別にやりがいを感じたことがないから辞めても後悔しないと思っているのです。

もっと待遇のいいところにしようと、仕事よりお金や待遇を優先するので少しでも気にくわないことがあると辞めてしまいます。

スポンサーリンク


転職回数が多い人の性格7 依存しやすい

 
恋愛で依存しやすい傾向の人は仕事をすぐ辞める特徴があります。

彼ともっと会いたいと思い、その時付き合っている彼の仕事の休みに合わせて仕事を転々と変えます。

その結果、短期間で仕事を多数変えてしまっています。

彼が今の仕事を辞めろと言われたら、すぐに辞めます。

彼への依存心から忠誠的になってしまい、自分の意思よりも彼の意思を尊重させるのです。

このタイプは歳を重ねた時に非常に後悔します。

もっとあの職場で働いておけば良かったと必ず思う日が来るはずです。
 

転職回数が多い人の性格8 飽きやすい性格

 
飽きやすい性格の人は、一つの職場で留まろうとする事を最も良い方法だとは思っていません。

別にここでなくても働くところは沢山あるし、正直、他にもっと自分にあった職場があるのではないかと思っているのがのが本音です。

今の仕事に少しでも疑問を抱くことがあれば、次の転職先を考えているはずです。

仕事だけでなく何に対しても飽きやすいので決して長続きすることがありません。

大事な仕事を任せられにくく、人からの信頼を得る事もできない人に多い特徴です。
 

転職回数が多い人の性格9 流されやすい

 
人に流されやすい性格の人は、仕事を長続きすることができません。

人の意見を聞いて、他に良い仕事があるからと誘われれば、のこのこついていきます。

今の仕事に不満があるわけではないのですが、人の意見に左右されやすいので、自分の意思で動くというよりは大事な場面は人の意見で決めてきた人に多いです。

今よりも良いよと人から言われたことを信じるので、何も躊躇うことなく辞めてしまうことで周囲に大変迷惑をかけてしまいます。

自分のことよりも、その時その時が楽しければいいやと思って生きている人に多いです。

スポンサーリンク


転職回数が多い人の性格10 忍耐力がない

 
忍耐力がない人はすぐに仕事を転職してしまいます。

もう少し我慢すれば良い事があるかもしれないのに、我慢をすることに耐え切れず辞めてしまいます。

このタイプの人は早い段階で仕事を辞めるので、周囲も呆れてしまう始末です。

少しでも疑問や嫌だと思ったことがあれば、もういいやと諦めてしまうので、これまでの人生で何か一つでも長続きしたものがありません。

何に対しても中途半端な人生だったので仕事も中途半端になってしまいます。
 

転職回数が多い人の性格でもプラスになる

 
いかがでしょうか。

転職回数が多い人の性格をこうしてみると、「あぁ、やっぱりな」と思ってしまうものですよね。

これでは仕事で結果を出すことはできませんし、仕事場の環境に馴染むこともできません。

結局、すぐに放り出してしまい職を転々とする生活に陥ってしまうわけです。

しかし、すべての原因がその性格にあるかと言われればそういうわけでもありません。

人というのは環境によって良くも悪くもあります。

あなたに適した環境にいれば、職を放り出すこともないということになるのです。

なので、あなたにピッタリの職や仕事が続く職を見つけるならエージェントの手を借りる必要があります。

今の状態で一人で活動するにはハードルが高いので、プロの力をとことん利用しましょう。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク